一ノ倉沢烏帽子沢奥壁変形チムニー

山頂  
分類 上信越 / アルパイン
日程 2008/10/13
同行 ムラタさん / シオノヤさん
概要 烏帽子沢奥壁の変形チムニールートを、リードを交代しながら登る。最後はまたしても残業に。

click

取付から見上げる烏帽子沢奥壁。上の画像をクリックすると、変形チムニーの登攀の概要が見られます。(2008/10/13撮影)

変形チムニー。中はじっとり濡れたチムニーの内面登攀となります。(2008/10/13撮影)

バンドをトラバース。この先で中央カンテに合流。(2008/10/13撮影)

2008/10/13

■04:50 一ノ倉沢出合 ■07:00-30 変形チムニールート取付 ■09:40 変形チムニー

かすかに明るくなるのを待って、出発。今日は烏帽子沢奥壁の変形チムニー(略称「変チ」)を登るのですが、幸い昨日のフォールのダメージはほとんどないようです。右岸の下降ポイントに着いた頃にはお日様も出てきて、谷の中は急速に明るくなってきました。昨日と同じくテールリッジを登り、衝立岩中央稜基部の平らなところでシューズ以外の装備を準備。さらに烏帽子沢奥壁のバンドを進み、湿った浅いルンゼを越えました。変形チムニーの取付は、この湿った場所を過ぎたすぐのところで、よく探せば残置ピンが3本。頭上は「階段状のフェイス」になっていますし、少し壁から離れて見上げれば上の方に変形チムニーも顔を覗かせているので、迷うことはないでしょう。

取付に着くまで、今日は前半は私、後半をムラタさんがリードすることにしていたのですが、岩はきれいに乾いて良好なコンディションだし、変形チムニーが見えたことでルートファインディングにも支障はなさそう。それに正直に言えば昨日の戦意喪失が尾を引いていることもあって、出だしから変形チムニー手前まではシオノヤさんにリードを譲ることにしました。快く引き受けてくれたシオノヤさん、ありがとう!

1ピッチ目(50m / III〜IV+)、シオノヤさんのリード。出だしは見た目通りの階段状ですが、突き当たって左寄りに濡れたフェイスを登るあたりから壁が立ってきて、なかなかの手応えとなりました。60mロープの利点を活かして、突き当たりのバンドまで。

2ピッチ目(40m / IV,A0)、シオノヤさんのリード。目の前のフェイスには残置ピンが見当たらず、いったん右の浅い凹角に取り付いてはみたものの、どうも違う様子。さらに目をこらすと、私が立っている左側のさらに左にスリングが垂れているのが見えたので、シオノヤさんはそちらに回り込んで直上していきました。コールを受けて後続してみるとなかなか厳しい垂壁で、迷わず残置スリングをつかんで身体を引き上げ、上に抜けてみればすぐ右上に変形チムニーが立っていました。

3ピッチ目(50m / IV+)、私のリード。変形チムニーの中に入り込んで、バック&フットや両足突っ張りを駆使して身体をずり上げました。誰がつけたか知りませんが、一度聞いたら忘れられないこのネーミング。「チムニー」という言葉が意味する煙突状ではなく、壁に巨大な板状の岩が寄りかかっている姿をしていますが、登り方は確かにチムニー登りです。ここは、いったん奥に入り込んでから徐々に手前へ戻るようなかたちで上がるのがミソで、少々古いものの残置ピンは豊富、ホールドにも困りません。チムニーの上へは左側から抜けて、さらに上のフェイスを右へ回り込み、傾斜の立ったランペ状を突き当たりまで。内面登攀が苦手ではない私には、チムニー内よりもこの立ったランペの方が緊張しました。後続の二人を待つ間、ビレイポイントからはすぐ向こうに中央稜を登るパーティーや、数年前の凹状岩壁上部の崩壊でむき出しになった白い岩肌がよく見えました。空は青く、風はなく、烏帽子沢奥壁のど真ん中にスリングに身体を預けてのんびり立っているのはなんともよい気分です。

click

4ピッチ目(60m / IV+)、私のリード。2mほどクライムダウンすると右へ続くバンドに下りられ、そこから右手へ進めばルンゼ、そして中央カンテとなります。トポではルンゼは脆いので中央カンテまで進むように書いてありますが、以前現場監督氏がこのルンゼを登ったときの記録では岩は安定しているとのことだったので、かまわずルンゼ内に突っ込みました。下方の烏帽子沢奥壁のバンドは南稜からの帰り道でもあるので、とにかく石を落とさないことだけを注意しながらルンゼの中をよじ登り、途中から右手のフェイスに乗り上がってロープを伸ばしましたが、そろそろロープの残りがなくなりそうだというのに支点が出てきません。辛うじて60m一杯で古いリングボルトが1本見つかり、そこにセルフビレイをとって足場を固めると、まずはムラタさんに後続してもらいました。登ってきてもらったムラタさんにはそのまま上へ、中央カンテルート上のビレイポイントまで達してもらい、そこでロープを巻き上げて私がムラタさんから確保されている状態にしてようやく一安心。ついで、シオノヤさんが後続。このピッチで1時間半も時間をつかったことが残業につながりましたが、やはりこの時期の谷川岳に3人パーティーというのはプラン自体に無理があったかもしれない……と後悔するのは後の話。

