笛吹川東沢釜ノ沢東俣

山頂 木賊山2,469m
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2006/08/19-20
同行 デチ / オグ
概要 奥秩父の名渓とされる笛吹川東沢釜ノ沢東俣を遡行。初日は両門ノ滝の手前でテント泊、二日目に急登を続け稜線に出て戸渡尾根を下山。
click
魚留滝。上の画像をクリックすると、釜ノ沢東俣の遡行の概要が見られます。(2006/08/19撮影)
両門ノ滝。まるで円形闘技場のように見事な造形と左右の岩の色の違いに驚きます。(2006/08/20撮影)
木賊沢(右)との二俣。登路は中央の樹林の中。(2006/08/20撮影)

元職場仲間のデチとオグを「焚き火の沢」へ連れて行くことになりました。どこにしようかとあれこれ考えましたが、自分も前から行こうと思っていた釜ノ沢が、メジャールートだけに安全でもあるだろうと考えて、いろいろな人の記録を読み込んでみました。

2006/08/19

■09:50 西沢渓谷入口 ■10:30-45 東沢入渓点 ■15:00-10 釜ノ沢出合

新宿をあずさ73号で発って9時前に塩山駅着。3人で豪勢にタクシーを使って西沢渓谷入口に降り立ちました。ここからしばらくはよく整備された遊歩道で、軽装の観光客や登山者も大勢歩いています。戸渡尾根からの下山口の前を通過するところで「明日はここに降りてくることになります」「ふーん」「へー」などとのどかな会話を交わしましたが、翌日、身も心もぼろぼろになってここに降り立つことになるとは、この時点では二人とも知る由もありません。西沢山荘前を通り、自動車のかたちの田部重治文学碑を眺めて二俣にかかる吊り橋を渡ったところで、東沢渓谷は入山禁止!との黄色い看板が立っています。ま、これは沢ノボラーは適用除外でしょう、ということで踏み跡に従って林の中に分け入り、すぐに東沢の河原に降りました。

沢登りの格好に換装して、遡行開始。鶏冠谷入口を右に見送って奥へ進むとすぐに左岸にピンクのテープが現れて、明瞭な巻き道に導かれました。この道は、ところどころ高度を上げたり逆に沢へ下りたりしながらも、迷うようなところはなく順調に先に進めます。事前の情報ではホラノ貝沢には朽ちかけた木橋がかかっているということでしたが、既に完全に落ちてしまって、丸太が斜面に散乱している状態でした。しかし、ホラノ貝沢は問題なく河原に下ることができ、そこから神秘的なホラノ貝ゴルジュの入口を覗き込むことができました。

再び高巻き。暑さと湿気の高さで不快指数がうなぎ上りになっていきましたが、崩壊地を過ぎてしばらく行くと、とうとう高巻き道は終わり、明るい沢歩きが続くようになりました。しばし進むと、沢の中に見事なグリーンのプールが……。ザックを置いて、しばし遊泳タイム。デチとオグの二人が立ち泳ぎで浮かぶ様子は、シンクロナイズドスイミングのようです。

ここから釜ノ沢出合までもそこそこ長いのですが、飽きるということはありません。右岸に乙女ノ沢の垂直な壁を見上げて「あそこはアイスクライミングでよく登られているんだよ」「ほえー」、左岸からの東のナメ沢ではちょっと奥まで上がって大スラブを見上げ「これはクライミングシューズの課題」「なるほどー」、ついでに下部のスラブで滑り台を味わってみました。左岸からつるつるの斜面が沢の中へ落ちている場所を滑りかけながら通過し、西のナメ沢を見送った先の真っ白な小ナメでウォータースライダーなども楽しんで、のんびりと進みます。やがて、釜ノ沢の出合に到着。ここにも幕営適地はありましたがまだ時刻も早いので、小休止の後、先に進むことにしました。

