第25回フロストバイトロードレース

山頂  
分類 ラン
日程 2006/01/15
同行  
概要 第25回フロストバイトロードレース〔ハーフ〕。ゴール間近で肉離れ(痛)。

2006/01/15

前日までの冷たい雨が嘘のように、今日はピーカンの青空。その空の下、横田基地で開催された「フロストバイトロードレース」に参加してきました。このレースは、横田基地のYokota Striders Running Clubが主催するレースで、今回はその第25回と由緒ある大会です。コースは横田基地内の滑走路の周囲を走るもので、説明文によれば「The course is FLAT AS A PANCAKE and provides a stunning view of Fuji-san and some really cool airplanes.」とのことです。

入口で写真付きの身分証明書と顔を照合、さらに空港でもやる金属探知機でのボディチェック、手荷物検査ののちに基地内に入ると、中でも迷彩服の人たちによる交通整理がされていて、ここは日本ではないのだなあと実感。人の流れにしたがって奥へ進みゴール地点に着くと、ちょうど5kmのトップがゴールインするところでした。近くの体育館に荷物を預けて出走時間を待ち、定刻通りのスタートでゆったり走り出しました。

コースは最初は建物の間の道を進みますが、やがて軍用機もちらほら見える滑走路脇に出て、そのまま広大な滑走路をぐるりと回るロングコースに入ります。見通しが抜群にいいので自分が21kmのコースのどのへんを走っているのか直感的にわかりますし、なにしろ滑走路の周りだからごくごく平坦で走りやすいコースでした。遠くには富士山が純白の姿を見せているし、近いところでは大岳山が入道頭を見せていました。その右手の少し遠い高い山は、たぶん雲取山でしょう。こうした山々の姿を眺めているだけでも飽きないし、こういうレースでは必ず登場するコスプレももちろんいて、全身唐草模様のカップルとか牛とかサンタとかゴレンジャーとか、そしてレイザーラモンHGも「フォー!」とか言いながら走っていました。

残念ながら、残り3kmのところで前触れなしに左のふくらはぎがつってしまい、屈伸をしたりしながらさらに少し走りましたが痛みがおさまらず、最後の2km強は足をひきずって歩かざるを得ませんでした。おかげでタイムは手元の時計でネット2時間5分程と極めて不本意です。まぁ、これまでろくに練習しなかった自分が悪いんですが。それでも一応21kmを走り通せたことをもって、今回のところはよしとすることにしましょう。

(……と呑気に構えていたら、どうやら肉離れだった模様。早く治ってくれ!)

このレース、横田基地の全面的な協力で実施されているようですが、スタッフのフレンドリーな笑顔はもとより、基地職員の子供たちがボランティアで参加していたり一所懸命の応援を送ってくれたりと、気持ちのよいホスピタリティが感じられて気に入りました。来年もぜひ参加することにしよう。

ゲートで写真付きの身分証明書と顔を照合、さらに空港でもやる金属探知機でのボディチェック、手荷物検査。ただし雰囲気はものものしいものではありません。会場内でも目立っていたのは迷彩服……ですが、ここはMEDICAL SERVICESなので安心すること。

滑走路沿いのコース。ぐるりと回ると遠くに純白の富士山が大きく、また近くでは大岳山も特徴的な山容を見せていました。そして、この日もコスプレランナーたちの姿を大勢見かけました。レイザーラモンHG役の人は、何度「フォー!」と叫んだかわからないでしょう。

参加賞のトレーナー。なかなかかっこいい。

後日送られてきた完走証。ネットタイム2時間5分36秒とあります。