北岳バットレス第四尾根〜中央稜ノーマルルート

山頂 北岳3,193m
分類 南アルプス / アルパイン
日程 2005/08/13-14
同行 Niizawa氏
概要 初日、広河原から大樺沢を登ってBガリー大滝から第四尾根を登攀。終了点でツェルトビバークの後、二日目に中央稜ノーマルルートを登って北岳の山頂を踏んでから、下山。

click

第四尾根の核心部とされる5mの垂壁。上の画像をクリックすると、第四尾根の登攀の概要が見られます。(2005/08/13撮影)

click

Cガリーから中央稜を見上げる。上の画像をクリックすると、中央稜の登攀の概要が見られます。(2005/08/14撮影)

中央稜第2ハング。左上のスリングのある位置ではなく、その3m右(Niizawa氏の真上)の切れ目から越えました。(2005/08/14撮影)

北岳バットレス全景。我々が下山しているときにも、たくさんのクライマーが岩に取り付いていました。(2005/08/14撮影)

北岳バットレスは、私が初めてのアルパインに連れて行ってもらった、思い出深い場所です。……というわりにはその後縁がなくて、昨年は2泊3日白根御池小屋敗退(遭難救助付き)、今年の海の日も悪天予報のため沢登りに転進とつれない仕打ちを2年続けて受けていたのですが、このままではならじと8月に入ってしつこくトライすることにしました。相方は、おやぢれんじゃあ隊の中でも随一の脚力を誇るNiizawa氏。広河原がマイカー規制を行っている中で1泊2日のサラリーマンスタイルで第四尾根〜中央稜を目指すには、格好のパートナーです。

2005/08/13

■06:10 広河原 ■07:50-08:00 二俣 ■09:40-10:20 Bガリー大滝

相乗りタクシーで広河原に着いてしばしの身繕いの後、おもむろに出発。我々おやぢれんじゃあ隊の中では、Niizawa氏に先頭を歩かせてはならないというのは鉄則となっている(さもないと、とんでもないスピードにクライミングどころではなくなる)ので、「今日のキーワードは『ポレポレ』ですから」と宣言して私が先に立って歩きました。ザックの中にはギア一式、シュラフ&シュラフカバー、ツェルト、マット、水2リットル、食料。その食料も、軽量化のためにバランス栄養食の「毎日果実」×3、VAAMゼリー×3、コンデンスミルクのチューブ×1、コンビーフの缶(小)×1に切り詰めていて、これで丸2日間行動しなければなりません。

二俣まではslow but steadyで登り続けましたが、小休止を入れたあたりからどうも調子がよくありません。休んでいる間に広河原で汲んだ水を飲んだのですが、それが身体に合わないせいかどうか気分が悪くなってきました。トップをかわったNiizawa氏にそれでもなんとかついてC沢手前から右の斜面に入り、Bガリー大滝に辿り着きました。ここでギアを身につけて、まずは私のリードで1ピッチ目。ホールドがこれでもかというくらい豊富なIII級の壁ですが、どうも身体が重くてスピードが上がりません。それでもつるべでNiizawa氏に2ピッチ目を託して後続すると、草付の中を踏み跡が左から上へ伸びていて、やがて緩傾斜帯で左へトラバースする踏み跡に入りました。まるで登山道並みのよく踏まれた水平な踏み跡が、すぐにガラガラのCガリーを横断して対岸の顕著なバンドに入って、2つ目の露岩を上に登ると懐かしい第四尾根の取付のテラスに到達しました。

■11:35-55 第四尾根取付 ■15:10 第四尾根終了点

1ピッチ目:私のリード。出だしは有名なクラック(IV+)。右外のホールドを使って簡単に一段上がってから、少し試行錯誤したものの、左上にホールドを見つけて上段のクラックに乗り込んで越えました。そのまま簡単なフェースを登ります。

2ピッチ目:Niizawa氏のリード。右寄りのフェースを登ります(III+)。

3ピッチ目:白い岩のIII級フェースを第1のコル手前までで、いたって簡単。先行パーティーがいないので、好きなペースで登れます。

4ピッチ目:短いII級のリッジ。え、もう終わり?という感じ。

5ピッチ目:核心部の垂壁(V)。じわじわと足を上げながら三角の上の岩溝に指先をかませます。一度ぐらっと振られかけましたが、なんとかこらえて抜けました。この後は高度感に痺れるナイフリッジ、のはずなのですがガスで高度感ゼロ。それどころかすぐに激しい雨が降ってきて、一度は垂壁下のテラスで行動を打ち切りビバークしようかとビレイしているNiizawa氏に声を掛けましたが、雨はあっという間に上がってくれたので、あらためてリッジを前進し、マッチ箱の上まで。前方には城塞、その右にぼんやりと中央稜のシルエットも見えました。見とれてばかりもいられないのですぐに後続のNiizawa氏を確保しましたが、先程の雨で垂壁はつるつるになってしまったらしく、一度テンションが入りました。

click

6ピッチ目:マッチ箱を懸垂下降してバンド上で態勢を整えてから、再び私のリード。Dガリー奥壁の赤いつるっとしたスラブの右端を登るラインで、本来IV級ですが先程の雨でワンポイント嫌らしいところがありました。2mの三角垂壁の手前まで。

