槍ヶ岳北鎌尾根

山頂 槍ヶ岳3,180m
分類 北アルプス / アルパイン
日程 2005/04/29-05/01
同行 現場監督氏 / ひろた氏 / Niizawa氏
概要 上高地から東鎌尾根(ニセ乗越)を越えて北鎌沢出合へ下り、幕営。北鎌沢右俣を上がって北鎌のコルから北鎌尾根を縦走してP15でふたたび幕営。槍ヶ岳登頂後に槍沢から上高地へ下山する周遊コース。

click

北鎌沢出合、立派な雪の回廊が稜線まで駆け上がっているよう。上の画像をクリックすると、4月29日の行程の模様が見られます。(2005/04/29撮影)

click

独標からの槍ヶ岳、4年前の縦走時には見ることができなかった展望に感激。上の画像をクリックすると、4月30日の縦走の模様が見られます。(2005/04/30撮影)

click

槍ヶ岳山頂からの独標は、こうして見ると指呼の間ですが、我々には厳しいアルバイトでした。上の画像をクリックすると、5月1日の登頂の模様が見られます。(2005/05/01撮影)

GWの北鎌尾根を登ろうというプランは、一昨年からの懸案になっていました。NHKの人気番組をもじって「プロジェクトK」と名付けられたこの計画は、しかしメンバーの都合や曜日の並びなどから2シーズン延期されていたのですが、ようやく今年諸条件が揃って決行の運びとなりました。ここに結集することになったのは白馬岳主稜鹿島槍ヶ岳東尾根でそれぞれに呼吸を合わせたメンバーでしたが、残念ながらSakurai氏は仕事の都合で参加できず、現場監督氏・ひろた氏・Niizawa氏・私の4人がロープを結び合うこととなりました。また、参加者もいまいち日程の自由度が高くなく、湯俣からの完全トレースは諦めてスピーディーに行動できる上半部のみの縦走とし、上高地から入って水俣乗越を越え、北鎌沢を詰めて稜線に出るプランとしました。予定宿泊地は、北鎌沢出合と北鎌平。

春の北鎌は体力勝負。極力軽量化を図ってテントも含めて乾燥重量15kgとしましたが、なにしろ私以外の3人は名だたる健脚、足から先に産まれてきたような人たちばかりなので、果たしてついていけるかどうか一抹の不安を抱えながら、金曜日の深夜に待ち合わせ場所の調布駅でNiizawa氏・現場監督氏と合流しました。ちなみに、私は亥年、現場監督氏は同学年の子年、ひろた氏とNiizawa氏は我々より6年余り若い丙午生まれ。ん?ということは、1950年代生まれは私だけか……。

2005/04/29

■06:25 上高地 ■07:10-20 明神 ■08:00-15 徳沢 ■09:00-25 横尾 ■10:55-11:25 槍沢ロッヂ ■12:30-45 大曲

沢渡でひろた氏とも合流し、タクシーで上高地へ。ここから先は皆にとって通い慣れた道で、休憩コミで2時間半程で横尾に着いてしまいました。雪は徳沢と横尾の間くらいから出始めて、槍沢ロッヂ周辺は完全に残雪の山の様相。ここで上下ヤッケにスパッツのいでたちとなり、さらに上を目指していきました。天気はあいにくの下り坂で、それでもここまで時折ぱらぱらと降られる程度でしたが、大曲から右手の沢筋に入ってぐんぐん高度を上げる頃からしっかりした雹に降られるようになってきました。以前、鋸岳から甲斐駒へ縦走したときに雷につかまって怖い思いをしたことがあり、そのときの様子と似ていたために内心びくびくものでしたが、どうやら雷鳴が轟くことはなく、水俣乗越に登り着くことができた……と思ったのですが、二日目に北鎌尾根の稜線から見たところ、我々が辿り着いたこの鞍部よりもひと山越えた槍ヶ岳寄りに最低鞍部がありました。どうやらここは「ニセ乗越」と呼ばれる鞍部だったようです。

■13:55-14:10 ニセ乗越 ■15:20 北鎌沢出合

ニセ乗越から前方には大きな沢筋が下っており、雪の急斜面をがんがん下って北鎌沢を目指す……と言いたいところでしたが、春の軟雪にたびたび足をとられ、傾斜はすぐに緩くなってしまったのでシリセードも使えず、ここは粘り強く「忍」の一字で歩みを進めるしかありません。やがて左手を下る本流らしい大きな沢に右から合流するあたりで、後ろからやってきた単独行の男性に追いつかれました。聞いてみるとP2の取付まで下降して、そこから縦走する予定でいるのだそうですが、この軟雪と天気に既にやる気の半分を失っているような表情でした。

