小川山廻り目平

山頂  
分類 関東周辺
日程 2010/05/08-09
同行 Sakurai師 / Y女史
概要 廻り目平でボルダリング。Y女史の小川山デビューということもあり、あちこちをつまみ食いするように登り歩いた。

小川山の日々(と言っても二日だけ)。雪こそないものの、まだ冬のなごりが一部に感じられました。(2010/05/08-09撮影)

click

「太鼓」8級に挑むY女史。微妙にハラハラさせられましたが、見事オンサイト。(2010/05/09撮影)

2010/05/08

■14:15- 廻り目平

クライミング仲間Y女史の小川山デビュー戦。11時に新代田駅前でSakurai師の車に拾ってもらい、中央道を快調に飛ばして廻り目平に入ったのは14時過ぎ。まずは駐車場近くの林の手前にテントを2張りしつらえてから、Sakurai師の案内で水晶スラブ下ボルダーへ繰り出しました。

  • 入口岩
    • カンテ 8級←あれれ?登れない……。
    • マントル 7級←なんとかトップアウト。
    • スラブ 4級←離陸できず。
  • 涙岩
    • マントル 8級←ヒールが上がらないんですけど(涙)。Y女史は惜しいところまで。
    • ホワイト・ティアーズ 4級←左手を高い位置の横ホールドへ上げたところで派手にフォールして脛や肘に擦過傷を負ってしまいました。しかし、これは面白い!
  • 犬岩
    • 10級2本←癒されるなあ。しかし左の10級は何げに高さがあって冷や汗。もちろんY女史もFL。

といったところで時刻も遅くなったので、今日はこのへんで。Sakurai師も今シーズン初小川山ということで、花崗岩の感覚が戻っていなかったようです。そのわりに(上記以外も含めて)あれこれと触っているうちに、指皮がもっていかれてしまった様子。このため、翌日はまったりモードになってしまいました。

さて、いったんテントに戻って、Y女史がお風呂をつかっている間に、男たちは山で柴刈り。焚火用の石組みも美しく作り上げて準備万端調えてから、戻ってきたY女史ともどもナナーズでの買い出しと清里方面での夕食(BGMが思い切り昭和歌謡でいいムードでした)。そしていよいよお楽しみ、焚火タイムですが、Y女史はこれまであまりキャンプの経験がなかったようで、野生の鹿を至近距離で見ては喜び、満点の星を見てまた喜び、そしてもちろん焚火にも大喜び。なかなか豪勢になった焚火を囲んで練馬ワインとカマンベールをいただき、しばしまったりしました。しかし、その夜はかなり冷え込んでいて、テントに戻った山のベテラン男性陣がしっかり冬用シュラフでぬくぬくしたのに対し、スリーシーズン用シュラフのY女史はずいぶん寒い思いをしたそうです。

2010/05/09

■-16:15 廻り目平

さわやかに晴れ上がった朝、焚火の跡を覗いてみるときれいに灰になっていて、満足度100%。熱も残っていたので、枯葉をかぶせて息を吹き込むだけですぐに火が熾りました。

朝食終了後、テントを片付けてから今日の行程へ出発。

  • トリトン
    • 5級←疑惑の右上スローパーを使ってトップアウト。しかし、上から飛び降りて地上に戻るところが核心部でした。
  • タイコ
    • 7級←Y女史が太鼓8級をオンサイトするのを見てから、その隣の岩の背中沿いをゆくこの課題をゲット。
  • スパイヤー
    • スラブ 6級←一度いい線まで行ったのですが、そこでヘタレ。次回は落としたい。
  • クジラ岩
    • 穴社員 3級←私は触らず。Y女史は出だしのヒールフックがはずれず背中から落ちたりしていましたが、この課題がいたく気に入った模様。Sakurai師にとっては既に何度も登っている課題ですが、この日は繰り返し大奮闘の末にようやくトップアウト。
  • プーシェ
    • 穴プーシェ 7級←出だしの足を上げるところが私はうまくいかず。Y女史はここを突破して中間のダイクをつかむところまで行ったものの、その後の高度感に耐えられず降りてしまいました。惜しい!
  • ヴィクター
    • 8級←癒される……。
    • コンケーブ 3級←左手ガストンまでいくものの、その先右足を上げられないので、リップに手を出せない。要修行です。

この日は、「B-PUMP」の常連さんや「J&S」の常連さん、それに先日御岳のマミ岩でご一緒した皆さんと同じ岩に取り付いたりしていました。本当に、岩の世界は狭い!そして、登れなくても十分楽しい小川山ですが、登れれればもっと楽しいこともよく承知しています。Y女史もすっかり小川山が気に入った様子で、ここは夏にも再訪問したいところです。

ともあれ、十分に満足して岩場を後にし、Y女史おすすめ、清里の清泉寮のソフトクリームをいただいたり、八ヶ岳や南アルプス北部の山々の雄大な展望に見とれたりしながら、帰路につきました。