広沢寺弁天岩

山頂  
分類 ゲレンデ
日程 2005/07/09
同行 Sakurai氏 / ひろた氏
概要 岩登りのゲレンデ・広沢寺弁天岩で人工登攀のトレーニング。

ナバロンの右を登るひろた氏。初めてのアブミがこれ?(2005/07/09撮影)

大ハングをリードするSakurai氏。スタートから「ビレイ解除!」まで22分は立派。(2005/07/09撮影)

2005/07/09

■09:30-16:00 広沢寺弁天岩

Sakurai氏とひろた氏とともに広沢寺で人工登攀の練習。今日は雨模様で岩はぐっしょり濡れており、そのせいかいつもなら何本もロープがスダレ状に垂れているはずの弁天岩も他に2パーティー程しかいません。そんな中、渋滞につかまって到着が遅れたひろた氏に携帯電話で岩場への行き方を伝えてから、Sakurai氏と私とでまずはナバロンの右を登り、TRを張りました。そうこうしているうちにひろた氏も到着。Sakurai氏のアブミ操作を見てもらってから、ひろた氏にもナバロンの右に挑んでもらったところ、苦労しながらも無事突破。さすが運動神経いいですね。

ついでナバロンの左をTRで順番に登りましたが、こちらの方がひろた氏的には難しかったようです。初めてのアブミ操作で巻き込みの姿勢がきちんと作れていないので、本来なら届くはずの次のボルトになかなか届きません。また甘いリップを越えて上のフェースに出るところでもアブミの二段目に立ち上がることが難しく、試行錯誤しているうちに体力を消耗してしまいます。それでもなんとか上へ抜けて、降りてきてからもう一度トライ。回収のために登った私が懸垂下降で降りたロープにアッセンダーを使ってノービレイで登りましたが、今度は何かをつかんだらしく(?)、先程なかなか届かなかったボルトにも気合でアブミが届くようになっていました。

昼食休憩の後、大ハングの下へロープづたいに登りました。まずはSakurai氏のリードですが、これが素晴らしいものでした。例の遠いストッパーにも長身を見事に伸ばしてアブミを届かせ、その先も最小限のレストで淀みなく抜けていって、スタートから「ビレイ解除!」まで22分。完全に脱帽です。フォローした私は途中で力尽きてレストを繰り返し、へろへろになってなんとか27分。セカンドがリードに負けるとは……。

最後にもう一度ナバロンの左へ戻って、ひろた氏がリードに挑みました。ところがさすがのひろた氏も既に体力の限界に達していたみたいで、せっかく3本目までアブミをかけたのにずるずると落ちてしまい、しかも2本目のボルトにかけていたストッパーでのランナーがはずれて約1mの高さからグラウンドフォール!幸いぬるぬるの斜面に尻から落ちたためそのまま前へ滑り落ち、ビレイしていたSakurai氏が落ちてきたひろた氏を正面から抱き止めてくれたおかげで、怪我もなくことなきを得ました。この後回収のために私がリードで登り、ついでにセルフレスキューの手本を見せて、素早く立ち直ったひろた氏もセルフレスキューの練習をして終了。ちょうど雨がぱらつきはじめたところで、他のパーティーも一斉に引き上げ始めたところでした。

ところでこの日、我々が練習を始めたばかりの頃に二人組の男性が岩場を巡回されて、塩化カルシウムの白い粉をあたりにばらまいていきました。これは何かと言えば、蛭対策。「宮ヶ瀬にダムができてから、このへんにも蛭が出るようになってねー」とおっしゃっていましたが、その因果関係はよくわからないながらも、こうして対策して下さるのはたいへんありがたいことです。しかし、そのご厚意もむなしく、練習が終わってみれば3人とも足首からすねにかけて蛭に喰われ、流血の惨事……。夏の広沢寺はもう嫌だ!