この調子では北鎌沢出合までどれくらい時間がかかるのだろうか……と気が重くなっていたことが、判断を誤らせました。左岸に顕著に押し出してくる沢の出合に達しましたが、ニセ乗越からまだ1時間程しかたっていないし、北鎌沢にしては見た目にもずいぶん立派すぎます。これは独標から流れ下っている沢のどれかだろうと決めつけて先に進みかけましたが、現場監督氏が近くで小さなケルンを発見。してみるとこれが北鎌沢?念のためもう少し下って右岸に貧乏沢が入ってくるかどうか確認しましたが、どうやらそれらしい白い沢筋の存在や、その先で両岸が迫ってくる地形から、先程のが北鎌沢らしいと判定しました。夏には樹木が繁茂して涸れ沢の右俣がみすぼらしい北鎌沢も、この時期は白い雪の回廊がまっすぐ稜線へ突き上げる立派な姿をしていたのでした。

きびすを返して北鎌沢出合の近くに戻り、左岸のわずかに木に囲まれた平地に二張りのテントを設営しました。天候ははっきり雨に変わっており、それに風も強くなってきました。現場監督氏のテントにひろた氏、私のテントにNiizawa氏を収容して、何はともあれ今日の労働をねぎらうアルコールタイム。お互いのテントを向かい合わせにして乾杯の声を合わせました(……が、こうして写真にしてみると、なんだか間が抜けて見えます)。

シュラフに入る前に濡れた衣類をできるだけ乾かしたくて、食後もガスをつけて手袋や靴下をあぶりました。外の風の動きがテントの中に波動となって伝わるのか、身体や衣類から上がる湯気が左右に揺れるのが不思議です。しかし、そうこうしているうちにうとうとしてしまい、右手の小指に派手なやけどをこしらえてしまいました。こりゃいかんと見切りをつけ、まだ乾ききっていないヤッケや靴下のまま、三季用シュラフにもぐりこむと、すぐに眠りにつきました。

2005/04/30

■05:25 北鎌沢出合 ■07:35-50 北鎌のコル

夜半には相当風雨に叩かれましたが、朝になってみれば快晴。まるで台風一過です。十分明るくなった5時過ぎにテントを畳み、いよいよ出発。いきなり出だしから北鎌沢の急登です。無雪期には岩がごろごろしている沢筋もこの時期は完全に雪壁の登りに終始し、アイゼンで重い足をひたすら上げ続けるしかありません。息が上がるというのではなく、太腿が上がらなくなるタイプの登りです。恐れていた通り、ひろた・Niizawaの超健脚コンビはどんどん先に登っていってしまい、現場監督氏も遅れがちな私を気遣いながら先行2名と私との中間にポジションをとって登り続けています。あの二人は、敬老の精神というものを持ち合わせてはいないのか!

click

……などと自分の不甲斐なさを棚に上げて腹を立ててみてもゴールが近づくわけでもなし、仕方なくえっちらおっちら登高を続け、ようやくのことで北鎌のコルに登り着きました。コルはすっかり雪稜状態で幕営の跡もなく、行く手にはどうやら単独らしい踏み跡が一条のみ。このGWにこの山域に入っている登山者が少ないことが窺えました。

■09:30 天狗の腰掛 ■12:35-13:15 独標

北鎌のコルから天狗の腰掛(P9)まではかなりの急登となります。ここでも軟雪に苦しめられ、変わりばんこにトップをつとめてステップを切っていきますが、ほとんどラッセルに近い状態のところもあってここでも体力と時間を消耗しました。しかし、それでも確実に高度を獲得し、振り返れば北鎌のコルや尾根の下部のピークがどんどん遠くなっていくのを見ると単純に嬉しくなってきます。そして前方には独標の姿が迫ってきました。

天狗の腰掛のてっぺんから眺める独標の夏道=トラバースルートは、奈落の底へと切れ落ちた急傾斜の雪壁となっていて恐ろしく、とても渡ろうという気にはなれません。躊躇することなく直登を選択しましたが、さてそのルートが遠目にはよくわかりません。上部の雪田に踏み跡が続いているのは見えるので、そこまでの2ピッチ分程を発見すればよいのですが、今ひとつ判然としません。離れたところで悩んでいても仕方ないので先を急ぐことにし、天狗の腰掛からひとつ小ピークを越えていったん急下降し、ちょっと登ってコルを目の前にする位置に達しました。すると、コルの正面のリッジを左から絡んで雪壁を登るラインが見えてきて、踏み跡もそこを登っています。あとは上部の岩稜を上に辿れば、雪田に届きそうです。

