第12回Lafuma青梅高水山トレイルラン

山頂  
分類 関東周辺
日程 2010/04/04
同行 ハグロさん / モリモ / マドカ
概要 青梅駅北側の永山公園から山道を高水山常福院まで往復するトレイルランニングレース(30km)。なんとか昨年のリベンジを果たす。

昨年の「第11回Lafuma青梅高水山トレイルラン」30km走は、あろうことか10kmの関門で時間切れ。なんとしてもリベンジを果たしたいと今年も参戦することにしました。

2010/04/04

雨こそ降らないものの、例年になく寒い4月の第一日曜日、定刻の10時にスタート。一緒に走ったのはクライミング仲間のハグロさんとモリモ、そしてラン友マドカも40分遅れでスタートする15kmの部に参戦で、我々の出発を見送ってくれました。

昨年の教訓を活かすべく、今年はとにかく走れるところは登りだろうがなんだろうが、全て走ります。この2ヶ月ほどのトレーニングがきいているのか、登り坂でも明らかに昨年よりは足が軽い感じ。途中何箇所かでは定番の渋滞が始まりましたが、それでも関門の10kmの榎峠を見下ろす地点で5分程度は貯金できそうなことがわかってきました……が、そのとき早くも30kmのトップランナーが折り返してくるのとすれ違いました。なんたる速さ!ここまで一緒に走っていたハグロさんと共に呆れながら、ともあれ関門を無事通過。ここからは怒濤の登りが続いて、やがて高水山の常福院に到着しました。

太鼓とバナナが出迎えてくれて、常福院の御守りをもらい、お祈りをしてからすぐに復路に入ります。

地元の方々による給水所で余裕のポーズをかますモリモを激写してから、再び榎峠。この時点で残り1時間40分なので、足を守りながら(つまり手を抜きながら)走ればなんとかゴールできそうだな、というメドが立ちました。しかし、ここからの登りでモリモが遅れ始めました。起伏のきついコースだけに、いつものふくらはぎではなく太腿が痛み始めましたが、だましだましランとウォークを交えて、最後は制限時間に10分のゆとりを残して4時間20分44秒でゴールしました。やれ嬉しや!ハグロさんは私の10分前、モリモは10分後……つまり制限時間ぎりぎりで、ハグロさんと私がやきもきしながらコースの途中で待っているとやっとモリモの姿が見えてきたのですが、時計をしていないモリモは、我々や周囲のゴール済みランナーたちの声援が「がんばれ!」ではなく「間に合う!」だったことでようやく状況を把握した様子。風のように我々の前を通過して、ゴールに向かって行きました。

モリモ激走の結果は、ぎりぎり4時間29分35秒。手前の青ジャケットは、先に4時間8分17秒でゴールしていたハグロさん。しかし、本来は二人とももっと速く走れるはずなので、実は私に途中までペースを合わせてくれていたのではないかと思っています。ありがとう!ちなみにトップのタイムは、2位に5分以上差をつけての1時間54分30秒でした。あり得ない……。

レース終了後、15kmを1時間52分22秒(女子完走231名中59位)で完走していたマドカと合流して、青梅駅近くのラーメン屋で打上げ。もっとも「麺がなくなってしまった」という悲しい状態だったので、とりあえず生ビールで乾杯後、餃子、カツ丼&炒飯でお腹を満たしました。