7ピッチ目:その三角垂壁を越えるところは、右足でのスメアリングがちょっと思い切りがいますが、立ちこんで右手を伸ばせばかちっとしたホールドがあることを私は覚えていたので、リードのNiizawa氏に後ろからその旨を指示。枯れ木テラスを越えて大きなクラックの手前まで(IV)。

8ピッチ目:幅広クラックを一番右から渡って斜面をほとんど歩くように進み、終了点に到着。

これでとりあえず今日の仕事は終了です。さっさとロープをしまっているところへ雨が降り出し、そそくさと前方に見えている小さな岩小屋に入りました。もう少し広くて平らかと思っていましたが、この岩小屋はえらく窮屈で、しかも床がふくらんでいて快適に横になることができるというわけではありません。雨があがるまでは二人で庇の下に座り込んでいましたが、私がうとうとしている間にNiizawa氏は終了点の平地に移動して、ツェルトを設営。私も岩小屋の中でシュラフに入り、さらにツェルトにくるまってコンビーフ1缶の早い夕食を終えると、あとは時折窮屈な姿勢に寝返りを打たせながら、ひたすら朝を待ちました。この日、結局先行パーティーは姿も見ることができず、後続は我々のすぐ後に岡山県から来た男女ペア、さらにしばらくしてから男性3人組の合計2パーティーしかいないという、とてもゆとりのある登攀でした。

2005/08/14

■06:45 第四尾根終了点

click真夜中に目を覚ましツェルトをあげてみると、空には星。正面には甲府盆地の明かりを受けて鳳凰三山のシルエットが大きく横たわっています。やれ嬉しや、明日は快晴かな、と思いながら再びツェルトをかぶりましたが、朝の明るさが広がる頃には、あたりはすっかりガスに包まれてしまっていました。このガスで登るのはイヤだな、とぐずぐずしていましたが、そのうち徐々にガスが薄くなって、頭上には青い空も透けて見えるようになってきました。ツェルトを畳んで準備を始めているうちにガスがとれていって、周囲の景色が一変しました。これは僥倖!早速出発です。ギア以外はデポすることにし、Niizawa氏にはザックにシューズだけを入れて担いでもらいました。

第四尾根の終了点から1ピッチ分はクライムダウンし、さらに1ピッチは懸垂下降で枯れ木テラスへ降り立ちました。ここからはマッチ箱がすぐ下に見えますが、まだ誰も登ってきていないようです。反対側には、これから登る中央稜がその全貌を包み隠すことなく見せています(上の写真をクリック)。中央にハング帯もよく見えていますが、ここから見る限りさほど傾斜はなさそうで、威圧感はあまり感じられません。

Cガリーへの懸垂下降支点は枯れ木テラスの右下にあり、スリングが何本もセットされているからすぐわかります。昨日はそこから下がガスで何も見えず、ロープを投げても下まで届いているかどうかもわからない状態だったのに、今日は思ったより近くに底が見えました。50m1本を2回使ってCガリーに下り、崩れやすい足元に気を配りながら、中央稜に近づきました。

■08:05 中央稜取付 ■10:35-45 中央稜終了点 ■10:55-11:10 北岳

今日も奇数ピッチは私の担当ですが、中央稜の取付はちょっと判然としません。中段に顕著なバンドがあって、そこまで登るのに正面の凹状壁を直上することもできそうですがピトンやボルトが見当たりません。そのすぐ右から右上するラインには残置ピンやスリングがあって、これは確実に登られているようです。さらに右から左上するラインもあって、後から考えればそちらから登った方がロープの流れもスムーズだったはずなのですが、確実にピトンを使えそうな右上ラインを採用することにしました。