リッジの手前のハイマツにひろた氏がビレイをとって、現場監督氏がリードで1ピッチ目。雪壁に突き当たるところの岳樺の木にロープがフィックスしてあり、現場監督氏はそこでランナーをとってからぐっと立った雪壁を慎重に登っていきました。やがてコールがかかってロープがフィックスされ、Niizawa氏・私の順にプルージックで登っていきます。登ってみると雪壁の上部は垂直に近く、リードした現場監督氏の腕の確かさに舌を巻きながら自分はゴボウでぐいぐい登りました。続いて最後尾のひろた氏が登ってくる間に、Niizawa氏と私がロープを結んでNiizawa氏の先行で2ピッチ目。易しい岩のリッジが上に伸びており迷いようはありません。ひろた氏もそのままつるべで2ピッチ目をリードし、3ピッチ目も一応スタカットとしたもののほとんどロープを要するグレードはなく、4ピッチ目はそれぞれコンテにして独標のピークに達しました。独標のてっぺんは前回踏み逃して悔しい思いをしていたので、ようやく願いがかなったことになりますが、ここからの槍ヶ岳はちょうど戦艦の艦橋を正面やや右舷寄りから見るような形をしていて、強烈な直射日光の下に明暗のくっきりした堂々たる姿を見せてくれています。

独標が標高2,899m。ここから北鎌平までは標高差は100m程しかなく、稜線の起伏をあるいは直登し、あるいは雪壁のトラバースでかわしたりして進むことになります。しかし、その前にひとつ問題を解決しておかなければなりません。独標のピークから槍ヶ岳に向かって下ると小さなコルに出て、すぐに独標の一部と思われる隣のピークが目の前に立ちはだかるのですが、2001年の夏にこのコルに達した私はこの「隣のピーク」を越えることができず、コルからがらがらのルンゼを下ってトラバースしていました。しかし今回、私以外の3人も北鎌尾根縦走経験者ばかりなので、ここで正解ルートを示してもらえるはずと大いに期待していたのでした。ところが、先行したNiizawa氏やひろた氏、それに現場監督氏までもこのあたりをどうやって越えたか記憶が定かではない様子……。しかし、既に隣のピークの肩まで登ってしまっていて、ここから先程のコルへクライムダウンするのは何となくいやです。ピークの向こう側を覗いたNiizawa氏はそちらを進むのに乗り気ではない様子で、見かねた現場監督氏が手前側を右へトラバースして回り込むラインに挑むことになりました。残置ピン&スリングにさらにピトン1枚を打ち足して支点を作り、現場監督氏は外傾したバンドを進みました。回り込んでみれば向こう側はしっかりしたバンドが続いていて、そのままピークの反対側に達したようです。ついで私がセルフビレイ用のビナをフィックスされたロープにかけて後続しましたが、どうやら最初の1歩が微妙にバランス技となるものの、伸ばした右手の届く位置にアンダーでとれるしっかりしたホールドがあって、これさえ見つかればノープロブレム。ただし、ここを確保なしにトラバースするのはちょっと気持ち悪い感じです。

この先、ひろた氏がずんずん先行して我々が後を追う展開となりましたが、(たぶん)P12を巻くところでひやりとしました。ここをひろた氏と現場監督氏がまずは左(天上沢側)から、Niizawa氏と私は右(千丈沢側)から巻いて、その先で合流して天上沢側の雪壁の上部をトラバースしたのですが、最後尾になった私に現場監督氏が振り返って「塾長さん、そこ雪が崩れやすいから気をつけて」と声を掛けてくれて、こちらがわかったと返事をしてから次の一歩を踏み出した途端、足元の雪が崩れ頭を下にして滑落しかかりました。「うわ、うわー!」と思わず声をあげましたが、滑落停止の姿勢に入る間もなく右足が岩と雪壁の隙間に入ってくれて何とか止まり、大事には至りませんでした。先行の3人もびっくりしたと思いますが、私も一瞬どうなることかとあせりました。

