片品川中ノ岐沢北岐沢

山頂  
分類 上信越 / 沢登り
日程 2005/08/06-07
同行 Fさん
概要 大清水から林道を徒歩2時間で入渓する片品川中ノ岐沢北岐沢の遡行。沢の途中でビバーク後、小松湿原を経て群馬・栃木県境の登山道に到達。鬼怒沼湿原を抜けて奥鬼怒温泉郷へ下山。

click

20m大滝。上の画像をクリックすると、片品川中ノ岐沢北岐沢の遡行の概要が見られます。(2005/08/06撮影)

上流のナメ。こげ茶色の岩がこの沢のナメの特徴。(2005/08/07撮影)

2005/08/06

■11:15-45 大清水 ■13:40-14:05 ヘアピンカーブ

久々のFさんとの山行は、癒し系の沢に湿原と温泉を組み合わせたゴージャスなプラン、北岐沢です。東京を早朝に発って沼田でバスに乗り換え、尾瀬沼の入口となる大清水に到着し、ここで昼食をとってから出発。

ゲートを越えてしばらくで道は二手に分かれ、我々は右手の林道を進みました。暑い日差しの下、道は中ノ岐沢沿いに緩やかに山の奥へと進んでおり、道端のオダマキをはじめとする様々な花、その花のまわりを群れ飛ぶ美しい蝶、たまにちょろちょろと道を横切る蛇(!)などを眺め、時折すれ違う地元の林業関係者の方に挨拶しながら、やがて小淵沢にかかる橋を渡り、さらに2回橋を渡ってヘアピンカーブとなる場所に着きました。ここから薮を漕いで入渓です。食料計画はFさんに任せていたので、ここで沢装備を身につけるとともに食料を私のザックへ移すことにしましたが、いざFさんのザックの中から出てきたのは、レトルトのカレーとご飯3食、ラーメン3食、パン1袋、ソーセージ4本、マヨネーズ1本、バナナ4本、リンゴ4個。きみは「軽量化」という言葉を知らんのか!

……気を取り直し、ともあれ薮に漕ぎ入りました。道中すれ違った人が言っていた通り、道筋らしきものがなく比較的しっかりした薮漕ぎで、それでも10分程で何とか無事に沢に降り立ちました。川幅はさして広くありませんが水量はそれなりにあり、しかも水がきれいに澄んでいます。しばらくは水に身体と心を慣れさせながらゆるゆると遡行を続けると、やがて城壁のような岩の中央にどうどうと水を落としている明るい5m滝が現れました。遡行図では右にトラロープがあるように書いてありますが、それらしきものは見当たらず、左の壁から簡単に登れそうなので、こちら側を直登しました。Fさんには念のためにロープを出してここを越えると、すぐに二条滝。右に巻き道もありますし、水流のすぐ右も登れます。だんだん両岸が立ってきて、手前に釜、正面に10m程の岩壁。その向かって右端に滝が落ちており、そちらに近づこうとすると深い釜を泳がなければならないので、左から倒木も使って回り込んで岩壁を登りました。そのすぐ上に出てくるのが四段12m滝で、これは幅・高さともスケールがありなかなか立派です。Fさんには右手の巻き道を使うよう指示しましたが、もちろん自分は直登を狙いました。しばらく目でラインを探してから、滝の手前の釜をぐるりと左から回り、水流の左端に取り付きました。各段は外傾していますが、フリクションがよくてさほどの困難もなく二段目、三段目と位置を上げ、そのまま上へ抜けました。その先の2m幅広滝を右から越えると、ようやく滝は一段落して、穏やかな河原歩きとなります。

■16:05 20m大滝 ■17:00 ビバークポイント

しばらく進むうちに高い崖が現れるようになり、沢筋が蛇行しはじめたと思ったら、ゴルジュ状の奥に大滝が登場しました。高さ20m、どうどうと水を落とし、その飛沫がゴルジュの中に充満して寒いくらいです。これはさすがに登るのは無理で、しばし鑑賞の後、いったん戻って左岸を巻き上がりました。不鮮明な踏み跡はやがてはっきりと道をなして、大滝の落ち口の10m程上を通過していきます。巻き道の途中から見下ろすと大滝の落ち込みはなかなかの迫力で、その向こう(右岸)にも細いながら高距のある支流の滝が落ちているのが見えました。大滝の上の降り口は少々立っているので、灌木を使って懸垂下降で大滝の落ち口の10m程上に降りました。

この後も釜をもった小滝や小規模なナメ、左に切り返す斜滝などが断続的に登場し、楽しく遡行を続けましたが、そろそろテントを張る場所を見つけなければなりません。記録では二俣の上によい幕営地があるとのことだったのでなんとかそこまでと思いましたが、Fさんも疲れてきたようなので、左右に目を光らせながらゆっくり歩き続けました。やがて右岸に沢筋から1m程の高さの手頃な段丘が現れ、登ってみると真っ平らでそれなりに広さもありますし、近くの岩壁に枝沢がしたたり落ちていてきれいな水も手に入ります。焚き火の跡もあって幕営地として使われていることがわかったので、安心してここを寝床とすることにしました。

