湯檜曽川本谷

山頂 朝日岳1,945m
分類 上信越 / 沢登り
日程 2009/09/05-06
同行 オグ
概要 武能沢出合から湯檜曽川に下り、十字峡から本谷に入って遡行。途中、40m大滝の上でテント泊し、翌日さらに沢筋を詰めて朝日岳山頂着。下山は、白毛門経由で土合へ。

click

10m垂直滝。上の画像をクリックすると、湯檜曽川本谷の遡行の概要が見られます。(2009/09/05撮影)

40m大滝。ほぼ真ん中まで、ノーザイルで上がることができます。(2009/09/05撮影)

泊まり場。我々は手前のテントの奥の一段高い草の上にテントを張りましたが、奥にいる4人パーティーは樹林帯の中にテン場を求めた模様。(2009/09/05撮影)

上越の沢の代表格である湯檜曽川本谷には、これまでなぜか遡行する機会がありませんでした。この週末の遡行も、もとはと言えば笹穴沢へ行こうと思っていたのですが、先日北岳へご一緒した常吉さんから「笹穴沢のアプローチにはヒルが出る」という情報を得て、速攻で行き先を変えたものです(ヒル、本当に苦手なんですよね……)。同行は、これまでも何度か一緒に沢に行っているオグ。お嫁さんをもらってからの幸せ肥りで10kgは体重オーバーというところが気にかかりますが、なんとかなるでしょう。

2009/09/05

■08:45 土合駅 ■10:20-45 武能沢入渓点 ■12:30 十字峡

東京から朝一番の電車を乗り継いで、土合駅の階段を息を切らしながら登りきると、白い雲がぽくぽくと浮いてはいるものの、概ね青空。沢登りの日和としては申し分ありません。湯檜曽川沿いのよく踏まれた新道をノンストップでひたすら歩いて、1時間半ほどで左斜面から武能沢が落ちてくる場所に到達し、ここで沢装備を身に着けました。武能沢を下って湯檜曽川の河原に降り立つと、そこから上流にすぐ、ゴルジュの入口が待っています。

最初のポイントとなる魚止滝は、左の壁に残置ピンとスリングが2カ所連続しており、さらにフィックスロープまで用意されていました。魚止滝の上流は右岸の灌木の中を進み、明るい河原に出てからは開放感に満たされた遡行です。

ナメや釜や小滝を越えて、白樺沢の先で90度右に曲がったところにあるのがガイドブックに「学校の廊下を水浸しにしたよう」と形容されているウナギ淵。私は以前大倉沢を遡行したときにここを泳いで通過しているので、今回はオグに泳いでもらい、自分は左岸の岩壁の上を歩きながら監督することにしました。がんばって泳いだオグでしたが、淵を抜けたときはかなり消耗した様子……。さらに左に曲がるところの水量豊富な滝は左壁をIII級程度の登りとなって、続く三段30mのナメ滝を気持ちよく登っていくと、十字峡になりました。正面には抱返り沢の50mの滝、右からは懐かしい大倉沢が落ちていますが、目指す本谷は一段上がって左へ直角に折れたところ。このあたりカクカクと90度に曲がる箇所が多いのですが、なぜこんな地形になったんでしょうか?

十字峡を左に入れば、そこからは私にとっても未体験ゾーン。まずは白い岩が明るくて車道のようにまっすぐなゴルジュの通過ですが、特に難しいところもなく、上を行けば残置スリングはあってもあえて水線近くでのフリーにこだわりたいへつりや、樋状の滝の手前で意外に高度感のあるトラバースなどを経て、やがて正面に右から落ちてくる大きな滝=抱返り滝に出会いました。水量はさほどではなく、下段はそのまま登れそうですが、パーティーの力量からすると上段はちょいと渋そうなので左の踏み跡に入り、高巻きとします。適当なところから薮を漕ぐように下ると再び踏み跡に合流して落ち口のすぐ上に抜けて、その先にはエメラルドグリーンの美しい釜と白いナメ滝が待っていました。

その先も、明るい沢を適当にラインをとって歩いたり、あるいは泳いだりしているうちに、滝が続くようになってきます。まず最初の10m三条滝は、左手の岩の隙間から簡単に抜けて越えます。続いて七ツ小屋沢出合ですが、うっかりするとそのまま直進して七ツ小屋沢に入ってしまいそう。本流は、右手から小滝となって落ちてきている方で、ここは階段状を簡単に上がると自然の導水路になっています。さらにいくつか小滝を越えたところにある河原では、早くもテントを張っているパーティーが。確かにこの時刻に腰を落ち着けて、薪を集めたり酒を飲んだりしたら楽しいことこの上なしだろうけど、ここからでは明日の行程が遠くなるんじゃないかなあ……というのは余計なお世話。挨拶を交わして我々は先を急ぎました。

