王滝川鈴ヶ沢東股

山頂  
分類 北アルプス / 沢登り
日程 2008/08/09
同行 T女史 / Kさん
概要 御嶽山南面の鈴ヶ沢東股を遡行。小三笠山の北を巻いて中股を下降する予定だったが、雨による増水を懸念して田ノ原駐車場へ詰め上げた。
click
三段大滝。上の画像をクリックすると、鈴ヶ沢東股の遡行の概要が見られます。(2008/08/09撮影)
水勢の強い樋状滝。両足突っ張りでがんばって越えます。(2008/08/09撮影)
不思議な滝。滑り台の先に橋がかかり、その向こうの釜と水中でつながっています。(2008/08/09撮影)

2001年末のキリマンジャロのツアーで知り合った関西在住のT女史とは、その後赤木沢剱岳でご一緒していましたが、ここ5年ほどはご無沙汰。とはいえ時候の挨拶のたびにお互いに山の近況を知らせ合ってはいて、いずれ再び山行を共にしたいものと思っていました。なにしろT女史は小柄な女性ながらフリークライミング能力、脚力のいずれをとっても私より上。クライマーとしてすこぶる頼りになるパートナーなのです。そんなT女史との久しぶりの山行は、T女史がエルブルース登山で知り合ったという年長の友人Kさんも加えた3人で、御嶽山南面の鈴ヶ沢と奥飛騨の沢上谷を土日で遡行する、慌ただしくも楽しい沢旅となりました。

2008/08/09

■06:55 鈴ヶ沢橋車止め ■08:15-30 三沢橋 ■09:25-30 三段滝下

午前1時頃に木曽福島駅でT女史・Kさんと落ち合って、そのままT女史の車で近くの「道の駅三岳」に移動し、仮眠。朝、王滝村を抜けて鈴ヶ沢林道を奥へと走り、鈴ヶ沢橋の車止めの手前に車をおいて、沢装備をザックに入れて林道歩きを開始しました。トポではここから50分程で入渓点の三沢橋に着くはずですが、気がつけば道はどんどん西に向かっていて鈴ヶ沢から離れて行っています。これは道を間違えたに違いない!と車止めまで戻ると、いったん足を踏み入れたものの一見行き止まりに見えた分岐が正解で、ここでいきなり1時間弱のロスとなってしまいました。ところが、気を取り直して正しい道を進めば、30分もかからずに三沢橋に着くことができました。

沢装備になって、橋のたもとから入渓しました。出だしは明るいゴーロ。すぐに左に沢筋を分けて右=東股を進むと、最初の小滝が勢い良く水を噴き出しています。水流右から登れそうでもありましたが、まだ時間も早くて濡れるのが嫌だし、ウォーミングアップも十分ではないしで、右から簡単に巻きました。さらに二条滝やクレバス状の地形を越えて頭上に林道が通過するのを見送り、引き続き釜を持つ小滝などを越えていくと、正面にこの沢の関門とも言うべき三段大滝が見えてきました。

樹木に覆われたV字の谷に突如ダムのように現れた岩壁のハングした落ち口から落ちる三段大滝はなかなかの壮観で、T女史もKさんも、もちろん私も喜んで写真撮影。直登は不可能なので、左手から一段上がり、さらに踏み跡にしたがって左から巻き上がりますが、木にすがりながらのこの巻きは少々足元が脆く、傾斜もきつくて緊張します。しかし、T女史はもとより、年長のKさんもこの悪い巻きを難なくこなして登っていくのに、正直圧倒されました。実は、3人とも亥年。T女史は私と同年生まれで、とても上品な御婦人であるKさんは我々の一回り上。それでいてこのパワーは、いったい何としたことでしょう。もっとも、T女史は私にこっそり「酒を飲ませたらKさんは底なしですよ」と意外な正体(?)を耳打ちしてくれてはいたのですが……。

無事に三段大滝の落ち口近くに出て、小休止。Kさんが出してくれたカットスイカでほっと一息ついてから遡行を続けました。この沢は、ここからが実に楽しいところ。すぐに出てくるちょっとテクニカルな滝は右壁(III+)をガバに助けられながら登りますが、落ち口には支点も設置されているので慣れない人にはロープを出した方がいいでしょう。その後は次々に出てくる楕円形の釜と滑り台のような樋滝のセットを、あるいは巻き、あるいはへつりして越えていきます。

中でもひときわ大きな釜を左からあえてへつって越えると、それまでとはひと味違う樋滝が現われました。岩壁を断ち割ったようなV字の急な水路にひときわ勢い良く水が流れ、巻きもへつりも難しい……というより、ダイレクトに滝を突破するのが面白そうです。ここは志願して私が先頭に立ち、右から倒木の上を歩いて近づくと、岩壁に胸を圧迫されながら微妙なバランスで水流上に移動し、両足突っ張りのステミングでじわじわと身体を上げて、最後は丸くつるりとホールドに乏しいチョックストーンの左からなかば強引にのし上がりました。後続の二人にはロープを出しましたが、Kさんはゴボウでぐいぐいと登ってきましたし、T女史はもちろんノーテンであっさり突破。