また、(これもたぶん)P13は、踏み跡が左の急斜面を横切っています。実際こちらしか行けそうにありませんが、時刻は15時過ぎで雪はすっかり腐っており、先行しかけたNiizawa氏は進むたびに足元の雪が崩れて四苦八苦しています。そこで手前のハイマツでビレイをとり、私のリードでロープを伸ばしましたが、岩と雪壁との接点から思い切って離れて横に進めば、この雪壁もしっかり我々の重さを支えてくれて、なんとか無事にここを通過できました。

この後も決して小さいとは言えないアップダウンや岩の脆いぼろぼろの登りなどで時間を使い、徐々に日が傾いてきました。大槍・小槍は素晴らしく立派な姿を惜しげもなくさらして手招きしてくれているのですが、我々の歩みは遅々として進みません。なんとか早く今日の幕営予定地である北鎌平に着きたいのだが……と思っていたところ、先行してP15に着いたひろた氏がここでテントが張れるとコールしてきました。

■17:30 P15

なるほど着いてみれば、P15のてっぺんはきれいな雪の広場になっていて、数十cmも掘り下げれば立派なテントサイトになりそうです。既に時刻は17時半。前方の北鎌平までは1時間はかかりそうだし、明日の行程を考えればここで行動を打ち切っても支障はありません。なにより、もういい加減へとへとです。協議の末、ここを泊まり場とすることに決し、Niizawa氏持参のスコップで二張り分の地所を半地下風に掘ってテントをしつらえました。

ようやく暗くなった頃にテントにもぐりこみ、乾杯&夕食となりましたが、私は疲労のせいで食欲がなく、地上から持ち上げた日本酒にもマルタイ棒ラーメンにも手が出ません。Niizawa氏にねだって一口だけビールをもらい(←Niizawaさん、このお返しにそのうち大ジョッキ1杯ごちそうします)、あとはコーヒー、パン、ソーセージで簡素な食事をすませました。ちなみに同じテントのNiizawa氏は悔しいくらいに食欲旺盛で、重量おかまいなしのレトルトの具(脂ギトギトのチャーシュー数枚や巨大メンマ、煮玉子まるまる1個など)をラーメンにぶちこんでおいしそうに食べていました。ムカツク!

2005/05/01

■05:25 P15 ■06:15 北鎌平 ■07:50-08:20 槍ヶ岳

夜中はそれなりに気温が下がって、23時頃に一度温度を上げるためにガスに火をつけ、その後も1時間おきに目が覚めてしまう状態でしたが、前夜十分に寝ていたので起床はさほどつらくありませんでした。テントの外に出ると、大天井岳方面の空がピンクに染まり、やがて太陽が穏やかな光を投げかけてきました。紫外線が刺すようだった昨日とは違い、今日は空に薄く雲がかかっていて、周囲の山々も静かに目覚めを迎えつつあるように感じます。昨日はゆとりがなかったので気づかなかったのですが、見れば見るほどこのP15は素晴らしい展望台です。正面に大槍を適度な距離で見通せる最後の展望台でもありますし、左(東)には常念山脈、右(西)には三俣蓮華〜双六周辺のたおやかな山稜や笠ヶ岳の美しいフォルム。後(北)には独標があって、その左はるか遠くには鹿島槍ヶ岳も見えています。

さて、朝一番の仕事は、P15の突端からの懸垂下降です。およそ10m程の下降は丹念に探せばクライムダウンできるラインもあるかもしれませんが、大槍寄りの岩にスリングが2本残置されていて、どうやらここからのラペリングが手っ取り早そうです。さすがに残置スリングだけでは心配だったので、テープスリング1本を足し、さらに最初に下る現場監督氏にはバックアップで上から確保して降りてもらいました。以下、ひろた氏、私、Niizawa氏の順にとっとと下降。そしていよいよ北鎌平の取付に着きました。4年前にツェルトでビバークしたのは、この左手の岩陰です。懐かしい思いでその岩陰を眺めましたが、ここまでずっと我々を導いてくれた先行者の踏み跡は、その左手の雪面をどんどん巻き上がっています。ひろた氏がいったん雪面に踏み入ってみましたが、雪の状態が安定しておらず、岩稜を直登した方がよさそうということになりました。それぞれ思い思いに左右から岩稜に取り付き、大岩を大胆に乗り越して北鎌平へ。ここはだだっ広い雪のプラトーと化していて、まるで整備された野営場のようですらありましたが、風が強ければ吹きさらしでちょっとつらいかもしれません。そして、ここはついに標高3,000mに達しています。

そのままぐんぐん大槍に近づいていって、角からダイレクトに大槍に取り付きました。出だしの岩場を越えると雪の固い急斜面が続いていて、ここをロープなしで登っていきます。登るにつれて高度感はどんどん増していき、先頭の現場監督氏を追うNiizawa氏が前爪を雪面に蹴り込む回数の多さが、斜度がもたらす緊張を物語ります。3番手の私はピオレ・パンヌでバランスを支えながらNiizawa氏が切ったステップに静かに乗り込むことを続け、ラストのひろた氏は……ひろた氏は?あっ、そんなところで「マーキング」してちゃダメでしょう!

