苦土川井戸沢〜中ノ沢〔下降〕

山頂 流石山1,822m
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2006/08/27
同行 kuroさん / 常吉さん / きむっち
概要 三斗小屋宿跡側からアプローチして井戸沢を遡行後、中の沢を下降。

click

一応核心部の15m滝。上の画像をクリックすると、井戸沢の遡行の概要が見られます。(2006/08/27撮影)

階段状の15m滝。水流左を容易に登ります。(2006/08/27撮影)

中ノ沢の下降。緩やかな下りの中にナメが続き、よい沢でした。(2006/08/27撮影)

沢登り界のフィクサーと異名をとるkuroさんと、那須の苦土川井戸沢へ。メールのやりとりを重ねて7月頃から企画していたこの井戸沢は、昨年あろうことか雪のために敗退したいわくつきの沢でもあります。kuroさんのお声掛けで、常吉さん・きむっちともご一緒することになりました。私は土曜日の夜にkuroさんのご自宅の近くの駅で拾っていただいて、kuroさんの車で深山ダムに移動。そこで常吉さんやきむっちと合流して、日曜日に井戸沢を遡行しようというのが、今回の基本プラン。Webに露出している程度にしかお互いに顔をよく知らないので、メールでkuroさんにあらかじめ写真を送っておいたところ、待ち合わせ場所となった大宮駅前で車の中からすぐに見つけてくれました。ま、こんなところでオスプレーのザック担いでいれば、誰だってわかりますかね。

kuroさんと私は22時頃、無事に深山ダムに到着。駐車場と言っていいのかどうかよくわからない広いスペースにkuroさんの大テントを設営していると、ほとんど時間差もなく常吉さん(これまたお目にかかるのは初めて!)、そしてきむっちが到着しました。そのまま、大テント内で宴会に突入。面識があるのはkuro / きむひろ、きむひろ / 私の組み合せだけなのですが、4人とも最初からすっかり打ち解けた雰囲気の中、kuroさん持参の豪勢なごちそうに常吉さんのワインときむっちの日本酒で話が弾み、気がつけば時計は午前2時を示していました。

2006/08/27

■06:45 林道チェーン ■07:40-55 苦土川入渓点 ■09:50 標高1,390m二俣 ■10:45-50 登山道

睡眠時間3時間で午前5時起床。なんとなく雨っぽい曇り空ですが、とりあえず身繕いをしてkuro号1台で林道を進みました。チェーンがかかっている橋の手前のスペースに駐車して、ここから緩やかな歩きで三斗小屋宿跡を目指す……のですが、先程から時折車が抜かしていくのはなぜ?実は、チェーンは簡単にはずれる仕組みになっていたということを、帰り際に知ることとなりました。ただし9月からは完全に閉鎖、と注意書きがしてありました。ま、歩きといっても大した距離ではなく、ウォーミングアップにはむしろ好適。それに、霧に煙る三斗小屋宿跡の雰囲気は諸行無常というか、ミャンマーとの戦争で廃墟となったアユタヤの遺跡を連想させるものがあって(←ちょっと大袈裟)、ここはぜひ歩いて入りたいところです。

三斗小屋宿跡を通過して少し下ったところが、苦土川(または湯川)。三斗小屋温泉へ通じる登山道が渡る橋をくぐったところで沢装備になって、もうすぐそこの右岸から合わさる沢が井戸沢なのですが、出合は完全に伏流ではっきり言って魅力ゼロ。ちょっと荒れた感じのごろごろ沢を「……なんだかなぁ」と思いながら詰めていくとすぐに水が現れて、やがて一見堰堤のような小手調べの3m滝を越えた先、沢筋が右に曲がるところにいきなり核心部の15m滝が出てきました。

ちょうど大人数の先行パーティーが右リッジにとりついていて、そのうちの一人は上部のハング気味の箇所でフィックスされたスリングをアブミ代わりにして登っています。あら、けっこう立っているのね、と見てとった私は基本的に「とらなくていいリスクはとらない」主義。ためらうことなく「ロープを出しましょう」と宣言しました。組み合せは、これまでロープを結んだことがあるkuroさんときむっちに組んでいただき、必然的に私のお相手は常吉さん。「ここは(年功序列で)常吉さん、リードいかがですか?」とお声掛けしましたが、実は常吉さんは井戸沢は初めてではなく、この滝もロープなしで登ったことがあるので、私にリードを譲ってくれました。先行パーティーが抜けきるのを待って、まずは常吉・塾長の紳士同盟が先行。リッジ下部を一段上がったところで立木に常吉さんがセルフビレイをとり、私が登っていきました。中段まではいたって簡単で、上部のハング気味のところも残置スリングをつかめば楽勝でしょうが、いくらリスクをとらない主義といってもそれでは面白くないので、岩壁に胸を押さえつけられながら慎重にホールドを探ると、右手を伸ばした先に好都合なガバホールド。こいつを頼りに最初両足左壁、ついでステミングで上へ抜け、そのまましばらく進んだ灌木に支点をとってビレイ解除としました。後続の常吉さんはまったく淀みなく上がってきて、ついで第2パーティーのリード・きむっちも問題なく突破。この後、きむっちのコールが滝の音に消されてkuroさんとの意思疎通に苦労したようですが、どうにか全員が15m滝を越えられました。それにしてもきむっち、肩からぶら下げているギアやスリングはそのまま店を開けそうなほど多いけど、もう少し軽量化してもよかったんじゃないの?