■14:35 10m垂直滝 ■15:55 40m大滝

続く10m滝を左から巻いて数分で、小さな前衛滝の向こうに現れたのが10m垂直滝。この滝は、楽しいところです。「どうやっていく?」「……左からですか?」「では私がお手本を」といったやりとりの後、おもむろにメガネをウエストポーチにしまって、滝の右側からアプローチし、瀑水の裏手に入り込みました。目の前は手元の岩以外何も見えなくなりますが水圧は思ったほどではなく、滝の右から左へ斜上するランペも明瞭で、すぐに滝の裏を抜けて左側の岩壁の途中にあるテラスに達することができました。ここでオグが後続してくるのを待ちましたが、彼も臆することなく突破。あとは滝の上まで数mのIII級程度の登りです。

click

この先、40m大滝まではこれといった滝もないだろうと思っていたのですが、そうは問屋が卸しませんでした。ちょっと面白い形状の小滝が現れて、ここはつるつるの岩を微妙なフリクションで水流の右から左に渡り、滑りやすい樋状になっているところに右足をハイステップで上げて甘いホールドに耐えながら乗り込めば突破できるのですが、私とオグの微妙な身長差が出て、オグは足を上げきれずに四苦八苦しているうちにスリップ!3m程の滑落をしてしまいました。

click

もっとも、ここは滑り台状で怪我をするような場所でもなかったので心配はしていなかったのですが、諦めたオグが左からの巻きにかかったところで足元の草付が崩れ、何とか態勢を立て直したもののもう一回ずるっといって危うく大滑落となるところ。見ているこちらも肝を冷やしました。どうにか薮を漕いで巻き上がることに成功したものの、オグの心身のダメージは大きかった模様。続く赤茶けた二段滝の手前で足がつってしまい、小休止となりました。私の方はその間に二段滝の様子を偵察してみましたが、下段は左からのランペで簡単に登れるものの、上段はすり鉢状になっていて巻き上がれる気がしません。よって回復したオグを督励して、一段目の手前右手から大きく巻くことにしました。ここでは上越の沢らしい草付のトラバースを味わうことができますが、踏み跡は明瞭で慎重に行けば問題はありません(なお、沢友のひろた氏の記録を後日見てみたところ、二段目も登れるようです。)。

高巻きを終えて沢筋に戻り、蛇行する樋状の滝を難なく抜けると、その先にいよいよ40m大滝が現れました。確かに見た目は立派ですが、実は水流の左側からは階段状になっていてかなり上の方にあるテラスまですいすいと登れてしまいます。そこから先は水流通しはちょっと無理っぽいのでセオリーに従って左の壁を見上げてみると、残置ピンやスリングが目に入りました。どうやら核心部となりそうな垂壁は2m程度らしく、2カ所にスリングが垂れ下がっていましたがそのうち左(下流)側の小カンテに狙いをつけて、テラスから一段左に上がったところにある残置ピンにスリングをかけてオグにビレイ態勢に入ってもらいました。よいしょと身体を引き上げてから自前のスリングでクリップして核心部の小カンテに手をかけてみると、ホールドはしっかりしているしフットホールドも一応あるしで、ワンムーヴIV級というのが妥当な線でしょう。そのまままっすぐ20mほどロープを伸ばしたところで灌木に支点を作り、オグをタイトロープ気味にして迎え入れました。滝の落ち口へは、ちょうどこの高さからルンゼを横切って草付の端に真横に踏み跡が続いていました。

■16:30 40m大滝の上の河原

これで、期待通りに楽しかったこの日のイベントは全て終わり。40m大滝の落ち口から数分の河原に、二組のパーティーが寛いでいました。オグに待機してもらって空身でさらに上流を偵察しましたが、その先手応えのありそうな滝までの間に幕営適地は見つからなかったので、我々もここをこの日の宿とすることにしました。

