滝川豆焼沢

山頂  
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2005/06/05
同行 ひろた氏 / 現場監督氏
概要 奥秩父北面、豆焼橋のたもとの「出会いの丘」から豆焼沢に下り着き、遡行開始。大滝も水流沿いを直登して、雁坂小屋近くの登山道に出る。下山は、雁坂小屋経由黒岩尾根。
click
最初の滝に喜ぶひろた氏。上の画像をクリックすると、豆焼沢の遡行の概要が見られます。(2005/06/05撮影)
四段50mの大滝。この沢のまさに真打ちの滝。(2005/06/05撮影)
スダレ状50m。じっくり味わって登ろう。(2005/06/05撮影)

プロジェクトK」が終了して平和な日々がよみがえっていた私のもとに、ある日一通のメールが届きました。それは、「炎の瀑心突破男」と異名をとるひろた氏からの召集令状。そこには、6月最初の週末に奥秩父北面の豆焼沢へ行こうとの誘いが書かれていたのですが、「豆焼沢」という沢の名前には聞き覚えがありました。昨年ナメラ沢を遡行した後泊まった雁坂小屋のおっちゃんが盛んに勧めていたのが、たしか豆焼沢だったはずです。そんなわけで一も二もなく同意。結局この招集に乗ったのは現場監督氏と私で、ひろた隊長に引率される構図で金曜日の夜に豆焼橋近くの「出会いの丘」に集合することにしました。ところが土曜日は私が仕事の都合でアウトになり、それに天気もよくないとあって直前に日程を変更し、日曜日の速攻日帰り遡行となりました。

2005/06/05

■05:45 出会いの丘 ■06:25 沢床 ■07:10 ホチの滝

現場監督氏の車に乗せていただいて出会いの丘に着いたのが、ちょうど日付が変わる頃。ひろた氏は既に数時間前に着いて、爆睡状態だったようです。我々も車の中でさっさと寝て、5時の目覚ましの音に起き上がってみれば、前夜の雨はすっかりあがっていました。ひろた氏の執念おそるべし、と思いつつ車を出て3人勢揃いし、身繕いをしてまずは遡行図をひと通り確認しました。

現「難しいのは、50m大滝くらいなんだよね?」
ひ「うん、巻き道もあるみたいだし」
現「……でも、巻かないんでしょ?」
私「……」

近くのヘリポートの隅っこから続く踏み跡を辿って出発。しっかりした道のような踏み跡でしたが、すぐに途切れて先は崖になってしまいました。おかしいなぁ?赤テープもあったのに、と思いましたが後の祭り。こうなれば強引に急斜面を下るしかありません。樹林の中の急坂をずりずりと滑りながら下りましたが、ロープを使った方がいいということで早くも懸垂下降の連続となり、やっとのことで暗い沢床に降り着きました。

上流に向かってひたひたと歩みを進めて行くと、最初に出てくるのが6mの水量豊富な立派な滝。最初からそうきますか!とひろた氏は喜んでいますが、ここは左から簡単に越えられました。そして、続くゴルジュ状の先に25mのホチの滝が出てきます。はるか頭上を雁坂大橋が横断し、その下に一直線に降り注ぐホチの滝は眺めはいいものの登攀の対象とはならず、そそくさと左手のガレを使って巻き上がりました。続いてゴルジュ内に出てきた滝は、正面の右壁に長いロープが垂れていましたが、濡れてつるつるの壁をロープの位置まで登るのも困難そうで、左の奔流沿いを短い残置スリングを使って一段上がりました。すると階段の踊り場のような場所からさらにもう一段壁を登らなければならず、ここにもロープが垂れていますが、ひろた氏は自分のロープにハンマーをくくりつけて投げ縄を始めました。第2投が見事にひっかかり、順次ゴボウで上へ。のっけから盛りだくさんな遡行になりました……。

