第27回フロストバイトロードレース

山頂  
分類 ラン
日程 2008/01/20
同行  
概要 第27回フロストバイトロードレース〔ハーフ〕。このレースには例年参加しているが、だんだんタイムが下がっているのにがっかり。

今年もまた、フロストバイトロードレース@横田基地に参加しました。

2008/01/20

この一週間、厳しい寒さが続いており、この日も夜には雪になる予報ですが、幸い日中は晴れてくれて、お日様が当たっているところはぽかぽかと暖か。毎度おなじみ、入口での身分証明書(運転免許証と受付ハガキ)との照合、手荷物検査ののちに基地内に入り、長袖Tシャツの上にシースルーのウインドブレーカーを1枚余分に羽織った格好でスタートゲートの前に並びました。

米軍の特殊工作員に調略される子供たち。そしてこれまたいつもの通り、カウントダウンもなくいきなり号砲が鳴って、列が動き出します。去年と異なるコース設定に少々とまどいながらも、基地の施設内をぐるぐると回って滑走路脇に出れば、開放感満点。滑走路をぐるりと回り込んだ位置から西を見ると、真っ白な富士山が上半身を雲に隠しながらも見えていて、その手前には奥多摩の山々がずらりと居並んでいます。このあたりで身体がすっかり暖まり、ランニング用のグラブを脱ぎ、上衣の袖を肘までまくり上げて走るようになりました。

滑走路の向こう側の施設群の中で10km地点を迎え、その時点でちょうど1時間、つまりキロ6分ペースで、このままでは2時間を切るのは難しそうだと思いましたが、日頃練習を一切していないせいでペースはどんどん落ちていくばかり。例年に比べて増設されている給水所やバナナサービスにもいちいち立ち寄り、大声で声援を送り続けてくれている基地職員の皆さんに手を振ったりハイタッチしたりしながら、最終的に手元の時計で2時間11分01秒でゴールインしました。結局2時間を切ることができず、キロ6分をも若干上回るペースとなってしまいましたが、ともあれ最後まで走りきることができたことでよしとしましょう。

テロリスト?実はチップ回収係の人。ゴールインの後はオレンジの配給もあってステキ……とは言うものの、走り終えた後のダメージの大きさは想定外で、これではフルマラソンは無理。荒川までに、何度かは走り込んでおかなくては。

完走後にもらった参加賞のトレーナー。えんじ色がキレイで、絵柄も気に入っています。

後日送られてきた完走証。年々遅くなっているのは、なぜ?