三ツ峠

山頂 三ツ峠山1,786m
分類 関東周辺 / アルパイン
日程 2009/05/04
同行 現場監督氏
概要 三ツ峠でトレーニング。登ったのは、鶴ルート(山頂までバージョン)、中央カンテ、直登カンテの3本。

mouseover

9年振りの三ツ峠。ゲレンデ……といいながらも、充実度は満点。(2009/05/04撮影)

「亀ルート」「鶴ルート」の出だし。上に見えているフレークをパワフルに乗り越えます。(2009/05/04撮影)

朝の9時から夜の19時まで、よく遊んだもの。(2009/05/04撮影)

2009/05/04

■07:15 三ツ峠裏登山口 ■08:15 三ツ峠山荘 ■08:40 左フェイス ■12:45-55 三ツ峠山頂

今年の黄金週間は後半に雨の予報だったため、ここ数年恒例となっていた北アルプスへのアルパインツアーは涙を飲んで中止。しからばと現場監督氏と三ツ峠へトレーニングに行くことにしました。前夜のうちに裏登山口に入っておいて、朝、のんびり出発。ジープも通る歩きやすい裏登山道を登ること1時間で稜線に達します。この曇り空では展望は望めないだろうな、と思いながら展望地に立ち寄ってみると、意外にも目の前に富士山の姿がはっきりと拝めました。さらに、三ツ峠山荘では極めて人なつこい黒犬の、その下の登山道では人の姿をまるで意に介さないカモシカの出迎えを受けて、いよいよ岩場の下に到着。右フェイスの方は見えませんが、少なくとも左フェイスから中央フェイスにかけては人っこ一人いない、まったくの貸し切り状態です。

どこを登るかあらかじめ決めていなかったので、その場でトポを出して協議開始。左フェイスの左端には有名な巨人ルートがあって、上の方には名前の由来になった巨人の顔(状の岩)も見えています。

現「IV+からV+までだから、手頃じゃないかな」
私「あのー、『IV+』じゃなくて『VI+』って書いてあるんですけど」
現「えっ、VI+?本当だ!」
私「朝イチからそれはちょっと厳し過ぎるんじゃ……」

こんなやりとりがあってその右側の、これも有名な亀ルートを登ることにしました。ザックは登山道脇にデポし、一応最初の階段状もロープをつけて、第一バンド上の取付に移動。見上げる1ピッチ目は濡れている上に、頭上に突き出したフレークが威圧的です。

現「リード、どうする?」
私「お願いしようかな(←弱気)」

というわけで現場監督氏のリードでスタート。1ピッチ目(IV+)は垂直の凹角をずりずりと上がって、頭上のフレークを最初アンダーでとり、さらに身体を安定させて上からガバっと抱えて強引にフレーク上に乗り上がります。その後の立木テラスへの右トラバースも意外にバランシーで、グレード以上の難しさを感じました。

続く2ピッチ目(IV+)は私のリードで、前半が左斜上バンドを乏しい手がかりを頼りに上がり、後半は立ったカンテを露出感たっぷりに回り込んで左上のバンドに乗り上がるまで。後半の方がIV+とされているようですが、自分としては前半の方が微妙で怖く感じました。

さて、ここから左に細〜いバンドが伸びていて、これがどうやら亀ルートの3ピッチ目となる八寸バンドらしく、確かによくよく見れば細かいホールドをつないでバランスを保つことも可能ではありそうですが、あまり心臓によさそうではありません。それよりはさらに左上していくラインの方が自然で、3ピッチ目はそちらへ転進することになりました。こちらは「鶴ルート」と呼ばれており、このピッチはIV級です。さして難しくないピッチを終えて第三バンド上に着いたのですが、ここで判断ミス。左フェイスの各ルートはいずれも第三バンドを終了点にしているのですが、我々は中途半端なこの高さでルートが終了するとは考えず、さらに上を目指してしまいました。

4ピッチ目は私のリード。とりあえず易しい岩をひとつ上のバンドに上がって、そこで行き詰まりました。残置ピンはまるで見当たらず、見た目一番易しそうなところを選んで登ったものの先の見通しが立たないことからクライムダウン&立木を使ってロワーダウン。その隣のクラックはすっきりしていそうですがカムがなければ突っ込めない状況。うーん、このルートファインディングの難しさは本チャン並みだぞ(←もともとルートがないので難しいのは当たり前)とうろうろした末に、たぶんこっちだろうと野生の勘で狭いバンドを左にトラバースしたところ、どうやら上に続いているすっきりした岩が見えて、そこにはピトンも打たれていました。

