高原川沢上谷

山頂  
分類 北アルプス / 沢登り
日程 2008/08/10
同行 T女史 / Kさん
概要 乗鞍岳西面、奥飛騨の美渓・沢上そうれ谷を遡行。
click
不思議な形状の五郎七郎滝。上の画像をクリックすると、沢上谷の遡行の概要が見られます。(2008/08/10撮影)
こちらは岩洞滝。25mの直瀑ですが、落ちた水を受け止める岩の堅さにも驚かされます。(2008/08/10撮影)
蓑谷大滝。まさに「ぬりかべ」という感じ。(2008/08/10撮影)

→「王滝川鈴ヶ沢東股」からの続き。

2008/08/10

■07:25 入渓点の橋 ■07:50-55 五郎七郎滝 ■08:35-50 岩洞滝

5時過ぎに起床し、もろもろ準備を調えて沢上谷に向かいました。県道89号をくねくねと下って、右手に見えていた深い沢と道路が同じ高さになり、橋で渡るところが入渓点です。先行の数人のパーティーが準備しているのを遠目に見ながら、我々も橋の少し手前の道路がふくらんだところに車を停め、遡行準備。

橋の右手から下りた沢は、最初のうち暗いゴーロで何ともぱっとしません。時折ナメのようなものが現れはしますが、なんだかイマイチだなあと思っているうちに、右岸にナメ滝をかける支沢が登場しました。この奥に五郎七郎滝という見どころがあるとトポにあるので、ナメ滝の左壁を上がってみました。すると何やらよさげなナメの廊下が続いており、途中2カ所顕著な段差(滝)をかけて、その奥に何とも不思議にねじれた曲面からなる五郎七郎滝に辿り着きました。ここまで本流からたったの10分。何がどうしてこういうことになったのかわかりませんが、ゆるやかにうねりながら落ちる滝の上を、けっこうな落差があるのに水はしぶきを上げることなく滑らかに落ちてきています。うーん、これは確かに面白い。

元の沢筋に戻ろうとするとナメの廊下は下りでちょっと怖いですが、実はフリクションがきいているのでしっかり沢靴の底をつければ大丈夫。それでも草付の巻き道も利用しながら本流に戻って、遡行を続けました。

ちょっとしたナメや釜に癒されながら上流に進んで次の見どころは、やはり右岸の支沢を詰めたところにある岩洞滝です。こちらも本流から10分あまり面白みのない沢を詰めなければならなかったのですが、その奥には先ほどの五郎七郎滝とはずいぶん違って実に正統派の25m直瀑が、ハングした落ち口から水を落としていました。

ここでしばし休憩の後、また本流に戻って遡行再開。このへんから、ときどき楽しいナメが現れるようになってきます。特に斜めのナメというかスラブというかの上を水流が滑り落ちるところの先に、オープンブックを横倒しにしたような地形が出てきて、ここは左ページに両足、右ページに両手をついて全身ステミングで横移動します。すると、そのすぐ先にいよいよ、蓑谷大滝が登場しました。

■09:15-20 蓑谷大滝 ■10:20-35 遡行終了点の橋 ■11:30 入渓点の橋

蓑谷大滝は、スケールという点では先日の滑川大滝に遠く及びませんが、つるんとしたダムのような岩壁が唐突に立ちはだかるその「妖怪ぬりかべ」のような姿は、確かに偉容ではあります。乗鞍火山の働きのなせるわざなのでしょうが、それにしても不思議です。

巻き道は左岸。右手の草付から樹林帯の中を登って、頭上に岩壁が見えるところで左に続く踏み跡に入りましたが、これは失敗でした。トポによればもっと上まで上がりきればそこに杣道が走っているようなのですが、我々が入った道はまだ左岸の岩壁の途中。コーナーを曲がったところで高さ2mほどの白い垂壁になり、そこをガバに助けられながら(ショルダーも使って)越えた先の下り斜面がすとんと落ちていて、普通に歩いていける状況ではありません。まあそういうときのためにロープがあるわけで、しっかりした木の幹にロープを回して垂らし、T女史、Kさん、私の順に懸垂下降。上流側へ10mほど斜め懸垂すれば安定した斜面になって、そこからは踏み跡が蓑谷大滝の落ち口のすぐ上に続いていました。

沢上谷の最上の部分は、ここからその先の二俣までの間の明るいナメ床でしょう。ほとんど傾斜の感じられない真っ平らなナメ床の上を透明な水がさらさらと流れていくさまはなんとも楽しく、歩いているだけで幸せになってきます。しかし、その幸福はそれほど長くは続かず、すぐに二俣に到着しました。この二俣に右からかかる滝もつるりとした中に水流が穿った溝が面白い幾何学構造を作っているのですが、ちょっと傾斜が強いので上から垂れているフィックスロープのお世話になって上まで抜けました。

その先は、左右から樹林の下草が迫る中を一本の車道のようにナメ床がどこまでも続き、小学校の先生であるT女史は「これなら子供たちを水遊びに連れてきてもいい」と喜んでいましたが、あまりにも単調なナメ床の連なりに少々退屈してくる頃、前方に沢を横断する林道の橋が現れて、そこで遡行終了としました。

林道に上がり沢装備を片付けて、林道〜県道をつないで歩き、1時間弱の緩やかな下り道の歩きで車を停めた場所に到着。前日に鈴ヶ沢を遡行していたため、沢上谷のコンパクトさが少々物足りなくも思えましたが、随所に見どころを抱えたテーマパークのような沢で、これはこれで面白い沢でした。そして、二つの沢をつないだことで実に充実した二日間の沢旅となりました。

全ての行程を終え、T女史の車は高山に向かいます。途中のレストランで食事かたがたガソリン代等の精算をすませ、高山駅前で車を下りて、大阪方面へ帰るT女史・Kさんとお別れした後、高速バスでその日のうちに帰京しました。あいかわらずの腕の冴えを見せてくれたTさん、山屋としての脚力(と酒量!)は年齢とは関係がないことを教えてくれたKさん、本当にありがとうございました。沢はもとより、道の駅での宴会も最高でした。ぜひ、またご一緒しましょう。