先客は男女4人組と、50歳代らしき男性二人組。二人組の方は堂々と河原にテントを張っていましたが、4人組はどうやら左岸の樹林帯の中に踏み入ったところにテン場をしつらえてあるようです。夜中に雨が降って増水しても困るので、我々は河原を避け、1mばかり高くなった草の上を整地してテントを張りました。4人組はこれでもかというくらい薪を積み上げて焚き火を熾していて、たぶん樹林帯の中からそれらを調達したのだと思いますが、出足の遅れた我々は焚き火は断念し、細々と梅酒で乾杯。つまみだけはなぜか豊富です。そのうち二人組の方もおもむろに河原で薪集めを始めたのですが、大した戦果もないままに腰を落ち着けてしまって「あんなに少ない薪じゃ火も点かないんじゃないか?」と思っていたら、新聞紙1枚で見事に着火させたのにはびっくり。ベテランの味ですな。

2009/09/06

■06:40 40m大滝の上の河原 ■07:40 二俣

寒い思いをすることもなく快適な睡眠をたっぷりとって、5時前起床。のんびり朝食をとり、朝のお勤めもすませて、霧の中を出発。

立体的な地形の中を進むと、霧の中に立派な10m滝が現れました。これを右の立った踏み跡で越えて、さらにいくつかのそこそこ手応えのある滝を登っていきましたが、このあたりは岩の色が黒っぽく、ガスに覆われて空が見えていないこともあってちょっと気が滅入ります。そのうちオグの沢タビのソールがはがれかけてきたために、テーピングテープで応急処置。

ちょうど出発準備中の4人組の横を通り過ぎると、すぐそこが二俣でした。ここは二俣のすぐ手前の右岸に一段高くなった立派なテン場があって、テントが二張りは楽に張れる広さ。なぜかブルーシートが残置してありましたが、忘れ物なのか場所とりなのか……。この二俣は右へ進みますが、その先にも何カ所か整地されている場所があり、かなりの収容能力がありそうです。実際、この土日に湯檜曽川本谷に入ったパーティーは相当の数に登った模様で、どういう根拠に基づくのかは不明ですが「50人は入っている」と言っている遡行者もいました。

途中の小滝の岩の色が黄色くなり、ガメラの背中のようなボコボコのナメを過ぎると、源流帯の雰囲気が徐々に漂い始めます。他のパーティーとも前後しながらぐんぐん高度を上げると背後が開けてきて、奥の二俣も右へ進めばやがて水は涸れ、覆いかぶさる笹、灌木を漕ぐようになりますが、かなり高いところまで沢形が残っているので進路に迷う心配はありません。そして笹の背丈が低くなり、傾斜も緩やかになったところでひょいと草原に出て、その先には朝日岳山頂に憩う人々の姿が見えていました。

■09:55-10:25 朝日岳 ■11:35-45 笠ヶ岳 ■12:40-55 白毛門 ■15:50 土合駅

幕営地から3時間余りのアルバイトで朝日岳山頂に到着し、オグと握手。このピークを踏むのは、これが4回目です。周りを見回すと、あるいは湯檜曽川から、あるいはナルミズ沢からとそれぞれに遡行を終えた沢ノボラーだらけ。一般登山者よりも沢ノボラーの方が多いくらいでした。

ギアをしまい、あとはのんびり下山するだけ……と言いたいところですが、朝日岳から土合まではアップダウンのある縦走路が続いており、気温が高くなってきたこともあって意外に絞られます。山屋としてのトレーニングを積んでいないオグには、むしろこの縦走の方がこたえたらしく、息を荒くしながら必死の形相で歩き続けていました。

白毛門から土合への長い下りは私にとっても辛いものですが、オグにとってはほとんど拷問。気力体力を使い果たしたオグは、最後はパンチドランカーのようにふらふらになりながら、それでも驚異的ながんばりで下界に降り立つことに成功したのでした。お疲れさま!でも、次回までには10kgは痩せておかないとね。

下山後は、土合の駅前からバスで水上へ。そこの観光案内所で教えてもらって徒歩10分のホテル聚落のお風呂に入りました。通常1,000円のところが、観光案内所で割引券をもらっておけば800円。広くて気持ちのよい風呂でした。そして水上駅前に戻ったところでお食事処「ちゃこ」の「サービスしますよ!」という積極勧誘に乗って「谷川ぶっかけおろしうどん」なる超盛りだくさんなうどんを食しましたが、これはかなりイケています。具だくさんのうえに手作り感あふれる不揃いなうどんがおいしく、くせになりそう。次に水上で食事をすることになったら、またこのお店に入るかも。