前穂高岳屏風岩東壁ルンゼ下部

山頂  
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2009/09/20
同行 現場監督氏
概要 入山日に東壁ルンゼ下部のみを登ることにし、横尾にテントを設営してから1ルンゼ押出しを詰めて、T4尾根取付から右下に東壁ルンゼ取付へ下降。T3まで登って、この日はそこで打ち切り、T4尾根を下降。
click
東壁ルンゼ下部全景。上の画像をクリックすると、前穂高岳屏風岩東壁ルンゼの登攀の概要が見られます。(2009/09/20撮影)
2ピッチ目(トポでは3ピッチ目)のカンテからスラブ。ここから人工登攀になります。(2009/09/20撮影)
3ピッチ目(トポでは4ピッチ目)のスラブ。クラックに絡むように支点があります。(2009/09/20撮影)

今年から始まった秋の大型連休の使い道については、甲斐駒の赤蜘蛛継続や前穂の奥又白池定着などいくつかの候補があったのですが、前々からこれは登っておかねばならないルートのひとつとしてリストにあげていた屏風岩の雲稜ルートをメインとし、あわせて東壁ルンゼにもチャレンジしてみることとしました。相方は、例によって現場監督氏。彼の仕事の都合で、土曜日の夜行に乗って新宿を出発し日曜日の朝に上高地に入ることになりました。ただし、松本駅では午前0時半になると待合室から閉め出されるので、寂しいアルプス口の階段の下に現場監督氏がテントを張り、そこで一夜を過ごします。周囲には、我々以外にも駅ソトでのビバークを余儀なくされた登山者が累々……。翌朝、カラフルな登山ルックで一杯になった始発の松本電鉄で新島々に向かいました。

2009/09/20

■07:15 上高地 ■08:00 明神 ■08:40 徳沢 ■09:25-55 横尾

快晴の上高地で朝食をとり、おもむろに横尾目指して出発。人工登攀用のギア一式に4日分の食料とシュラフを詰めたザックは23kgくらいですが、通い慣れた平坦な道はすいすいと歩けます。途中、左手に明神岳を見上げたり遠くに常念岳を見通したり、「横浜はジムが増えたねえ」「これからのジムの生き残り策はY子さんみたいなアイドルスタッフだな」「いっそメイドジムか」「『ご主人さま、ガンバです!』」ととりとめのない(?)会話を交わしたり、そして奥又白の岩場を見上げながらいずれあそこも……と夢をふくらませたりしながら、徒歩2時間あまりで横尾に到着しました。

早速テントを張り装備をアタックザックに詰め替えて、直ちに出発。真っ青な空の下に屏風岩の東壁がそそり立ち、登攀意欲をそそられます。

■11:00 T4尾根取付 ■11:10-35 東壁ルンゼ取付

横尾から涸沢方面へしばらく歩いたところにある岩小屋跡を目印にして、登山道から離れて横尾谷を渡ります。流れは島をはさんでふた筋に分かれており、手前の流れには丸木橋が、奥の流れにはフィックスロープがあって、いずれも簡単に渡れました。

そのまま1ルンゼ押出しをずんずん詰めていくと、ちょうど4年振りのT4尾根取付。以前東稜を登ったときは目の前にそそり立つT4尾根に取り付いたのですが、今回の東壁ルンゼはT4尾根を右に回り込んで広大なスラブ沿いに明瞭な踏み跡を下降していった先が取付となります。我々が下降していくと、ちょうど先行パーティーが1ピッチ目を登っているところでした。

東壁ルンゼルートはT4尾根の右手に広がる下部スラブからT3を経由して東壁の垂壁に入り、上部で(地形上の)東壁ルンゼを離れて直上する屏風岩最長のルートで、これを一日で登るのは相当のスピードと技術を要する上級ルートですが、今回の我々の作戦は入山日のこの日に下部だけ登り、上部は日を改めるというもの。チョンボと言えばチョンボですが、限られた日数を有効活用するという意味では合理的でもあります。

1ピッチ目(60m / IV)、私のリード。草付の凹角からスラブを簡単に登り、途中右手から岩壁が張り出してきたところにビレイポイントがありましたが、まだロープが半分しか出ていないとのことだったのでおかしいなと思いながら岩壁に沿って左上を続けたところ、ルンゼの出口、すなわち次のビレイポイントを10m右上に見る位置でロープ一杯になってしまいました。そこにあった残置ピンにセルフビレイをとって現場監督氏に最初のランナーの位置まで上がってもらってから、あらためて登攀継続。次のビレイポイントは安定したテラスになっていました。

