湯河原幕岩

山頂  
分類 関東周辺
日程 2008/03/09
同行 現場監督氏 / Sakurai師 / ムラタさん
概要 湯河原幕岩のサイレントヴァリーで半日を過ごす。

題して「サイレントヴァリーの半日」。全然登れなかったけど、楽しかった。(2008/03/09撮影)

click

「ミ・アモーレ」(5.10c)を登るSakurai師。このときは失敗したものの、後で見事にトップアウト。(2008/03/09撮影)

2008/03/09

■08:20 幕山公園 ■08:45-16:00 サイレントヴァリー ■16:20 幕山公園

谷川岳が敗退に終わったので、急遽湯河原幕岩でフリーを登ることになりました。そうなればもちろん、Sakurai師の出番。また、現場監督氏が「ストーン・マジック」でご一緒しているというムラタさんにも合流いただいて、4人で湯河原駅からタクシーに乗りました。

今年の湯河原幕岩は、春先の落石事故のためにてんとう虫ロック、正面壁といった人気エリアが登攀禁止になっており、我々もどんどん高度を上げてサイレントヴァリーに入りました。ここで登った(触った?)のは、以下の各ルート。

  • スレンテム(5.9)
  • 風の谷(5.10a)
  • 夜行人(5.9+)
  • まりや(5.10b/c)
  • ミ・アモーレ(5.10c)

……それにしても登れません。5.9の2本と「風の谷」はテンション混じりででも上へ抜けましたが、「まりや」は2ピン目の高さから上へ上がれず、「ミ・アモーレ」もTRながら途中からA0で遮二無二終了点に達した次第。一方、ムラタさんは「岳人列伝」(5.11a)をTRワンテン、さらに遠慮というものを知らないSakurai師は同じく「岳人列伝」をTRノーテンで抜けて、現場監督氏の神経を逆撫でしていました。

しかし、久しぶりにフリーをやると指も心も拒否反応を示していて、痛いし怖い。もっと通い込まないとダメだな。今年こそはフリー強化年間にしよう、と心に決めた一日でした(←毎年同じ事を言っている気がしますが)。