立木で支点を作って現場監督氏を迎えて、ここから最終ピッチ。立ったコーナーをステミングで登っていくピッチですが、壁の上端に乗り上がるところが信用できるホールドがなく、おまけにその上もぼろぼろの斜面で落石を起こさないようにするのが至難の厳しいピッチでした。無理矢理作った終了点で現場監督氏と合流して「ひどい目に遭った!」と言い合いながら、すぐ近くの山頂まで歩いて登りましたが、正直、ギア満載の格好でハイカーの皆さんの奇異の目に触れながら歩くのはかなり恥ずかしいものでした。

真面目な話、第三バンドから上はぼろぼろで落石を起こす危険が高く、しかも岩場の取付は一般登山道になっているので、突っ込むべきではありませんでした。反省。

■13:20 中央フェイス ■19:05 登攀終了 ■19:25 三ツ峠山荘 ■20:05 三ツ峠裏登山口

クライミングシューズのまま登山道を下って、もとの取付へ。簡単な昼食をとってから、さて次はどうしよう?という話になりました。アブミも持ってきているので逆V字ハングは?という話も出ましたが、ちょうど他のパーティーがそちらに取り付いていたこともあり、現場監督氏はまだ登ったことがないという中央カンテに向かうことにしました。このルートも、三ツ峠では定番ルートです。

階段状を1ピッチ上がって強烈に堅固なつくりつけの支点で態勢を整えてから、現場監督氏のリードで登攀開始。トポでは1ピッチ目(III)と2ピッチ目(IV+)となっているところをつなげて1ピッチとして、現場監督氏はすいすいと登っていきます。後続の私にとってはここは懐かしいルートで、最初の左上ランペは外岩で初めてリードをさせてもらったところ。支点の作り方もおぼつかない、初々しい(?)頃の記念のピッチです。が、そんな感傷に浸るひまもなく核心部の立ったクラックとなったものの、どうやって登ったのかすっかり忘れていました。こんなに立っていたっけ?とどぎまぎしながら、とにかくクラックにフィストジャムを決め、足はステミングで身体を上げてなんとか解決しましたが、9年前の自分によくここが登れたものです。

……それとも、9年間ほとんど進歩がないということなのでしょうか?

最後のピッチ(IV)は私のリード。クラックから左カンテへ足を飛ばすラインを覚えており、あとは第三バンド下の立体的な岩の重なりをパズルを解くようにして登るだけ。

空中懸垂を交えて懸垂2回で取付に戻ったところで、時計を見ればいい時間。しかしせっかくアブミを持ってきているので、どこか人工登攀のルートを登ってみようとトポを片手に右往左往し、ちょうど逆V字ルートを降りてきた外国人クライマー(日本語が上手)とも会話を交わしてみましたが、結局、逆V字ルートの左隣の直登カンテが手頃でよさそうだということになりました。

1ピッチ目(A2,IV)は私のリード。鶴ルートと中央カンテで使用したバラクーダが足指に痛かったので、アプローチシューズのフェノムXCRでの登攀です。出だしから10mあまりは何ということもない素直なボルトラダーで、「A2」とグレーディングされているのはその後にハングの乗越しがあるからだと思いますが、フィフィに体重を預けて立ち上がればなんとかハング上のボルトに手が届き、その上の斜面もIV級というほど難しくはなく、無事に第一バンド上のビレイポイントに到着。ちなみに、ここをフリーで登れば「大道芸人」(5.12a)となり、そのためのハンガーボルトもありました。

続く2ピッチ目(A1)は現場監督氏のリードで、最初は垂壁、途中から顕著なカンテを薄かぶりの人工登攀となりますが、かえって巻き込み姿勢が決まってそれほど消耗はしません。ボルトの距離も最上段に立ち上がるほどではなく適正な間隔で、気持ちよく後続することができました。トポでは3ピッチ目となっているIII級のセクションも現場監督氏は継続して登っており、一応その右から顕著な三角形の切れ込みを私がリードして樹林帯まで達しましたが、その上の支点はスリングが腐って死んでおり、これはおまけだった模様。

いつの間にかガスが流れ出してあたりも暗くなってきており、人気の絶えた岩場を懸垂下降3ピッチで登山道に降り着いたときには、すっかり暗くなっていました。

アルパインの本チャンルートに行けなかったのは残念でしたが、久しぶりの三ツ峠もなかなか充実したトレーニングとなり、満足の一日でした。しかし、本当は今日登ったルートを、アイゼン&手袋で登れないといけないんだろうなあ。アルパインの道も厳しいなあ……。