■08:30 トオの滝 ■09:30 12m滝

暗い渓相の中に次々現れる滝を極力正面から越えていくと、8m二段のトオの滝。左壁にもラインがとれそうでしたが、ひろた氏は滝の右側の水際をざぶざぶと登っていきます。現場監督氏、私の順で後続。右壁のホールドが甘く若干微妙な一歩があったものの、なんとか上へ抜けました。その先にも形のよい小滝・ナメ滝が連続し、遡行図に書いてある仕事道や作業小屋は見つけられなかったものの、両岸から支沢が流入するところで現在地点を把握し、「もう半分くらい来たのか、こりゃお昼には終わるかもしれないな」などと考え始めた(それはまったく甘い見通しだったことを後で思い知らされます)ところに、美しいスダレ状の滝の景観が広がりました。これは12m滝です。

click

ここまで多少物足りないものを感じていた様子のひろた氏も、これには大喜び。目をきらきらさせながらルートを読んでいましたが、瀑心突破ルートを見極めたらしく、おもむろにザックの中からザックカバーをとりだすと、荷物の防水処理をし始めました(!)。この滝は左手から壁のように落ちてきていて、一見するとどこを登るんだ?という感じですが、奥に回り込んで滝を正面から見ると、意外に難しくないラインを見いだすことができます。ひろた氏は準備を終えたかと思うと、水流を右下から左上するようにあっという間に登りきってしまいました。残された年寄り二人(?)は濡れるのが嫌なので、さらに右手のカンテ状を豊富なホールドに助けられて越えました。

■10:00-11:45 四段50m大滝

さらにいくつかの小滝を越えると、いよいよ本日のメイン・イベント。四段50mの大滝が登場しました。ひろた氏の熱意が伝染し、もはや誰も巻き道を探そうともしません。ざっと見たところ、ぐんと高度を上げた後いったん角度を緩やかにし、すぐに細く強い水流が急傾斜で落ち込んでおり、その緩やかなところでピッチを切って2ピッチの登攀。基本的に右壁(沿い)を行けそうです。ところが、1ピッチ目の二条に分かれた滝の真ん中の緩いカンテ状上部に、残置スリングとビナまで見えています。本当にこの真ん中のラインなのか?と半信半疑ながら、ここは最も強力な守護霊様の加護の下にあるひろた隊長に2ピッチともリードをお願いすることにして、現場監督氏がビレイに入りました。

ひろた氏は果敢に真ん中のラインを登りましたが、残置ビナにランナーをとってから一段目の上へ乗り上がろうとしたところで緑の苔に足を滑らせずるずると落ちてしまいました。「!」と思っていると、どうやら身体4分の1くらいの小さなフォールですんで大事には至らず、再度足を上げていって一段目を終えたようです。ところが、最初そこから水流沿いを左寄りに登っていったひろた氏ですが、試行錯誤の末にこのラインを断念して前向きに若干クライムダウンしてきました。手に汗握りながら見上げていると、ひろた氏は方向を変えて水流右手の壁に飛びつくように乗り移り、そこの灌木にランナーをとってからさらに右壁を一段上がって、ようやく安定したバンドを見つけたようです。灌木にセルフビレイをとって「ビレイ解除」のコール。あらかじめ打ち合わせ、1ピッチ目を切ったところでロープがかなり出ていたらセカンドはプルージック、半分出ていなければ中間にエイトノットを作ってハーネスに結び、上から確保してもらう手はずになっていましたが、ロープは30m弱出ています。しかし、セカンドの私が少しフリーで登ればロープの真ん中よりひろた氏側でエイトノットを作れるので、「固定じゃなく、上から引いてー!」と合図。ひろた氏のラインをなぞりました。登ってみればIII級程度で難しくはありませんが、なにしろ足の置き場は濡れてつるんとしたものばかりで不確定要素が大きく、このランナウトはリードには相当厳しいものでした。ひろた氏の度胸にあらためて舌を巻きつつ、ひろた氏が確保しているバンドへ登り着いて灌木にセルフビレイをとりました。

click

最後尾の現場監督氏には我々の下5m程の灌木にセルフビレイをとってもらって、そこから再びひろた氏のリード。バンドからは灌木に隠れてひろた氏の姿がよく見えませんが、水流右の壁でかなり苦戦している様子は伝わってきます。それでもしばらくの時間の経過の後、上からコールがかかり、ロープが2度ぐいぐいと引かれて上に着いたことがわかりました。