1ピッチ目:ホールドには困らない右上ラインですが、残置スリングの誘惑に負けて1手A0をかましてしまいました。さらに左へ折り返すバンドのラインはかぶり気味で、バンドに乗り上がらずにバンドの縁に手をかけて一段下を左へ移動しましたが、やはり1カ所足がなく、クイックドローをつかんで左足を遠くのフットホールドへ伸ばしました。そこからバンドに上がって胸を圧迫されながらじわじわと立ち上がると、上の壁にホールドがあってなんとかかぶり気味のセクションを通過し、テラスに上がることができました。そこから10m程上がったところで残置ピンやリングボルトで支点を作りNiizawa氏を迎えましたが、ロープが屈曲して重くて仕方がありません。もっと早くピッチを切ればよかった。それに、中央稜は3ピッチ目が核心部だと思っていたので、このピッチでは腕力温存&スピード優先でA0にしてしまいましたが、後から思えばむしろ1ピッチ目がルート全体の核心部で、それならもっとフリーにこだわればよかったと後悔することになりました。

2ピッチ目:Niizawa氏のリード。コーナーを直上して、第2ハングの下を右へトラバース(IV-)。

3ピッチ目:第2ハング越えのピッチ。Niizawa氏がビレイしている場所からすぐ左上にハングのくびれがあり、黄色いスリングがぶらさがってもいるのですが、下から観察したところではそちらよりもNiizawa氏のすぐ上のハングが段差になったところの方がホールドが豊富そうです。リングボルトでひとつランナーをとってからハングの上に手をかけてみると、第1関節でではあるものの、両手ともかっちりと決まりました。これなら行ける!と喜びつつ、左足の突っ張りで背中を下に身体を浮かせ、思い切りよく右足をハングの庇の先に飛ばし、右手を送ってから右足に体重移動するとあっさりハングの上に出ました(IV+)。ここから右のリッジまでは水平にクラックが走っていてホールドに困らず、さらに垂直のリッジを豊富なホールドをつかんでぐいぐい気分よく登りました。しかし、この頃からガスがあたりを覆い始め、高度感が得られなかったのが残念。中央バンドの支点でNiizawa氏を確保しましたが、登り始めてもなかなかロープが動かないな、と思っていたら急にテンション!ハングで見事にフォールしてくれて、完全にぶら下がってしまったようです。「厳しいです……」という声が上ずっていたからかなり怖い思いをしたようですが、それでもがんばって抜けてきてくれました。

4ピッチ目:傾斜の落ちてきたリッジを登るピッチ(III)。先程のフォールで多少慎重になったNiizawa氏が出だしの壁でヌンチャクをつかもうとしたので、「えっ、III級でA0するんですか?それはマズいでしょう。沽券にかかわるでしょう」と自分のことは棚に上げてプレッシャーを送りました。気を取り直したNiizawa氏はちゃんとフリーでガスの中に消えていきましたが、この頃には背後から第四尾根を登ってきたクライマーたちのコールが交錯し始めました。

5ピッチ目:リッジからもろい土の凹角(II)。ランナーは1箇所ハイマツの根でとりましたが、やがてひょっこり上に抜けて、そこから北岳山頂までは目と鼻の先でした。我々が交わしているコールに気づいた山頂の登山者がこちらを見下ろして指差したり、手を振ってくれたりしています。子供の「がんばれー!」という声も聞こえてきました。坊や、ありがとう!でも、もうここが終了点なんだよ。

草付の中の踏み跡を適当に辿ると、北岳山頂。登山者の皆さんが「お疲れさまでした〜」と声を掛けてくれました。

■11:30-55 第四尾根終了点 ■14:00 二俣 ■15:10 広河原

小休止の後、靴を履き替え、ロープをNiizawa氏が担いできてくれたザックにしまってデポ回収に向かいました。第四尾根終了点に戻ってギア類を全てしまい、一般登山スタイルに変身して下山開始。しかし、食事を切り詰めていたのがここにきてこたえはじめ、韋駄天のごときスピードで下っていくNiizawa氏になかなか追いつけません。それでも八本歯の下の小尾根状の場所で年配の男性と話をしているNiizawa氏に近づいてみると、その男性にはどうも見覚えがありました。案の定それは、『日本のクラシックルート』に掲載された写真でお顔を拝見したことがある、南博人氏でした。南博人氏はバットレスに取り付いているクライマー達と無線で交信しながら彼らの写真を撮っていたのですが、我々にも気さくに話をして下さって、こちらは嬉しいやら恐縮するやら。

そのうちバットレスにかかっていたガスがきれいにとれて、その全容が眼前に広がりました。十字クラックの上にも、ピラミッドフェースにも、下部フランケにも、もちろん第四尾根にもたくさんのクライマー達がへばりついていて、まさに壮観です。次は、ぜひ下部フランケから上部フランケかDガリー奥壁に継続するラインをトレースしたいものだと思いながら、再び飛ぶように下っていってしまったNiizawa氏の背中を追いかけました。