前穂高岳屏風岩東壁雲稜ルート

山頂  
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2009/09/21-22
同行 現場監督氏
概要 T4尾根からT4へ上がり、雲稜ルートを最終ピッチのひとつ手前まで登って、同ルート下降。翌日は東壁ルンゼ上部を登る予定だったが、疲労と悪天候のためにT4尾根取付にデポを回収しに登っただけで撤退。その日のうちに帰京。

click

1ピッチ目を登る私。上の画像をクリックすると、雲稜ルートの登攀の概要が見られます。(2009/09/21撮影)

扇岩テラスを見下ろす。ボルトラダーが一直線に伸びています。(2009/09/21撮影)

素晴らしい高度感!この後アブミで斜上してから、怖いトラバース。(2009/09/21撮影)

→「前穂高岳屏風岩東壁ルンゼ」からの続き。

2009/09/21

■05:00 横尾 ■06:00-35 T4尾根取付

厳しく冷え込んだ一夜を過ごして、いったん3時半に目覚めたもののあまりの寒さと暗さにうだうだ30分。4時に覚悟を決めて起き、さっさと食事をとって薄明るい5時に出発しました。横尾の橋を渡って岩小屋跡までのほんのわずかの時間の間に急に空が明るくなって、ヘッドランプ不要で沢を渡り、昨日も登った1ルンゼ押出しを詰めます。ギアは全部デポしてあるので実に快調。先行している男女二人組を抜かしてT4尾根取付に到着し、デポ品を引っぱり出して装備を身に着けました。

追いついて来た男女二人組と現場監督氏が言葉を交わして先行させていただくこととし、まずは私のリードでT4尾根の登攀を開始しました。ここは「尾根」とは言いながら下半分はかなり立った壁で、私がリードした1ピッチ目はきっちりIV級、続いて現場監督氏がリードした2ピッチ目はV-もあります。その上は樹林の中の土のルンゼをコンテで詰めて、最後にIII級のピッチを一応スタカット。このアプローチ最後のピッチの手前でこの日登る予定の東壁ルンゼ上部を見やると、昨日我々の前にいた関西パーティーの二人がちょうど東壁ルンゼ上部の1ピッチ目を終えるところです。うーん、先行がいるとなると時間が読めなくなるな(自分たちの方が速いというわけではないけれど)……というわけで現場監督氏と協議の結果、ここは誰も取り付いていない雲稜ルートに転進することにしました。我々の後ろの男女二人組も雲稜ルート狙いだそうですが、現場監督氏が転進&先行することの了解をきちんととってくれたそう。このへんはさすがの気配りですな。

■08:10-25 T4 ■10:05-15 扇岩テラス

広場になっているT4から見上げる雲稜ルートは、圧倒的な広がりと高さを持つ垂壁の右、これ以上ないくらいに顕著なディエードルを登るラインです。吉例により、まずは私から。

1ピッチ目(45m / V)、私のリード。最初の25mくらいは簡単。角度は確かに立っているものの、抜群のフリクションを活かしてステミングで登れば難なく高度を上げられます。そこで一旦切ることもできますが、せっかくなのでV級セクションに突入することに。

コーナーの角度がぐんぐん立ってきて、気がつけばそこは小ハング。左足を思い切り遠くへ広げた態勢でレストして気持ちを静め、「落ちたら止めてよ」と一声かけて身体をぐっと引き上げたときに一瞬右足がずるっといきかけましたが、動き出したムーヴは止まらず、少々格好悪い態勢ながらハングの上へ。その上にも白っぽい脆い岩がかぶってくるところがありましたが、どうにかピナクルテラスへ抜けることができました。

2ピッチ目(40m / A0,IV+)、現場監督氏のリード。テラスの上の薄いピナクルを越えたところで「うっ、微妙なトラバース」という声が聞こえましたが、それでもやがてロープがじりじりと伸びて行って、しばらくして一旦ビレイ解除のコール。しかし、その後すぐに再度ビレイを求める声がかかり、さらにロープが伸ばされました。続いて私の後続ですが、一段上がって右手のピナクルを狭い隙間からではなく外側から越えて、その先で切れたバンドをまたぐ場所があり、ここで適当なホールドが見つけられません。眼を後方に向けると、ピナクルの上から右上するボルトのラインが見えています。本当はそっちだったのかも、とは思いましたが、なにしろバンドの先でランナーがとられているので前に進むしかありません。しかしむしろ問題は、ここで私がスリングを残置してしまったこと。バンドを渡るために手前のリングボルトに手持ちのスリングをかけてA0にしたのですが、後で引き抜けるようにセットすればよかったのに、考えなしにカウ・ヒッチにしてしまったため、渡ってしまった後はスリングを回収できません。後悔先に立たず。どなたか回収してしまって下さい。ともかく、その先の垂壁を右往左往しながら登りましたが、グレードはIV+程度ではあるものの、ちょっとリードはしたくない距離のランナウト。現場監督氏の突破力、恐るべし……。そして登り着いたピナクルが現場監督氏が最初にピッチを切ろうとしたところで、そこから左上に階段状のランペを登ると、そこが扇岩テラスでした。