テントを張って、今夜はカレーの夕食。残念ながら薪がそれほど豊富ではなく、しかも湿っていたために焚き火はちょろちょろとしか燃えなかったのですが、恐らくは数km四方に誰もいない沢の中、水の音を聞きながらテントの中でジンの水割りを酌み交わす気分は格別でした。

2005/08/07

■07:05 ビバークポイント ■07:35 二俣 ■09:55 小松湿原

朝食はラーメン。中華三昧にレトルトのチャーシューを入れてずいぶんヘビーでしたがなんとか平らげ、あたりを片付けて(キジ紙もちゃんと燃やしました)遡行再開。朝日にきらきら光る沢筋をさかのぼっていくときれいな薄茶色のナメが続くようになり、その先に幅広で階段状の5m滝が登場。ここは右寄りならどこでも楽しく歩いて登れます。その直後に昨日辿り着きたいと思っていた二俣に到着しましたが、結局ここは前日のビバークポイントから30分も先でした。記録にあった幕営適地は二俣を右に入ってすぐの左岸にあり、こちらもそこそこの広さがある上に下地が乾いていてなかなか快適そうです。

この先もまったく容易な小滝が釜を伴って次々に現れ、さらに5mの岩壁滝を脆い右壁から越えると、赤茶色やこげ茶色のナメが続き、水がその上を滑るように流れています。このあたりが、北岐沢の一番楽しいところでしょう。その先の2:1の二俣は左が本流ですが、小松湿原へ上がるために右に進路をとりました。渓相は急に暗くなり、倒木で荒れている上に緑苔に覆われた急勾配の滝が続きます。3m程のこれも緑苔に覆われた門扉のような滝を右から小さく巻いて20分程、ようやく源流部の様子になってきたところで出てくる二俣が曲者で、うっかりすると二俣であることにも気づかず左に引き込まれそうになりますが、遡行図をよく読んで狭い右へ入っていくと倒木帯の先に湿地が出てきて、その向こうが小松湿原でした。

click

樹林の中にぽっかり開けた小松湿原はさして広さはないものの、湿生の草の合間にびっしりとモウセンゴケがかわいらしい姿を見せていていい感じ。踏み荒らすのがためらわれてすぐに湿原の左側に回り込みましたが、稜線の登山道から降りてきているはずの道の入口がわからず、小尾根をひとつまたいで沢形を詰めました。沢形は水が涸れると崩れやすい土のルンゼになり、それもやがて土の壁に消えて、あとは下草が邪魔にならず歩きやすい斜面を進むと、樹林の中の登山道にひょっこり飛び出しました(後から思えば、小尾根からすぐに右上気味に斜面を登ればもっと楽だったかもしれません)。ここで遡行終了。ヘルメットを脱ぎ、ハーネスをはずして、後生大事に背負ってきたリンゴをかじりました。

■10:30-11:00 登山道 ■13:10-40 鬼怒沼湿原避難小屋 ■16:25 奥鬼怒温泉郷(加仁湯)

鬼怒沼へ向かう登山道は、だらだらとしたアップダウンが長かったのですが、意外にもよく整備されていて歩きやすい道でした。途中では右手に尾瀬の燧ヶ岳も見えましたが、鬼怒沼山を正面に見るようになる頃からはっきり雨模様。鬼怒沼山を右から巻くように登って、山頂への分岐をやり過ごして下りにかかると、しばらくして道が二つに分かれ、左に進んでわずかで鬼怒沼湿原の奥に建つ避難小屋でした。

避難小屋の中には何人かの登山者と首輪をつけた犬1匹が雨宿り中でしたが、我々がパンの昼食をとっている間に皆、雨脚が衰えたタイミングを見計らって出て行きました。残された我々もゆっくり小屋を出て、湿原の木道を進みます。鬼怒沼湿原はもと火口湖が湿原化したものなのだそうですが、真っ平らというわけではなく緩やかな起伏があって、その中に大小いくつもの池溏が点在しています。雨上がりの曇り空ですがこれはこれで風情があっていいし、先に出て行った登山者たちの姿も既になく誰もいない湿原を二人占めにして歩くのはしみじみと嬉しいものでした。

湿原の南端から道は下りにかかり、再び雨、そして雷も鳴り始めました。地図で見るより長く感じた下降が終わると、鬼怒川沿いの道が奥鬼怒歩道となって、上流から二軒目の温泉宿がゴールの「加仁湯」でした。

我々が泊まった奥鬼怒温泉郷の「加仁湯」は、温泉宿というにはずいぶん近代的なビルのつくりですが、宿の人の応対も親切でしたし、料理も実に盛りだくさん(な上に「鹿肉ステーキ」も追加してしまいました)、それになにより露天風呂が最高でした。これから北岐沢を遡行される方は、ぜひ公共交通機関を使い、日程も二泊三日にして、鬼怒沼及び奥鬼怒温泉郷と組み合わせたプランとすることをお勧めします。

(風呂の写真は一部「加仁湯」の案内より拝借)