■15:15 魚留滝 ■16:30 幕営地

釜ノ沢に入ってすぐに、目の前に立派なスラブ滝が現れました。これが、魚留滝です。まずは正面に回ってルートを確認……といってもこれは一目瞭然で、左の壁にある顕著なフレークをつかんで乗り上がれば簡単。そこまでの間にも2つ浅い窪みがフットホールドを提供してくれていて、ボルダリンググレードで7級くらいか?というわけで、まずは私がお手本。2つ目の窪みに立ったところからフレークに向かって右へ手を伸ばすのがちょっと遠いですが、とりあえず難なく解決して上へ抜けました。続くデチは、ザックの重さに引かれて思うように身体を伸ばせず、2度悲鳴を上げながらずるずる落ちてしまいましたが、最後は無事に抜けてきました。オグも問題なく一撃。

魚留滝の上、もうひとつきれいな白いナメ滝をぺたぺた歩いて越すと、そこからが千畳のナメの始まりです。こじんまりしたナメの上を水がひたひたと流れていて、適当なラインを選んで水の中を歩いて行くのがなかなかいい感じ。5分程で出てくる水勢の強い7mナメ滝は水流すぐ左のフレーク頼りに直登、その上はちょっと足がかりが乏しそうなので左から巻き気味に登りました。さらに気分のよいナメを歩くと、大きな釜を持つ7m曲り滝。これは左岸(右)から高巻きました。

そろそろ、今日の泊まり場を決めなければなりません。先行の女性二人パーティーがきれいに整地された場所でテントを張っているのをうらやましげに眺めながら先に進み、けっこう進んだところで、沢が左に曲がるところの台地上にどうにか2張りとれそうなスペースを見つけました。念のためザックを置いてその先も偵察しましたが、そこから数分の両門ノ滝までの間にこれ以上の適地は見当たらず、ここを今宵の宿と定めました。

台地上にテントを設営し、木の間にロープを渡して濡れものを干し、薪を集めて焚き火の準備。夕食は、デチのチョイスでペンネとポトフ。火もそこそこ燃え上がったし、オグが持参したお酒もどんどん進んで楽しい夜となりましたが、ふと見るとデチがあられもなくお尻を焚き火に向けて横になっていました。ウォータースライダーがいけなかったのか、お腹を冷やしてしまったようです。適当なところでテントに戻って、暗闇の中で「芸能人しりとり」などでさらにしばらく遊んでいるうちに、夜は更けていきました。

2006/08/20

■07:10 幕営地 ■07:15 両門ノ滝

二人はシュラフで暖かく眠れたと思いますが、ラガーシャツ1枚にシュラフカバーだけの私はちょっと寒かった。せめてTシャツを下に着ればよかったな。ともあれ4時に起床し、火熾し。朝食をゆったりいただき、朝のお勤めも済ませて、昨日の女性二人パーティーを見送ってから我々もおもむろに出発。

すぐに着いた両門ノ滝は、実に見事です。円形闘技場のような空間に左右から滝がかかり、右は赤茶・左は緑白と岩の色が異なっているのが不思議。どこを登るのかな?と眺めると、踏み跡は東俣の右手から上がっており、ちょっと登ったところの灌木で支点を作って私が水流際にロープを引っ張りました。途中1箇所残置ピンにランナーをとり、ほぼ30m一杯で安定したところで確保に入ります。といっても30mロープ1本で登っているので、オグにはゴボウで登ってもらい、デチを上から引き上げるかたちとしました。若干バランスを求められる傾斜ですが、二人とも安定した登りで登ってきてくれました。

その先わずかで、二つの滝が合わさる場所に出ました。右がマヨイ沢、左がヤゲンの滝15mで、ルートはマヨイ沢の左の緩やかなカンテを登ります。カンテの途中には残置スリングもありましたが、木につかまりながら登ればまったく問題ありません。むしろその先に出てくる6m滝の方が面白く、左壁をIII級程度の登りとなりました。

