大洞川荒沢谷桂谷〜アシ沢〔下降〕

山頂  
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2005/11/05-06
同行 ひろた氏 / きむっち
概要 雲取山北西面に突き上げる大洞川荒沢谷桂谷を遡行。途中テント泊を交えて稜線に抜けてから、雲取山荘の裏からアシ沢を下り、入渓点に戻る。
click
桂谷の15m滝。上の画像をクリックすると、初日の遡行の模様が見られます。(2005/11/05撮影)
桂谷上流の小滝。このあたりは易しい連瀑帯になっていて楽しい。(2005/11/05撮影)
click
アシ沢での懸垂下降。上の画像をクリックすると、二日目の遡行&下降の模様が見られます。(2005/11/06撮影)

10月下旬にわらじ納めをするはずがすっかりスベってしまった私。ひろた氏が珍しく「女子大生のいる沢に行こう!」プロジェクトを立ち上げるというので、わらじ納めのやり直しも兼ねて一石二鳥(←なにが?)と話に乗ったところ、いつの間にか企画は「焚き火の沢」となり、しかもおよそ女子大生など棲息していそうにない奥秩父北面の大洞川支流となってしまいました。なんか話が違うんじゃないか?と忸怩たる思いを抱えつつ、しからばと久しぶりにきむっちにも声を掛け、3人で土曜日の早朝に西武秩父駅前に集合しました。

2005/11/05

■09:05 荒沢橋 ■09:45 桂谷出合

林道奥の駐車場のすぐ手前の荒沢橋右手から、入渓。今日はよく晴れて明るい光が谷の中にまで射し込んできていますが、やはり落葉が両岸の斜面を埋め尽くしていて、秋深しの感があります。ところどころのワイヤーがうるさいものの、透明度の高い水が流れる穏やかな沢筋を行くこと20分程で、立体的な滝の連続にぶつかりました。小さな釜や水路を持った複雑な構造がまるで明日香の酒船石を巨大にしたような感じで、最後の斜瀑は泡立つ水流の上を楽しく渡りました。キノコに詳しいひろた氏は遡行よりもキノコ採りに忙しく、倒木を見つけてはその裏に生えているキノコをビニール袋に詰めています。やがて大きな丸い石がよい目印となる最初の枝沢との出合に到着。左から入ってくるこの枝沢が、目指す桂谷です。

桂谷に入ってすぐにしっかり立った6m滝が現れますが、水流右を豊富なホールドを使って簡単に上がれます。その上に続く4m滝も右側から登ると、小さな釜とつるんとした壁を持つ5m滝が現れました。夏なら釜にじゃぶじゃぶ入って奥のディエードル状の流芯を登るところですが、季節も季節なので右壁から簡単に越えました。休む間もなく現れる小滝は、水流左脇の壁のホールドが微妙に細かくて面白いところ。そしてこれを越えると小さな暗いゴルジュになっていて、私ときむっちは左岸のちょいと滑りやすいスロープから抜けましたが、ひろた氏は両足突っ張りで正面突破。やるなぁ、と感心しつつ左に曲がると、奥に15m斜瀑が現れました。

この15m斜瀑、見るからに壁はつるつるだし、ガイドブックにも「直登は無理で、左のルンゼから木の根をつかんではい上がりトラバースする」とあります。さて、どのルンゼのことかな?と左上に立った壁を見渡していると、やおらヤッケを着込んだひろた氏が「ちょっと見てきます」と突っ込んでいきました。そのままひろた氏は、左手の斜めの壁に足をフラットに置き、右壁に手を突っ張って横歩きの要領で徐々に高さを上げながら奥に入り込み、下から5mくらいのところから上を伺っていますが、どうやら水流の強さとホールドの乏しさに直登をためらっている模様。そうでしょうそうでしょう、無理せず巻こうよ、と両腕で「引き返せ〜」のサインを送ると、ひろた氏から返ってきたのは「上からザイル投げてもらえます〜?」のコール。そう来ますか……。