2ピッチ目(40m / A1)、先行する関西パーティーのセカンドが次のビレイポイントに達するのを待ってから、現場監督氏のリード。真上に向かうボルトのラインも見えていますが、東壁ルンゼルートはビレイポイントからすぐ右のカンテをフリーで越えてレッジ上に立ち、そこからA1となります。支点はところどころリングが飛んで古いスリングになっており、途中ワイヤーを掛けて抜けるところもありました。現場監督氏が次のビレイポイントである三日月レッジに接近したとき、先行パーティーはまだセカンドがビレイ中。このため、私はスタートまでさらに30分程の待機を余儀なくされました。やがて現場監督氏からコールがかかり、私も後続。人工登攀の部分は支点の間隔も短く、強度にさえ神経を使えば難しいものではないのですが、角度がないだけにアブミに足を入れにくく、また爪先が痛くなってしまうのが辛いと言えば辛いところです。

3ピッチ目(40m / A1)、私のリード……の前に、現場監督氏の確保支点の取り方に私がクレームをつけて再支点工作。残置ピン3点を確保支点にしてもらって勇気百倍、あらためて発進。三日月レッジはU字形に浅くえぐれていて、ルートはUの字の右の縦棒にあたるコンタクトラインのクラックに打たれたピトンから右手の盛り上がったフェースのボルトへと続いていきます。クラックの最初のピトンが遠く逡巡しましたが、チョンボ棒を駆使してそのピトンから下がった腐りかけのスリングに一手中継し、あとは単調なボルトラダーを登りました。ただし、長いピッチだけにランナーは節約モード。また、ところどころのリングが飛んでいるため都合3箇所ほどワイヤーを使いました。次のビレイポイントは、右下から左上へ走る浅いランペの上。

4ピッチ目(30m / A0,IV)、現場監督氏のリード。左上ランペを出だし残置支点に頼りながら、途中からIV級程度の快適なフリーになってざらざらのカンテの向こう側を右上へ切り返すと、安定したビレイポイントがあります。現場監督氏はフリーにこだわったようですが、セカンドの私はスピード重視で出だしA0。

ここから先の150mは「緩傾斜帯の草付」ということになっているのですが、実際はそう簡単ではなく、フリクション頼みで越える立ったスラブなども出てきて、意外に神経を使います。引き続き3ピッチロープを伸ばして、途中からはT4の下へエスケープすることもできましたが、一応ちゃんと上部壁の下まで登ろうと直上を続けると、やがて目の前にT4からT2に続くフィックスロープが現れました。

■16:20 T3左

最後は薮を漕いで、T3の左手、T4に向けて踏み跡が登っている途中あたりに抜けて終了としました。ここからほんのわずかの歩きでT4直下のIII級の岩場に達し、懸垂下降で下ります。

click

III級の岩場を下りた位置から振り返ると、屏風岩東壁にはまだたくさんのクライマーが岩に取り付いていました。フリー全盛のこの時代、人工登攀が中心となる屏風岩は往時の賑わいを失っているはずですが、それでも何パーティーかが熱心にアブミを使っている様子を下から眺めて、ちょっと感慨深いものがありました。

■17:30-50 T4尾根取付 ■18:40 横尾

樹林帯の中を2ピッチ、さらにT4尾根の岩場を2ピッチの懸垂下降で取付に到着。翌日のためにギアやロープなど一式をまとめ、T4尾根の取付右手にある岩小屋の中にデポしました。この岩小屋はうまい具合に洞穴のようにえぐれていて、二人くらいなら快適にビバークできそうです。もっとも、我々は横尾で待っているビールが頭にちらついていて、ビバークしようなどという気持ちはさらさらありません。

1ルンゼ押出しを下降し始めたときはまだ明るかったのですが、秋の日はぐんぐん暮れていきます。横尾谷を渡るときにはすっかり暗くなり、ヘッドランプを点して沢を渡りました。登山道に出たところで振り返ると、東壁のあちこちでもヘッドランプの明かりが動いているのが見えます。T2にはビバークするパーティーが幕を張っているのを見ていますが、東稜の上部やT4にいるパーティーは、この後さらに暗闇の中の懸垂下降を繰り返すことになるのでしょう。彼らの無事を祈りながら、横尾への道を急ぎました。