頭上の岩に残された支点1か所を見送って次の支点まで進むと、そこが「下のチムニー」の入口でした。チムニーの右手の雪の斜面も行けそうでしたが、せっかくだからチムニーを抜けることにしました。ここからなら、スタカット2ピッチで頂上に届くはず。Niizawa氏にロープを出してもらって、私のリードでチムニーに入ります。出だしは雪壁になっていて、チムニー中央の出っ張った岩まではそのまま上がることができました。この左手の残置スリングにランナーをとり、露出した岩を越えてチムニーの上に抜けたところで残置ピンでもうひとつランナー。そのまま雪の急斜面を登って、45mロープを数m残して次の支点の位置に到達しました。ここは「上のチムニー」の中間部に当たる場所で、垂れているスリングに見覚えがあって「上のチムニー」がほとんど雪に埋まっていることがわかりました。

click

我々のすぐ後に現場監督・ひろたペアも登ってくるので、残置スリングの1m上、右壁に2本ピトンが残されているところまで上がって支点を作り、Niizawa氏を迎えるとそのままつるべで上がってもらいました。しばしの間の後、山頂に着いたNiizawa氏からコールがかかり、後続。「上のチムニー」を抜けたところからすぐ左上にあの白杭が変わらぬ姿で屹立しており、そこから右手に雪面を登って祠の横に出ました。その後に現場監督氏、そしてひろた氏も上がってきて、8時05分、全員が槍ヶ岳山頂に到着しました。

Niizawa氏が登頂したときにはギャラリーも多かったようですが、私が登ったときは残っていた二人の登山者が下山を始めるところ。ちょっと寂しい山頂でしたが、後から上がってきた山スキーヤーのおじさんが4人揃った写真を撮ってくれて、そこであらためてお互いに握手を交わしました。本当にお疲れさまでした。

■08:40-09:30 槍岳山荘 ■10:55-11:20 槍沢ロッヂ ■12:30-13:00 横尾 ■13:45-50 徳沢 ■14:30-40 明神 ■15:20 上高地

穂先からの下降路を慎重に下って槍岳山荘に到着。これで完全に安全地帯に到着です。ギアを片付けてから、山荘でビールや炭酸飲料で乾杯。しばしゆったり寛いでから、下山にかかりました。槍沢はシリセードを交えて快適に下り、槍沢ロッヂ、横尾、徳沢、と初日に辿った道を逆方向に下っていきます。しかし、もうそんなに急ぐ必要はないのに、ひろた氏が先頭に立つと全員脇目もふらず競歩みたいになるのはどういうわけなんでしょうか?おかげで足の裏は両方ともひりひりと痛み、帰宅してから2日たってこうして記録を書いている今でも、足先がぱんぱんに腫れ上がってしまっているのですが……。

こうして無事に「プロジェクトK」を終了することができたわけですが、今回の山行を総括してみると、春の北鎌は、一にも二にも体力。三・四がなくて、五に雪との駆け引きでしょうか。稜線上において技術的に窮地に追い込まれる場面はなかったのですが、北鎌のコルから天狗の腰掛までの急登はラッセルに近いテイストがありましたし、独標から先も雪の急斜面のトラバースで雪の状態が読み切れず、不用意に足を運んで落とし穴にはまったり、いったん渡りかけたものの行き詰まってロープを出して、といった手戻りを生じた場面がありました。また、スピードアップという意味では、ビレイヤーの足場がよくセカンドの転落の危険が少ない場面での肩がらみ確保の活用やビレイデバイスの確実かつスムーズな使用、急雪壁を登る場合のアイゼン&ピッケルワークなど、お互いに知識と経験を交換し合う必要を感じました。

ともあれ、今回は初日こそ雨に降られたものの後の2日は概ね良好な天候の下で、いずれも力量と人柄に恵まれたメンバーとご一緒することができて、極めて実りある山行とすることができました。パーティーを組んでくれた3人には、感謝の気持ちで一杯です。心より御礼申し上げます。