丹沢主稜縦走

山頂 塔ノ岳1,491m / 丹沢山1,567m / 蛭ヶ岳1,673m / 檜洞丸1,601m
分類 関東周辺
日程 2006/05/05
同行  
概要 大倉から塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸を越えて犬越路から西丹沢自然教室に下る主稜縦走を、ワンデイで。
丹沢主稜ワンデイ縦走は、春の手頃なトレーニングコース。(2006/05/05撮影)

明神岳で風雪に吹かれてそれなりに春山を堪能した自分ではありましたが、その後も連日好天が続いているとなると、都会でぼけっとしているのも芸がありません。それなら富士山にでも行ってみるかな、といったんは考えましたが、「新緑の山を一人でのんびり歩くのも悪くないんじゃないか?」と思い返し、久しぶりにハーネスをつけない癒し系の山行を計画してみました。選んだ行き先は、1989年以来の丹沢主稜縦走のワンデイ。一応の課題としては、(1)大倉から塔ノ岳まで2時間未満、(2)バスで行ってスタートしてバスで帰れる時刻までにゴールイン、の2点を設定してみました。

2006/05/05

■07:00 大倉 ■08:04 堀山の家 ■08:51-09:00 塔ノ岳

始発電車で渋沢の駅に降り立ち、ただちにバスに乗って大倉へ。7時ちょうどに出発。ゴールの西丹沢自然教室の最終バスが17時05分のはずだから、10時間以内に抜ければよい計算です。今日もいい天気で気温が高くなりそうですが、とにかくゆっくり休まないように登り続けて、予定通り2時間未満で塔ノ岳山頂に到着。早くも見通しが悪くなってきていますが、それでも今日歩くことになる山々はほとんど見ることができました。

click

ところが、ここでずいぶん早い昼食(なにしろ朝食が5時頃だったもので)をとったときに、あらかじめ行動食として用意していたスニッカーズ2本を自宅に忘れてきたことに気がつきました。が〜ん。ザックに残っているのはゼリー2本とエネルゲン1.5リットルのみです。早くも前途多難……。

■09:28 竜ヶ馬場 ■09:44 丹沢山 ■10:53-11:00 蛭ヶ岳 ■11:54 臼ヶ岳

気を取り直してひたすら飛ばす……と言いたいところですが、大倉尾根の登りがこたえたらしく思うように腿が上がりません。しばらくはガイドマップのコースタイム通りで我慢するしかないでしょう。それでも相変わらず竜ヶ馬場はきれいだし、登山道には意外に人がいないしで、ハイキングとしては実に気分よく歩けます。しかし、蛭ヶ岳からの急降下はけっこうスリリング。角度はきついしザレザレで滑りやすいし、下手すると先日の明神岳主稜の下降よりも怖いかもしれません。そしてここから檜洞丸までのアップダウンが案外厳しく、いつの間にか恐れていたシャリバテの気配が忍び寄ってきました。

■13:13-22 青ヶ岳山荘 ■13:25 檜洞丸 ■14:40 犬越路 ■15:20 用木沢出合 ■15:38 西丹沢自然教室

檜洞丸山頂直下の青ヶ岳山荘に到着。何か食べるものはないか……というさもしい顔で小屋に入ってみると、中では品のいい女性パーティーがコーヒーで歓談中。その中のひとりがこちらにもコーヒーを勧めてくれたのに対して「いえ、お腹がへってるんですが……」と情けない声を出すと「今なら淹れたてのコーヒーにカステラがついているわよ」とのこと。どうやらこのパーティー向けの特別サービス(250円也)だったらしいのですが、小屋番さんも「これじゃ原価割れだよ」とか言いながら私にコーヒーを注いでくれて、このカステラ一切れとコーヒー1杯のおかげで、この後の2時間余りの活力を取り戻すことができました。皆さん、ありがとうございました。

小屋のすぐ上が檜洞丸の山頂。犬越路方面を見ると、西に広がる雲海の末端が尾根筋に滝のようにかかっているダイナミックな光景が目に入りました。その雲の中へ、ひたすら尾根を歩いていきます。先程までとうってかわってひんやりとした空気の中をどんどん高度を下げて、やがて懐かしい犬越路。ここから用木沢出合、そして西丹沢自然教室までは、もう一投足。ちょうど15時40分のバスが乗客を乗せ始めたところへ下り着いて、そのまま山旅の余韻に浸る暇もなく、車中の人となりました。