御岳渓谷

山頂  
分類 関東周辺
日程 2009/05/02
同行 Sakurai師 / Y女史
概要 先生=Sakurai師、生徒=私&クライミング仲間のY女史というスクールモードで、御岳渓谷のあちこちの岩をさわる。Y女史も私も、これが初めての外ボルダリング。

この日登った(触った?)岩の数々。白眉は、Y女史が完登したデラシネ・ボルダーのトラバース課題(4級)。(2009/05/02撮影)

click

デッド・エンド。正面の「デッドエンド横断」(初段)にSakurai師がトライ。(2009/05/02撮影)

click

忍者返しの岩。右寄りの「こども返し」(初段)にSakurai師がトライ。(2009/05/02撮影)

2009/05/02

■10:30-17:20 御岳渓谷

連休初日の5月2日、Sakurai師のご指導を得て御岳渓谷でのボルダリングにデビューしました。Sakurai師は4月29日にも御岳に登りに来て、「こども返し」(初段)トライ中に腰を傷めてしまったため、今日はハイキング&ガイドモードになってくれるとのこと。そこでジム練仲間のY女史に「一緒に行かない?」と声を掛けてみたところ、彼女も乗ってくれることになりました。

10時過ぎにJR御嶽駅で合流し、すぐにSakurai師の案内で河原へ。まずは対岸(右岸)に渡ってデラシネ・ボルダーの近くに荷を置きました。高さがなく易しい課題がいくつかあるこの岩は、外岩初心者のY女史と私のウォーミングアップにちょうどいいだろう、というSakurai師の親心です。ちょうどこのあたりの水面はカヌーの練習場になっているらしく、途中でカヌーの装備を身に着けた気のいい二人組が見物に来ていました。ここで触ったのは、以下の課題。トライ数の多寡はあるものの、いずれも登れました。

  • 8級 FL
  • カンテ 7級 OS
  • 6級 RP
  • ハング 6級 RP
  • トラバース 4級 RP
  • ハング 4級 RP

トラバース4級は、私よりも先にY女史が登ってしまってびっくり。インドアでは6級がやっとなのに、なぜ?彼女の身体のサイズが、この課題にあっていたのでしょうね。私もなんとかクリアし、さらにハング4級も一気に上のガバをとってクリアしましたが、このガバをとってしまうといきなり易しくなるので、もしかするとこのガバを使ってはいけないのでしょうか?

続いて、デッド・エンドに移動。この日は素晴らしくいい天気で暑いくらいだったのですが、このデッド・エンドは日陰である上に爽やかな風が吹き抜けて、非常に過ごしやすい場所でした。我々が着いたときには、先客は3人組だけ。Sakurai師の言によればここにはいつもは20人くらいが屯しているそうですが、御岳はオフシーズンに入りつつあるため、この日はどこもたいへん空いているそうです。Sakurai師はここで既に「デッドエンド」(1級)と「勅使河原美加の半生」(初段)をクリアしており、今は「デッドエンド横断」(初段)に挑戦中。よってSakurai師の本気トライとY女史や私のカンテ7級を交互に行いました。高さがあり、上のホールドがちょっと甘いカンテには少々苦労しましたが、私はなんとかRP。Y女史は上に手が出せず、ついに「今日は一日楽しかったな!」とリタイア宣言。でも、まだ14時なんですけど……。

神路橋を左岸に渡って、丸こんにゃく岩を見物。こちら岸はお日様が当たってかなり暑くなっています。とりあえず右端の10級を私はアプローチシューズのまま、Y女史もクライミングシューズに履き替えてさくさく登って癒されてから、遊歩道をのんびり下流へ向かって、とけたソフトクリームに移動しました。ここではまず、上流側のフェースの9級を登りましたが、手足が細か〜いスラブ課題で最初は手も足も出せず、本当に9級か?と疑いの目をSakurai師に向けました。しかし、最初に右手をかけたしっかりしたカチを、一歩上がった後に手の向きを変えて上からプッシュすれば、ずりずりと右足を引き上げられることを発見!これで出だしを解消するとあとは易しく、登れてみればやはり9級かも。続いて反対側の7級課題にも挑みましたが、落ちると後頭部を岩に打ち付けそうなシチュエーションになっていてちょっと怖く、また上部への抜け方を本来のルートどりと異なる方向へもっていこうとしていたらしくて(後で他のボルダラーからアドバイスあり)、抜けきることができませんでした。そんなわけで、ここで私もリタイア宣言。

最後にさらに下流からもう一度右岸に渡り直して、有名な忍者返しの岩でSakurai師が「こども返し」にリベンジをかけるのを見物しました。残念ながらこの日も完登はなりませんでしたが、それにしてもSakurai師の登りは異次元の世界。クールダウン(?)で「忍者返し」(1級)をさくっと登ってしまう彼の姿を、呆然と見上げるだけでした。そして、近くのマミ岩を見物してこの日のプログラムを全て終了。

ボルダリング終了後は、Sakurai師のお勧めで御嶽駅近くの蕎麦屋「玉川屋」でそばビールとおそばをいただきました。窓の外の新緑も目に優しく、とても幸せ。Y女史も十分に楽しんだ様子でしたし、次回登ってみたい課題もいくつか見つかりましたので、遠からぬうちにまた訪れたいものです。一日指導いただいたSakurai師、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。