快適そうな広い幕営適地を抜けて、広河原となりました。このゴーロ歩きは長いと聞いてはいましたが、本当に長かった……といっても時間にすれば1時間程度なのですが、単調なゴーロに倒木も時折行手を塞いで、遡行者に意地悪をしているとしか思えません。なんとかここを耐えて登り、ようやく四段40mナメ滝に到着。一段目は四角い板状の岩が組み合わさったような複雑な形をしていて、取り付いてみると肝心のところでホールドが乏しくIII+はありそう。二人には左から巻くよう指示して先に進みました。その上にはワンポイント、股関節の柔軟性とフェルトのフリクションにモノを言わせて両足突っ張りで身体をじわじわと引き上げる箇所があり、ここでデチは見事にフォール。気を取り直してなんとか上がってきましたが、そのままばったり倒れ込んでしまいました。その上も、フリクション頼みで水流左寄りをじわじわと上がりましたが、安全を期するならはっきり左手の水がないところを登れば容易です。

四段滝の上でミズシ沢を左に分け、帯状にまだら模様がついた岩床を歩いてさらに遡行を続けました。ここからガイドブックでは「ナメ小滝が続く」とあるのですが、どうも全体に沢が荒れ気味でゴーロ石や倒木が目立ちます。沢が大きく左に曲がるところでは斜面の大崩壊とともに巨大な倒木が沢を埋め尽くしていて右岸(左)を巻きましたが、踏み跡が落ち着いていないところを見るとこの倒木はそれほど古くなさそう。昨冬の大雪のせいなのでしょうか?

さらに傾斜のある滝を各自適当にラインをとり、木賊沢を右に分けて樹林帯の中の道、再び沢に戻ってナメ滝をひたすら登ります。このへんになるといい加減登りに飽きてきた上に、天気も悪く今にも雨に降られそうな様子だし、早いところ小屋に着かないかとばかり考えるようになりました。デチとオグの二人も息があがり、すっかり無口になってしまっています。

■11:40-12:00 ポンプ小屋 ■12:10-50 甲武信小屋 ■11:50-12:00 戸渡尾根登山道入口 ■12:15-20 西沢渓谷入口

長い長いハードワークの末に、ようやくポンプ小屋に到着。ここから甲武信小屋までは登り10分でした。

小屋に飼われている子犬に癒され、おでんで身体を温めて、ほっと一息。天気がよければ甲武信岳の山頂を踏むつもりでしたが、あいにくのガス模様なのでとっとと下ることにしました。といっても戸渡尾根を下るためにはまずは木賊山への登りがあって、これはイジメではなかろうかと被害妄想にかられてきます。登りの途中の開けたところで、登ってきた釜ノ沢の谷筋の深さを見下ろすことができるのが、唯一の慰めです。

そして、単調で長い戸渡尾根の下り。ここは以前ヌク沢を遡行したときにも下っていますが、そのヌク沢を渡って軌道跡に辿り着くまでが本当に長く、案の定、最後の方ではデチは半泣きになってしまいました。それでも歩みを停めずに下りきったのは、二人とも立派です。

前日「明日はここに降りてくることになります」「ふーん」「へー」と確認し合った登山口に、へろへろになってなんとか到着。しばらくぐったりしてから、最後の余力で西沢渓谷入口まで歩きました。幸いにも売店がまだ開いていて、ここでお蕎麦やカレーでエネルギーを補給することができました。バスはもうなくなっていたので、タクシーを呼んで塩山駅近くの温泉?公衆浴場?に運んでもらい、駅前の食堂で軽く打上げ。帰りの列車の中で3人とも爆睡したことは、言うまでもありません。

ともあれ二人とも、お疲れさまでした。まぁ、山登りをほとんどしたことがない二人が今日一日で1,000m登って1,300m下ったのですから、そりゃきついですわな。実を言えば、かくいう私にも十分きつかったのですから……。