富士山

山頂  
分類 関東周辺
日程 2008/06/07
同行  
概要 富士スバルライン五合目から佐藤小屋経由吉田口山頂に登り、その日のうちに馬返しまで。

八合目あたりから雪が道を覆うようになりました。例年になく雪が多い様子。(2008/06/07撮影)

吉田口山頂の鳥居。狛犬も吽形の方が腰まで雪に埋もれています。(2008/06/07撮影)

1週間前、西丹沢の小川谷廊下に行くために待ち合わせた新松田から上半身を銀色に輝かせた富士山の姿を見て「この時期にしては雪が多いじゃないか!久しぶりに登ってみよう」と心に決め、帰宅すると直ちにバスを手配しました。これまでのパターンだと、土曜日の朝に新宿を発つバスに乗って昼前に富士スバルライン五合目に着き、その日のうちに吉田口山頂まで登ってから六合目まで下って佐藤小屋泊。日曜日に佐藤小屋から山頂まで登り返して、富士スバルライン五合目へ下る、というのが吉例なのですが、あいにくこの週末は佐藤小屋が営業しておらず、また日曜日の天気予報も悪かったので、土曜日の日帰りとすることにしました。

2008/06/07

■11:50 富士スバルライン五合目 ■12:10 佐藤小屋 ■16:05-20 吉田口山頂

渋滞の影響で予定に対し30分遅れでバスは富士スバルライン五合目に到着。持参したパンと水でそそくさと昼食をとってから、出発。水平道の入口にはでかでかと「この先富士山登山道はなだれにより大変キケンである為通行することは出来ません。」と書かれています。気にせず先に進むと、今度は泉ヶ瀧分岐から富士山安全指導センターまでの斜めの道が工事のため通行止めなので佐藤小屋まで迂回せよ、との看板。はいはいわかりました、とさらに足を伸ばして、佐藤小屋からの歩き慣れた道を登りました。八角堂から上の樹林帯の中にも残雪が随所に見られましたが、その上、安全指導センター近くの開けたところからはガス越しに上の方の雪の多さが見てとれます。

それでも七合目までは概ね夏道通りに歩けましたが、その先は雪が道を覆うようになってきたので、古いミレーのザックを下ろしてシューズを残雪期用登山靴に履き替えました。さらに八合目あたりからは登山道を完全にはずれて、山頂に向かって左寄りの雪面を直登しました。最初のうちは快調に高度を稼いでいきましたが、徐々に風が強くなって時折身を屈めて風をやり過ごさなければならず、しかも3,200mあたりから軽い高山病の症状が出始めて、ペースがすっかり落ちてしまいました。16時には引き返し始めなければ、と気ばかりあせますが、足はなかなか上がりません。山スキーヤーがすいすいと下っていく姿を横目で見ながら、20歩登っては一休みを繰り返しました。

九合目の鳥居の上の斜面で3人のスキーヤーがつぼ足で下ってくるのと行き合いましたが、そのうちの一人がこちらに「登らない方がいいですよ。風が強い。危ない」とアドバイスしてくれました。「ありがとう」と返事はしましたが、それは最初から織り込み済み。最後のひと登りを頑張って寒風と残雪と暗い空の吉田口山頂に到着し、かじかんだ手を息で暖めながら行動食がわりのクリームパンを食べ終えると、アイゼンをつけて直ちに下降開始。幸い雪は柔らかく、傾斜も大したことはないので、順調に下降することができました。上部の雪面ですれ違った単独の年配の男性はテント持参で、今夜は山頂に泊まると言っていましたが、相当寒い思いをしたのではないでしょうか?

七合目の東洋館に下り着いたのが17:50頃。いくら日が長い時期だとはいってもそろそろ日没を気にしなければならない時間帯ですが、そこで下から上がってきていた外国人の若い男性に声を掛けられました。

外「上まであとどれくらい?」
私「たぶん、3時間くらい」
外「雪は多いかな」
私「もちろん!風も強いし、第一もうこの時刻では下った方がいいよ」

彼は多少残念そうな顔をしたものの、一度下ってキャンプして、明日もう一度アタックすることにしたようです。富士山ではよくこのように、我々の感覚ではあまりに遅い時刻に上を目指す外国人に遭遇します。これまでは「計画性がないなあ」となかば呆れていたのですが、もしかすると彼らはもともと高緯度地域在住で、その感覚で時間を計っているのかもしれない、と思い至りました。たとえばツェルマットでは、夏は夜10時まで十分に明るいのですから。

ともあれ、これで遭難者を出さずにすんだ、と喜びながらひとつ下の鳥居荘まで下りると、そこにも外国人二人組が待っていて、私に声を掛けてきました。

外「上まであとどれくらい?」
私「……」

■18:45-55 佐藤小屋 ■20:00 馬返し

佐藤小屋から下界のタクシー会社に電話を入れて20時ちょうどに馬返しに迎えに来てくれるように頼み、すぐに登山道を下り始めました。しばらくは残照がきいて見通しがよかったのですが、20分ほども下るとすっかり日が落ちて、ヘッドランプの助けを借りて下るようになりました。歴史のある登山道であるこの道は、随所に江戸時代の遺構や解説標識があって明るければ飽きることがなさそうですが、夜の下降にはこれらもかえって不気味。幸いにも、以前この道を夜中に登ったことがあったので、なんとか約束の時刻通りに馬返しに下り着くことができました。