ロープがかなり出ていたのでプルージックをセットし、後続。これは厳しい!いったんバンドを数m進み、右に岩を乗り越して水流沿いの一段高い壁を登っていくのですが、はっきり使えるホールドはほとんどなく、しかしながらわずかに使えるフットホールドをきちんと拾わないと届かないような絶妙の間隔でテープスリングが下がっており、これを使って身体を引き上げていくしかありません。テープスリングは脱色して強度が信じられないし、ピトンも古そうですが、とにかくこれに頼らないことには登れないのだから仕方ありません。なるべく衝撃を与えないようにしながら、ループに足を入れてじわじわと乗り込んだり、ゴボウで身体を引き上げたりを繰り返しました。プルージックで確保しているスリングが短く(←タイブロックを持ってこなかったのは失敗!)、ムーヴの自由がきかない中で時間ばかりが過ぎていきましたが、それでもなんとかひろた氏の待つ安定した場所に登り着いて、ラストの現場監督氏をビレイしました。

■12:25 四段24m滝

大滝の先、沢の方向が変わるところに小さなビバーク適地があり、そこで小休止。今の登攀(約2時間の激戦!)ですっかりお腹いっぱいだし、雨もぽつぽつと降ってきたので、あとは癒し系の滝をさくさくと登っていきたいもの

しかし世の中そんなに甘くはありません。四段24mの最初の6m滝は美しい苔としっかりしたホールドが楽しい左壁を登れますが、その上のスリッピーな緩傾斜部はおそるおそるのフリクション登攀となります。そしてその先に残置スリングを使った際どいトラバースが待っていました。ここで落ちたら最初の滝の下までまっさかさまとなるのは必定ですが、「ロープ出そう!」との訴えはあえなく却下され、半ベソをかきながら甘いホールド頼りに身体を引き上げていきました。

■13:00 スダレ状50m ■14:10-15 登山道

やっと来ました、癒し系。現場監督氏が「釜ノ沢の両門の滝みたいだ」と感想を漏らした二俣。両側からスダレ状に落ちてくる滝は、いかにも優しげです。本流である右に入って、階段状の易しい岩の上を、水がシュワシュワと音をたてながら白く流れる様子にうっとり。シビアな登攀も悪くはありませんが、やっぱり沢はこうでなくては!

click

この後は特筆すべき滝もなく、ナメ、ゴーロ、そしてミニゴルジュ。細かくムーヴを使いながら高度を上げていくと、前方にガレが広がり、そこから伏流になっています。このまま進んでもいいようですが、左手に支沢が入っていてそちらには水流があるので、さらに水を求めてこちらを登りました。どうやらこれが正解だったようで、苔に覆われたいくつかの滝の先に雁坂小屋の水源施設が見えたところで、登山道が沢を横切っています。ここでザックを下ろし、遡行終了の握手を交わしました。

■14:30-15:00 雁坂小屋 ■17:00 出会いの丘

登山道は水平で歩きやすく、やがてほぼ一年振りの雁坂小屋に到着しました。ピンクのシャクナゲがきれいな小屋にはあのおっちゃんがいて、泊まりではない我々に小屋の中で着替えることを勧めてくれた上に、暖かい麦茶まで出してくれました(心付けも置かずに下ってしまい、すみませんでした!また別の機会に、泊まりに行きます)。小屋から豆焼沢までは、黒岩尾根の道を下ります。地面がふかふかと柔らかく足に優しい道で、桟道も新品同然だし、ところどころのシャクナゲやツツジも美しい、すてきな道でした。霧に囲まれて展望はほとんどなかったのですが、それもまた奥秩父らしくいい雰囲気。コースタイム3時間とあるところを2時間ジャストで下って元の出会いの丘に下り着きました。秩父経由で帰るひろた氏とは、ここでお別れ。どうもお疲れさまでした!またどこかの沢でご一緒しましょう。

豆焼沢は遡行時間もさして長くなく、また厳しい滝には巻き道が整備されている(らしい)ので、ある程度の沢の経験がある方には誰にでも勧められます。しかし、この沢の魅力はやはり四段50mの大滝(白山書房『東京周辺の沢』の表紙を飾った滝)ですし、見た目だけでなく登攀の対象としてもこの大滝が豆焼沢の白眉であることは間違いありません。この記録を見て豆焼沢に入る方には、ぜひ大滝の登攀に挑戦していただきたいものです(そんなこと言うならリードしろ?……ごもっとも)。