ひろた氏の位置は水流をけっこうかぶっているので、時間がたつと彼の体温が下がってしまいます。これは急がねば、とあせってろくにルートファインディングもせずに右岸後ろのルンゼに取り付きましたが、これが失敗でした。滑りやすい土の急斜面を必死に登って木の根につかまりながら上がりましたが、そこから右上へ巻き上がるラインはかなり脆くて、とても人ひとりの体重を支えてくれそうにありません。かたや真上にはかなり立った岩壁が広がっていて、このまま行けば進退窮まりそうです。見れば目の前のしっかりした木の根には退却に使ったと思われるテープスリングも残置してあって、どうやらこのラインには無理があった様子。とほほ、ひろた氏を助けに行くつもりが、このままでは自分が助けを求めることになりかねない、と下降を模索していると、きむっちが私のラインより10m上流のカンテを登っています。聞けば、その上にトラロープが見えているとのこと。きむっちナイス!ひろた氏にロープを出す役をきむっちにお願いして、自分はとにかく下降にかかりました。残置スリングは懸垂用だったようですが、手持ちのテープスリングを1本継ぎ足すとどうやら足で立てるところまで戻ることができて、幸い自分のスリングも回収できました。そこから先程きむっちが登ったカンテに登り返すと、確かに少々心細いトラロープが下がっていましたが、こちらにもしっかりした木の根が出ていて、それを使ってなんとか上の比較的傾斜が緩い段まで抜けられました。そのまま抜けやすい笹の根やまばらな灌木をつかみながら斜面のけっこう高い位置を上流へ移動してみると、ちょうどきむっちが沢に降りてザックからロープを出し、15m斜瀑上で支点をセットしています。一方のひろた氏は滝の中の多少安定した位置にいるようですが、やはり寒いらしく足踏みをしているのが見えました。滝の上と下では見通しが効かず声も届かないようなので、高巻きの途中で待機した私が二人のコールを中継。きむっちがロープを投げると水流に乗ってうまい具合にひろた氏の手元に届き、これでトップロープ状態となったひろた氏は勇気百倍。一気に滝を上がってきました。

■11:30-12:10 六段滝手前 ■13:30 幕営地

奮闘したひろた氏に休憩を打診しましたが、身体が冷えているために少し歩きたいとのことなので、遡行を続けました。どうということもない小滝やゴーロをひたすら越えていくと、前方に小さい滝の連なりと、奥に右上から水が吹き出した多少落差のある滝が見えてきました。これが30m六段滝に違いありません。とりあえずここで大休止とし、手早く枯葉や小枝を集めて焚き火を熾してから行動食を口に入れました。

遡行再開。六段滝の下半分は手も使わずに簡単に登れます。続く四段目(?)が、右上から水が吹き出しているのが下から見えていた滝で、ここで沢は右に屈曲しています。これは巻きでしょう?と見ていると、やはりひろた氏は虎視眈々とラインを読んでいて、やがて滝の左側の脆そうな垂壁を斜上し始めました。しかし、やはり多少際どいらしく、「うっ」という感じでひろた氏が行き詰まりかけているのを見て、私ときむっちは無情にも「だめだ、こりゃ」と右から巻きに入りました。しかし、我々が巻き上がるより早く、ひろた氏はここも突破して抜けていました。

抜けたところは、正面に右俣の20m滝が立派。この滝は登攀の対象にならないかもしれませんが、一見の価値はあります。我々が向かうのはその手前を左上に上がっている左俣で、こちらも高さは15m程ありますが、階段状で容易。その上に出ると、先程までの谷底の暗さから解放されて明るい日がさすようになり、ところどころの紅葉が美しく照らされました。滝の方も出だしの5m右壁がちょっとしょっぱかったのですが、あとは気分よく登れる4〜5mの滝が続いていて、「では、ここは私が」などとトップを宣言しつつわざと濡れるラインをとったりしました。女子大生はいないけど(←しつこい)、なかなか楽しい沢じゃないですか。

ナメっぽい斜面を越え、2本目の枝沢を左から迎えたガレガレの出合にテント一張り分の平地があって、標高的にもここがビバーク適地であろうとザックを置きました。ちょうど鹿の群れがいて、警戒の声を上げながら白いお尻を見せつつ上流へ逃げて行きましたが、我々は気にせず整地、テント張り、そして薪集めにいそしみました。秋枯れの森の中では薪集めに困るということはまったくなく、しばしの労働で手頃な太さの薪が文字通り山ほどに積み上げられました。あとは、明るい内から焚き火を燃やして、各自持参のつまみとお酒で乾杯。私は紙パックの日本酒を5合持ってきていましたが、きむっちも同じく日本酒を4合、しかもなぜかビンごと担ぎ上げてきていました。アルコールが入れば口も滑らか。ひろた氏の目の前で起こった現●監●さんの15mグラウンドフォール無傷着水の話とか、きむっちがスラブ滝でルートファインディングを誤り人妻(!)をひどい目に遭わせた話などで盛り上がりましたが、そうこうしているうちに9合の日本酒は飲み尽くされてしまいました。茹であがったマカロニをきむっちが水切りしようとして地面に大量にこぼしてしまい、それを一所懸命拾って口の中をじゃりじゃり言わせながらメインディッシュとしましたが、前夜3時間しか寝ていない私は19時過ぎ(?)にお先にテントに撤収。しかし、ひろた氏ときむっちはその後も延々と薪を燃やし、二酸化炭素を排出し続けたようです。