笹の中の踏み跡を辿って落ち口の上に下りると、そこはもう明るい茶色〜黄土色のナメ滝の始まり。のっけからつるんとした二条滝が我々を誘っていて、ロープをザックにしまった私がまずはフリクションで上に抜けてカメラを構えていると、さすがkuroさん、期待に応えて足を滑らせてくれました。その後も、ひとつ滝が終わるともう次の滝が目の前に待っているという感じで、文字通り息をも継がせないくらいに滝が続きます。しかも、そのほとんどが直登可能。途中、立った5m滝で左から小さく巻き上がってから沢筋に下りるのがちょっと思い切りを要した(残置スリングあり)のと、15mの階段状の滝の中段(残置ピンあり)でkuroさんにきむっちからお助けスリングが出たくらいで、あとはすいすい登っていけました。ガスの中の沢登りであってもこれは実に楽しく、4人とも笑いが止まりません。

さらに途中4mくらいの真ん中から登れば易しい階段状の滝を、わざわざホールドの細かい右壁に取り付いてIV級くらいにして遊んだりしているうちに、いつの間にやら標高1,390mの二俣。ここはガイドにしたがって右俣に入りました。ここからは水量がずいぶん減りましたが、それでもナメ滝はまだいくつか続きます。ただ、あまりに楽しかったので飛ばし過ぎたのと傾斜が急になってきたこともあって、さすがに足を上げるのがきつくなってきました。おまけに気温も湿度も高く、汗が噴き出してきます。しかし先頭を行くkuroさんは一向に休む気配がないので、二番手の私が後ろから声を掛けてみました。

塾長「(恐る恐る)休憩入れますか?」
kuro「(振り返りもせずに)いえ大丈夫」

ああ、無情!……というより、ここは「休憩入れますか?」じゃなくて「休憩入れていただけますか?」とお願いしなければならなかったのです。日本語って、本当に難しい……。後で聞くと後ろを行く常吉さんもこのあたりはつらかったそうなのですが、結局kuroさんの爆走は最後まで続き、そのまま踏み跡を辿って腰までのわずかな笹漕ぎで稜線の登山道に到着したのでした。

■11:00 流石山 ■11:30 大峠 ■12:05 中ノ沢入渓点

何はともあれ遡行終了。しかし、この後もう一度沢に入るので沢靴は履いたままで行動食を口にし、一息ついてから流石山経由で大峠へ移動。時折青空が頭上に広がる中を到着した流石山の山頂では、出だしの15m滝で見かけた大人数のパーティーが休憩していました。我々もけっこう速かったと思うのに全然追いつけなかったのですから、相当足が揃っていたのでしょう。また、大峠への道はガスの中で展望にこそ恵まれなかったのですが、ハクサンフウロ等の高山植物がそこそこの密度で咲いていていい感じでした。流石山から先もしばらくは水平な明るい尾根道で、晴れていれば熊見曽根越しに茶臼岳までも見通せたに違いありません。

戊辰戦争の戦場のひとつである大峠へは、広闊な斜面をかなりの急降下となります。この斜面でぐっと高度を下げるからこそ、この後に下る中ノ沢の下降が緩やかなものになるわけです。大峠には登山者や沢登りのパーティーが休憩していましたが、我々はそのまま素通りし、三斗小屋温泉方面の道に入りました。狭いがよく歩かれている登山道をさらに下り、峠沢を越えると標識のある分岐。笹がかぶさった右のルートは旧街道で、三斗小屋宿に向かう昔からの道ですが、ここは三斗小屋温泉方面に直進しました。三本槍岳からの尾根筋に広がる美しいブナ林を愛でつつ抜けると、すぐそこが中ノ沢。道は沢を渡って向こうに続いていますが、我々はここでヘルメットをかぶり直して、沢の下降にかかりました。

中ノ沢の下りは出だしこそ平凡ですが、しばらく下ると濃い茶色のナメが広がるようになります。樹林の中、川幅いっぱいに広がるナメをひたひたと歩いたり、水流が岩をえぐって作った不思議な造形にみとれたりしながら、しかも斜度がほとんどないので実に安全に下ることができました。盛夏だったらドブンと飛び込みたくなうようなプールもあったし、それにこの沢は苔もまた美しく、純和風の渓流美を味わうことができました。井戸沢を遡行する多くの人にこの沢の美しさを知ってほしいと思いますが、ここに足を踏み入れるときは、苔を踏んではがしたりすることのないよう中ノ沢を優しくいたわりながら下ってもらいたいとも思います。

■12:45 峠沢出合 ■13:45-14:00 苦土川入渓点 ■14:50 林道チェーン

途中で峠沢を右から合わせ、途中休憩も交えながら下降開始後2時間弱で橋が現れて、ここで沢歩きは終了。沢靴を脱いでスニーカーに履き替え、楽しかった今日の遡行・下降を思い思いに振り返りながら、林道を車までてくてくと歩きました。

kuroさん・常吉さん・きむっち、どうもありがとうございました。また機会を作って、沢や岩でご一緒しましょう。とりあえず次は(その後別の沢でケガしてしまった)kuroさんの復帰祝いを兼ねて、どこかのゲレンデからかな。