3ピッチ目(35m / A1)、ここまで強烈な日差しと暑さにくらくらしていたので、ちょっと一休みしてから私のリード。目の前の垂壁に、一直線に上に向かってボルトラダーが伸びています。ボルトの間隔は概ね短く、リングが飛んでいるものも人気ルートだけに比較的しっかりしたスリングが掛けられており、また途中ではフリー用のハンガーボルトにもランナーをとることができるので、精神的には非常に楽。とは言っても自前のワイヤーは必携ですし、手持ちのギアの残りを見ながら、どの支点でランナーをとり、どこを飛ばすかを読んで登るのはそれなりの勘と経験が必要です。そして、そのまま登って頭上のハングまで行くのかなと思っていたら、その数m下のレッジに立派な支点があったので、そこでピッチを切って現場監督氏を迎えました。このあたりから日陰に入って、やっと過ごしやすくなってきます。

4ピッチ目(30m / A1)、現場監督氏のリード。最初はビレイポイント左から上に伸びる脆い凹角を使ってA0ででも上がれますが、頭上のハング帯近くはそれ以上に近づきたくない脆さのようなので、現場監督氏は垂壁の途中からアブミトラバースを選択。ハング下数mの位置から右へフリーも交えて3〜4手つないで、薄いフレークやバンドの縁を使ってバンド上に乗り上がります。そこから微妙なバランスで右に渡って、安定したテラスで短めにピッチを切りました。

私も同じラインで後続しましたが、バンドに乗り上がるまではさほど難しくないものの、バンド上の「怖いトラバース」はやはり痺れました。

5ピッチ目(25m / IV+)、私のリード。ビレイポイントから右の方には草がぼうぼうと生えた東壁ルンゼが見えていて、最初は易しい階段状。ヒロケンさんのトポでは左岸側を巻き上がるように書かれていますが、そのままルンゼ通しに登りました。するとルンゼ左岸の最初の支点の位置から、スラブがすっくと立ち上がっています。これがヒロケンさんのトポで言う「悪い」箇所なのでしょうが、よく見ればスラブの右端にはクラックが走っており、左手もうまい具合にホールドを見つけられそう。そしてありがたいことにフリクションの良い岩質だったので、ここを直登することにしました。取り付いてみればクラックは好都合なガバを提供してくれて、部分的にフットジャムも効かせられます。そのまま小さなテラス状の場所に着いて、そこは右側を見るとビレイポイントがあり、トポに書かれたルンゼ左岸の二番目のビレイポイントのようです。ロープは25mしか出ていませんが、ロープの流れを考えて……というのは言い訳で、本当のことを言うとビレイポイントの向こうに見えている東壁ルンゼルートの関西パーティーが「への字ハング」を越える様子を(なるほどあそこを……ほー、あそこが遠いのか、などと)見たいがために、ここでピッチを切ってしまいました。スミマセン。

6ピッチ目(35m / A0,IV+)、現場監督氏のリード。ビレイポイントから10mほどはそれまでと同様にIV+程度だったのですが、そこから先コーナーの右壁が迫ってくるあたりが立っている上に適当なホールドがなく、何よりスラブがぬめって黒々としています。さすがの現場監督氏も諦めてA0とし、上へ抜けて行ってしばらくしてから、ビレイ解除のコールがかかりました。セカンドの私も、核心部は当然A0。その先、岩は白くきれいになりますが磨かれてつるつるになり、意外に神経を使います。現場監督氏は、白いスラブのどんづまりの懸垂支点からさらに10m右上した位置でビレイしていました。