地球温暖化が進むと、やがて西日本にはマラリアがはやるようになり、雪国では雪崩が増えるなどの影響が出ると言われています。当然、山屋にとっても人ごとではなく、森林限界が上がってアルペン的な風景は狭められるし、雪稜登攀やアイスクライミングもシーズンが短くなるかもしれません。しかし、こと沢屋にとっては遡行の季節が長くなっていいことばかり。こうしてみると、沢屋というのは因果な人種なのかも……。

2005/11/06

■07:10 幕営地 ■08:25 登山道

朝、パチパチという音で目が覚めました。まだテントの外は暗く、最初は近づいた鹿が枯木を踏みしだく音かな?と思いましたが、テントの外に顔を出してみるとひろた氏が焚き火を熾しているところでした。見れば、あんなにあった薪がほとんど跡形もなくなっているのにびっくり。やがてきむっちも起き出してしてきて、まずは焚き火の周りでお茶タイム。続いて朝食は、キノコ入りラーメン。これですっかり元気になって、スピーディーに撤収にかかりました。

ビバークポイントから上は滝らしい滝もなく、次第に沢筋が細くなるなか、岩小屋状の巨岩などを巻き上がったりしながら高度を上げていきました。上流のいくつかの分岐はいずれも左へ入り、岩峰が右手すぐ上に立つ標高1,700mあたりで右の小尾根に取り付きました。そのまま柔らかい土の急斜面を登っていくことしばしで、登山道に出ました。ここは芋ノ木ドッケの少し北側、左手に立派な木の階段が見える位置でした。ここで軽く休憩してから、歩きやすい道を雲取山荘に向かいます。木々の葉が落ちて明るくなった道はいかにものどかで、この季節のハイキングもなかなかに気持ちのよいものだなと思いました。

■09:15-30 雲取山荘

雲取山荘の前で、再び小休止。縦走登山者の一団が大仰な我々のいでたちに驚いていましたが、この後さらに沢を下ると聞いてもっと驚いていました。

さて、アシ沢は雲取山荘のすぐ上から右手、三条ダルミへの巻き道に入ってすぐの沢筋から下ります。急な沢形には古いゴミが散乱しており、なんとも興ざめ。しかしそれも小屋から離れるにしたがって姿を消し、水が流れ出すようになると緑の苔に覆われた美しい滝も現れて心がなごみます。我々は、落葉に覆われた斜面を足元を崩しながらどんどん下降していきましたが、そのうち大きな滝が落ち込んでいる場所に到着しました。どうやらここを懸垂下降しなければならないようですが、手頃な支点がないな……ときょろきょろしていたら、ひろた氏が「この木でいきましょう」と指し示したのは落ち口のすぐ左に立っているひょろひょろの若木。太さは指3本分くらいで「え、これで下るの?」と驚きましたが、そこは百戦錬磨の沢のエキスパート・ひろた氏のこと、そこからの下降が左の斜面への斜め懸垂で、支点への荷重を相当程度軽減できると踏んでの選択です。

おかげで無事にここを通過した後は、クライムダウンと懸垂下降が面白いように連続します。3m強の滝をクライムダウン、15mの滝を30mロープ2本つないでしっかりした立木で懸垂下降、続いてよく磨かれた流木を支点に5mの懸垂下降、そして最後の二段滝は上を右の土壁で下り、下は水流左をクライムダウン。これで滝場は終わりです。

■12:35 荒沢出合 ■12:50 桂谷出合 ■13:20 荒沢橋

滝場が終わった後の中流域の下りが単調で、なるほどこのせいであまり遡行対象として採り上げられないのかと納得。しかし、下降の沢としては実に好都合ですし、風が吹くと黄色い落葉が雨のように降り注いで沢の両岸を埋めていくのも風情があってグー。やがて空きっ腹をかかえての長い下降の末に、ようやく荒沢本流に合流しました。しばし下ると短いがきれいなナメ状のところがあって、土で汚れたお尻やザックの底をきれいにしたい私は季節を省みずウォータースライダーに挑戦。といっても傾斜が緩すぎて残念ながらうまく滑れませんでした。

桂谷出合からは、昨日のコースを逆に辿ります。きれいな連瀑地帯は右岸から巻き下り、浅いところでは沢の中をどんどん下りましたが、油断したつもりはないのにゴール間近で水苔で滑りやすい岩に足をとられてしたたかに左膝を打ち、しばらく動けなくなったりしました。それでもついに荒沢橋に到着。駐車場でひろた氏・きむっちと握手を交わし、楽しかった2日間の遡行を終了しました。

事前の天気予報ではこの週末は雨模様で「また自分が雨男か?」と凹んでいたのに、ふたを開けてみれば土曜日は快晴、日曜日も最後までもってくれて、車に乗った途端に降り出すというタイミングの良さ。これで気分よく、今年の沢登りを終了することができました。ひろたさん・きむっち、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。