5ピッチ目(20m / III)。ムラタさんが先行してくれたピナクル下まで。ここからは以前登った中央カンテのルートを辿ることになります。易しいですがランナーがとれないのでリードは慎重に。

6ピッチ目(25m / IV+,A0)、ムラタさんのリード。出だしの2mほどの垂壁は、さしたる苦労もなく身体を引き上げてガバをつかめます。問題はその次のコーナークラックのある垂壁で、前回はリードでA0してしまいましたが、今回はフォローなんだからフリーで登りたいもの……と思いながら後続したら、リードのムラタさんはここにアブミを残置していました。左手で身体を支えながらその回収に手間取っているうちに「うっ、パンプしてきた……」とあせりましたが、一応フリーで登る意思表示はしてみました。

私「フリーで行きますんで、よろしくお願いしまーす!」
ム「はい、どうぞ!」
私「……と思ったけど、やっぱりA0しまーす!」
シ「(下から)がはははは!」

シオノヤさん、何もそんなに大声で笑わなくても……。ムラタさんが残していたクイックドローをつかんで、ビレイポイントで待つムラタさんに合流。最後に登ってきたシオノヤさんも、このコーナークラックの垂壁ではずいぶん息づかいを荒くしていましたが、やはりアブミを出して突破した模様。そして3人が揃ったところで、時刻は14時。これは残業必至の様相を呈してきました。

7ピッチ目(30m / IV)、ムラタさんのリード。左手の易しい凹角を一段上がったところまで。

8ピッチ目(50m / IV)、ムラタさんのリード。烏帽子岩の下の小尾根上まで。時間とともに急速に気温が下がってきたため、ムラタさんをシオノヤさんがビレイしてくれている間に、こちらはシューズをアプローチシューズに履き替え、ヤッケまで着込みました。このピッチで、登攀は終了です。

■15:25-55 烏帽子岩下懸垂下降点 ■18:00 南稜テラス

本来のルートはこの後に烏帽子岩の左手を抜けて浅いルンゼを横断しますが、今日は時間が押しているので烏帽子岩の下からただちに懸垂下降に入りました。実は3人とも本当にこのビレイポイントから下るのが正しいのか確信が持てず、下を覗き込んでみるとかなり遠く感じられて「これ、ヤバいんじゃないの?」という顔をお互いにしていたのですが、残置カラビナにロープをセットして投げ込んでみれば、ロープの末端が地面を叩く音が確かにしました。大丈夫でしょう!たぶん……ということで、意を決して私から懸垂下降を開始。出だしの数mの垂壁が切れると長い空中懸垂になりますが、問題なく下のルンゼに達し、そのままロープを引いて右岸へ回り込むように歩いて、笹の中の小灌木から横に伸びるフィックスロープにセルフビレイをとってからロープをはずしました。

ムラタさんとシオノヤさんが続いて下りてくる間に笹薮の中を漕いでみると、フィックスロープ沿いにうっすらと踏み跡が続いており、それを辿って南稜終了点に到着することができました。ここから先は、勝手知ったる六ルンゼの下降。しかし3人だとそれなりに時間がかかり、さらに一度ロープがひっかかりかけて冷や汗をかく場面もあって、南稜テラスに降り立つときにはすっかり真っ暗になってしまいました。悪いことに夕方から雲が出ていて、月明かりの助けを得ることもできず、慎重派のムラタさんはすっかりビバークモードでしたが、翌日の仕事に穴をあけたくない私とシオノヤさんは下降を主張。しぶしぶ同意してくれたムラタさんは、南稜テラスからちょっと下ったところで難しいクライムダウンが必要になると「こんなところで死にたくないんだけどな」とぶつぶつ言っていましたが、なんとか中央稜の基部に達し、あとは昨夜同様にテールリッジを下るだけ。こちらのヘッドランプの動きは、一ノ倉沢出合の駐車場あたりからも見えたことでしょう。

■20:55-22:00 一ノ倉沢出合 ■22:45 谷川岳ベースプラザ

結局テントに帰り着いたのは21時。東京へ戻る電車などとっくの昔になくなっており、帰京は諦めてベースプラザに一夜の宿を借りることにしました。疲れきった身体でパッキングをすませ、車道をのろのろと歩いてベースプラザに到着し、自動販売機で缶ビールを買って、何はともあれ無事の下山を祝って乾杯。翌早朝のタクシーを予約してからシュラフに入ると、あっという間に寝入ってしまいました。

この二日間は、いろいろと反省すべき点が多かったけれど、無事に下りてきてみればやはり楽しかった。今回の経験を糧にして、もう一度衝立岩に挑戦してみたいと思いました。ムラタさん、シオノヤさん、これからもよろしくお願いします。