■13:15-25 終了点 ■15:20 T4

前方にはIII級程度の草付ルンゼが残っていますが、同ルート下降の場合はこのピッチを割愛するのが定石。ただちに懸垂下降に入りました。上記の「どんづまりの懸垂支点」から短めに懸垂下降2ピッチで「怖いトラバース」出口のテラスに降り立ちましたが、ちょうどその頃、後続の男女二人パーティーが最初の人工登攀ピッチを終えたところでした。さて、ここから扇岩テラスに降りるにはかなり強引な斜め懸垂が必要になります。して見ると、トラバース出口へ下るのではなく、もっと(岩に向かって)左へ降りて人工登攀ピッチの途中のレッジに立つのが正解だったのかもしれませんが、真偽のほどは定かではありませんし、もしそちらに降りていたら男女二人パーティーとレッジの取り合いになったことでしょう。ともあれ、ここは百戦錬磨の現場監督氏に先に下降をお願いして、私はロープを繰り出していたのですが、ある程度ロープが出たところで手元のロープの束を落としたところ、壁の途中で見事に団子になってひっかかってしまいました。何たる下手くそ……。幸い末端をまだ手元に残した状態だったので、現場監督氏がゴボウでずりずりと身体を引き上げ、それに合わせて落としたロープを引き上げることで、なんとか団子を回収し整理し直すことができました。やれやれ。

あらためて現場監督氏が下っていき、コールを受けて私も懸垂下降。しかし、尋常ではない斜め度合いで、これは一歩はずしたら思い切り振り戻されるのは必定です。私には、こんな懸垂下降は無理!というか、上記の支点からなら扇岩テラスの右下のピナクル(2ピッチ目の途中)に降りるのが正解なのかな?

扇岩テラスから(岩に向かって)左へ降りたところにある大テラスへ、慎重を期して短く懸垂下降。ここは数人が寝泊まりできる広さがあり、振り返れば扇岩が斜めに突き出しているのがよくわかります。この大テラスの壁に真新しい長いスリングが懸垂下降用にセットされていましたが、T4側に一段歩いて下ったところにある支点の方がロープの流れがスムーズそう。というわけでそちらからロープを落とすと、そのままT4まで50mダブルで一気に下ることができました。

T4尾根の樹林帯へ下る前に見上げると、男女二人パーティーは怖いトラバースを終えてその先のルンゼに入ろうとしているところでしたが、お二人は上へ抜ける予定ということでしたので、十分明るい内に登攀を終えられるでしょう。また、東壁ルンゼ上部を登っていた関西パーティーは登攀を終えてちょうど東稜の下降に入っているところ。こちらの奮闘ぶりも、立派です。

■16:20-35 T4尾根取付 ■17:30 横尾

昨日と同じようにT4尾根を下り、昨日と同じようにギアとロープをデポして、一路横尾へ。今日は日没までゆとりをもってテントに戻ることができ、缶ビールで乾杯しました。

2009/09/22

■05:00 横尾 ■05:55-06:30 T4尾根取付

今日は、本来昨日登るはずだった東壁ルンゼ上部を登る計画。まるで通勤のように、横尾からT4尾根取付への道を辿りました。ただし昨日と違うのは、空がどんよりと黒雲に覆われていること、そのために屏風岩が不機嫌そうに(青白ハングが赤茶けて)見えること、そして、もはや手の甲や指はぼろぼろで身体中に疲労がたまっていることが実感されること。

T4尾根取付では、3人パーティーが登攀準備をしていました。会話を交わしてみると、彼らは我々が東壁ルンゼ下部を登った二日前に東稜を登ったものの、先行の二人パーティーが異常に遅かったために大残業を強いられ、昨日を休養日として今日は東壁ルンゼ下部を登ろうとしているとのことでした。やがて彼らは草の中の踏み跡を下っていきましたが、我々は暗い空を見上げて思案投げ首。現場監督氏は登りたそうに見えましたが、西から黒雲が流れて来ているし、なによりモチベーションが上がりません。結局私の方から登攀中止を切り出して、デポを回収しただけで横尾に戻ることにしました。

横尾の橋には近隣在住の猿がたくさん現れていて、そのうちの一匹は写真のように橋の欄干に腰掛け、こちらに尻を見せています。その姿は、体力不足によるモチベーションダウンを天気のせいにした私に「要修行」と告げているようにも見えました。

■07:25-08:05 横尾 ■08:50 徳沢 ■09:25-45 明神 ■10:25 上高地

テントに着いた頃からぽつぽつと降ってきた雨は、撤収を終える頃にはしっかりした雨になり、屏風岩の輪郭もはっきりしなくなってしまいました。東壁ルンゼ上部が登れなかったのは心残りですが、とりあえず前々から登りたいと思っていた雲稜ルートをゲットできたのは一応の収穫。それでも、できることならまた屏風岩に、宿題を片付けにやってきたいものです。

しかし、結果的には最後の登攀中止は正しい判断だったとはいえ、たぶん好天に恵まれていたとしても、厳しいピッチが続く東壁ルンゼ上部を登り切れたかどうかは自信がありません。山屋としての基礎体力がまだまだ不足していることを痛感し、少々落ち込んだ気分で上高地への道を辿りました。