広沢寺弁天岩

山頂  
分類 ゲレンデ
日程 2006/03/04
同行 かっしい / デチ / まっきー
概要 岩登りのゲレンデ・広沢寺弁天岩で初級岩登りトレーニング。

今日の広沢寺はガラ空き。おかげで気分よく練習ができました。(2006/03/04撮影)

2006/03/04

■10:30-16:00 広沢寺弁天岩

インドアでは何度も一緒に登っているかっしい・デチ・まっきーの3人娘(?)の初外岩体験のため、広沢寺弁天岩へ。かっしいに出してもらった車を駐車場に停めて、今日も岩場は激混みなんだろうなと思いながら坂道を急ぎましたが、着いてみれば海上保安庁のレスキュー訓練とアイゼントレーニングの二人組だけで実に静かなもの。拍子抜けしながらも壁に自由にラインを引けることを喜びました。

まずかっしいにビレイしてもらって傾斜の緩やかな右壁の左端にTRを張ってから、3人ローテーションでクライムアップ→ロワーダウン、クライムアップ→クライムダウン、クライムアップ→懸垂下降。ぽかぽかと日が当たって暖まった岩に手をかけて登っていくのは実に楽しく、先生役の私もうきうきしてしまいますが、3人ともインドアでそれなりに経験を積んでいるだけに、登りはほとんど問題なし。クライムダウンも、3人とも登山経験はほとんどないはずなのに、それでもなんとかこなして降りてきました。懸垂下降も……まぁよしとしましょう。これらを各1セット行ったところで、他に人がいないことを幸いと日だまりの中でランチタイム。暖かいのは嬉しいのですが、花粉も元気を出してきているようで、まっきーはくしゃみが止まらず、私も目が痒くなってきました。

一休みした後で、いよいよ大スラブの上まで登ることにしました。グーパーで3人を1+2に分けて、まずはまっきーを連れてクラックルート。まっきーは3人の中では一番背が低い(149cm)のでクラックの出だしの2手が出せるかな?とちょっと心配でしたが、問題なく登ってきて感心。「怖かったです〜」とか言いながらも、彼女は登りに関してはとにかく思い切りがいいのが美点です。この登りでは10.5mm1本で登ったので懸垂下降も2ピッチに切りました。続いて、日がかげってかなり気温が下がってきた中を、残る二人を連れて一般中央ルートを登りました。こちらもかっしいは安定した登り、デチは後で「ギブアップしようと思ったけど、途中でやめても戻れないことに気づいてがんばった」と言っていましたが、とにかくIV+のルートをフォローとはいえテンションかけずに登りきったのは大したものです。終了点からの景色に喜び、カメラに向かってお色気ポーズなどをとったりしている二人を残置して、ロープ2本をつないで一気に下降。かっしいに続いてデチの牛歩下降で全ての課程を終了して、広沢寺を後にしました。

あとは例によって七沢荘の露天風呂で温まって、海老名の九州料理屋で打ち上げました。3人とも、お疲れさまでした。