御岳山

山頂  
分類 関東周辺
日程 2008/09/28
同行 うっちゃまん女史 / ハグロさん / エミさん / モリモ
概要 ケーブルカーとリフトも駆使して武蔵御嶽神社まで登ってから、天狗岩と七代の滝まで散策。下山後は御岳渓谷のボルダリングを見物してから、小澤酒造へ。
おそろしく短いリフトに乗って御岳山の上へ。曇り空ながら見通しがよいのが嬉しい。(2008/09/28撮影)
七代の滝から長尾平分岐までの登り返しでへろへろになったうっちゃまん女史。睡眠時間1時間では、仕方ないよね。(2008/09/28撮影)
これが有名な御岳渓谷の「忍者返しの岩」。この岩にとりつける日は果たしてくるのか?(2008/09/28撮影)

2008/09/28

■10:25 リフト上 ■11:00-15 武蔵御嶽神社 ■11:20 長尾平分岐

23日に引き続いて現場監督氏から「よければ湯河原幕岩へ行かない?」と誘われましたが、「28日は女の子たちを引率して奥多摩の御岳山ハイキング〜御岳渓谷ボルダリング見物〜小澤酒造試飲会のパチンコ」と回答……。本当は「女の子」などと呼んでは失礼にあたりますが、今回はうっちゃまん女史のリクエストでハイキング。ただし、かなりの飲んべえの彼女のために、清酒「澤乃井」で有名な小澤酒造見学をセットにしていて、実はそちらの方がウェイトが高いのです。

朝、新宿駅に停車中のホリデー快速おくたま3号で落ち合ったうっちゃまん女史は、見るからに疲労困憊。聞けば午前5時まで仕事が続き、タクシーで帰宅して30分の仮眠で出てきたのだそうです。普通なら当然リタイアですが、言い出しっぺの自分がドタキャンするわけにはいかない!とがんばって出てきたとのこと。かわいそうなうっちゃまん女史……。とりあえず車中は爆睡してもらって、ハイカーで賑わう御岳駅でクライミング / ラン友のハグロさん、彼のとてもかわいい奥さん、それにハグロさんの空手の後輩でやはりランに力を入れているモリモと合流。バスとケーブルカー、それにおそろしく短いリフトを乗り継いで眺めの良い展望台から東京方面の大観を満喫してから、武蔵御嶽神社を目指しました。

途中ちょっと痛々しい姿の神代欅を見上げながら、やがて道は鳥居をくぐって神社に通じる階段へ。ハグロさん & エミさんもモリモも元気一杯ですが、うっちゃまん女史は既に息も絶え絶え。

■11:40 天狗岩 ■11:45-12:00 七代の滝 ■12:25 長尾平分岐

神社で少し休んでから、せめて七代の滝くらいは見に行こうと山道に入りました。神社からすぐ下にある長尾平分岐はハセツネの第三チェックポイントが置かれる場所で、私もハグロさんも「おー、ここだここだ。ここまで来られれば安心するんだ」と少々興奮。来月が初ハセツネのモリモも、2週間後にはここを駆け抜けることになるのでしょう。

天狗岩で不謹慎にもボルダリングの真似事をしてから、長い鉄の階段を下ると七代の滝。といっても上の写真のように落ち口から数mの滝でしかなく、最初はなんだ拍子抜けだなと思いましたが、実は滝はここからさらに下に狭い幅で岩を抉って落ちていて、そのことに気づいて見下ろしてみるとかなりの高度感があり、なかなかの見応えでした。

さて、失った位置エネルギーは自分の足で回復しなければならないというのが山の掟。緩やかで歩きやすい山道の登りも、睡眠1時間のうっちゃまん女史には十分な苦行で、長尾平分岐に登り着いたときにはすっかりへろへろになっていました。幸いここから先は歩きやすい道が概ね平らに神社の下まで続いており、門前のお店群の中から何げに風情のある「蔵屋」を選んで腰を落ち着け、天ぷらとざるそば、それに釜飯などをいただきました。

■13:50 ケーブルカー御嶽山駅 ■14:10-14:55 御岳渓谷散策 ■15:00-16:40 小澤酒造

ケーブルカーとタクシーで御岳駅前の橋まで移動し、御岳渓谷に下りて川沿いを歩いてみました。勢いのある水流の上をたくさんのカヌーが盛んに練習している様子を眺めながら下流に移動すると、いたいた、ボルダラーたちが岩にとりついているのが見えます。ここ御岳渓谷は、ボルダリングのメッカのひとつで、登らないまでも岩を同定してみたいとデイパックの中に『日本100岩場』を忍ばせておいたのでした。御岳駅近くの橋を右岸から左岸に渡ったすぐのところにあるのが「すべり台岩」と「とけたソフトクリーム」、さらに下流に移動して対岸に見えるのがあまりにも有名な「忍者返しの岩」。いずれも大勢のクライマーがとりついていて、実に楽しそうです。

この御岳渓谷は、カヌーやボルダリングといったエクストリーム系ばかりではなく、河原で家族づれがお弁当を広げていたりカップルが七厘を持ち込んでいたりと、さまざまに楽しまれていました。玉堂美術館や「いもうとや」など立ち寄ってみたい場所も少なくありませんし、それらをつなぐ遊歩道が整備されていて安全に歩けるのもGood。今日は天気がいまいちで肌寒かったのがちょっと残念ですが、いずれボルダリングのために通う機会もあるでしょう。

本日のメインイベント、小澤酒造の見学は、時間にしてちょうど1時間。待合室のようなところでお酒の作り方の一通りの講義があった後に見学コースをぐるりと回って、酒造りに使われる澄み切った清水が湧くトンネルを見せてもらった後に、利き酒体験。大振りのぐい飲みになみなみと注いだお酒を飲ませていただいて、これが全部無料だというのが嬉しいポイント。当然それだけでは物足りないので、トンネルをくぐってちょっと離れた敷地内にある利き酒コーナーに場所を移して一杯200〜500円でいろいろな銘柄のお酒をいただき、皆すっかりいい気分になってしまいました。

さて、徹夜明けの登山道、御岳山長尾平分岐とくれば、これはもうハセツネ体験。うっちゃまん女史、来年はハセツネ出場でしょう!私は遠慮しておきますけど。