勢い良く水を落とす滝を右から巻くと釜と樋滝の組み合わせが再び続くようになって、今度は不可思議な光景が登場しました。目の前のグリーンの釜はぐるりを岩に囲まれていて水が流れ込んでいないのですが、向こうには確かに水路状に樋滝が流れてきています。実はこの釜の上流側の壁はブリッジになっていて、樋滝の水は石橋の下、水中で手前の釜とつながっているというわけ。この石橋を渡って樋滝の右側を小さく巻き、さらに明るい釜を右から回り込んで斜滝の右手のスラブ状を登ると、その先に左から苔とも藻ともつかない緑に覆われた美しいナメ滝を合わせて、沢は右手へ曲がっていきます。

■11:30 洞穴 ■12:20 30m直瀑 ■14:00 車道

スダレ状の滝を右から巻き上がり、巨大な洞穴を横目に見ながら左から一段上がると、またしても釜と樋滝。最初は釜の右手をへつっていきましたが、気温も上がってきていることだし、とうとう我慢できなくなって釜に入り泳いで滝にとりついて、あとは易しいへつりで樋滝の右壁を上がりました。T女史やKさんも泳げばいいのに!さらにもうひとつ、澄んだグリーンがとても美しい釜でひと泳ぎしてほてった身体を冷やしましたが、前方に赤い壁が見えるようになってくるとさすがに源流に近いゴーロ帯になり、大岩を左右に交わしながらの遡行が続きました。また、この頃から上空に黒雲が広がり始めたのも気になります。

そして、倒木やゴーロで荒れた沢のどんづまりは、涸れた巨大な滝の跡。いかにも御嶽山らしい豪快な構造物を目の当たりにしてから、元きた道を引き返して滝の巻きにかかろうとしましたが、左岸を注視しながら下ってもどこから巻きにかかったらよいのか、目印もなくさっぱりわかりません。それでもこのへんだろうと見当をつけて左岸の樹林帯に適当にルートをとりましたが、この頃から「午後から雷雨」という天気予報の通りに雷が鳴り、ばらばらと雨も降るようになってきました。本当は、車を置いてある鈴ヶ沢橋まで戻るためにこの涸れ滝30mを巻いて上流の沢筋に戻った後、右岸を下流方向へトラバースし小三笠山の北の鞍部を越えて鈴ヶ沢中股を下降するつもりだったのですが、出だしでの1時間のロスが響いてきたのと、何より雨の降る中の沢の下降は避けたいので、予定を変更してそのまま田ノ原まで上がることにしました。そこで目の前の斜面が30m滝の左右に広がる岩壁に突き当たったところから右=下流方向へトラバースし、適当な場所で再び左上を試みたのですが、ここでKさんが浮いていたスレートの落石を受けて手の指を切ってしまいました。それでも我慢して登りを続けてくれたKさんをT女史が樹林の中の安定した場所まで連れて行って、手持ちのテープで応急処置。幸い他に傷は負わなかったようで、ずきずき痛む指先をかばいながらも遡行は可能のようです。また、嬉しいことに応急処置を行った場所のすぐ右手に、地形図でも確認できる沢筋を見つけ、これを詰めれば田ノ原に上がる車道に出られることがはっきりしました。

この支沢は両岸を笹と樹林に囲まれ、ところどころに数mクラスの涸滝を擁して、どことなく丹沢の沢に似ている感じ。あとは体力勝負で、地形図と高度計を見ながら「あと標高差○○m!」と励まし合いつつ登ると、途中で前方の高みに車道のガードレールが見えてきました。そこまで達するのにさらにひと頑張りを要しましたが、ここでもT女史・Kさんに追いつけません。やはり亥年の女性は、足腰が強靭なのでしょうか。それとも自分の脚力が足りないだけ?とにかく、なんとか車道に乗り上がって遡行終了。そこから田ノ原まではわずか10分の平坦な歩きでした。

■14:10 田ノ原

田ノ原から木曽福島方面に下るバスは、最終が15時。ゆっくり装備を解いて、携帯電話でタクシー会社を検索し連絡を入れたところ、6,000円出せば木曽福島からタクシーを出して、王滝村から鈴ヶ沢橋まで行ってくれるとのこと。バス代が王滝村まで一人1,000円、それにタクシー代を3人で割って一人2,000円だから3,000円の追加出費となりましたが、思ったほどはコストをかけずに車を回収できることになったわけです。

そんな具合にして鈴ヶ沢橋に戻り、再びT女史の車に乗って、鈴ヶ沢の一本東にある溝口川の上流の「王滝の湯」へ。さっぱりした後は王滝村の王滝食堂でイノブタ料理などを食し、長駆「道の駅ひだ朝日村」へ移動しました。ここまでくれば、あとは今日の沢の素晴らしさとお互いの奮闘を称え合い、明日の成功を祈って飲むばかり。コンビニで買い込んでおいたビールやら缶チューハイやらが、この道の駅での宴会において二人の女性によってあっという間に空けられ、私が持参した日本酒の900mlパックもまた同様の運命を辿ったことは、言うまでもありません。

→「高原川沢上谷」へ続く。