阿弥陀岳北西稜

山頂 阿弥陀岳2,805m
分類 八ヶ岳 / アルパイン
日程 2005/01/09-10
同行 現場監督氏
概要 行者小屋ベースで、阿弥陀岳北西稜をトレース。

click

北西稜核心部全景。上の画像をクリックすると、阿弥陀岳北西稜の登攀の概要が見られます。(2005/01/10撮影)

第二岩壁を正面から登攀中の先行パーティー。我々はここを左に巻いていきます。(2005/01/10撮影)

最終ピッチを見上げたところ(写っているのは私)。残置アブミが恥ずかしい……。(2005/01/10撮影)

先月、大同心南稜を敗退した現場監督氏と私。これではならじと、成人の日の三連休にしつこく八ヶ岳に挑むことにしました。行き先については当初東面の権現岳東稜も候補に上がりましたが、都合により予備日がとれないため雪の落ち着いていない季節は避けることとして、西面で手応えのありそうな阿弥陀岳の北西稜をメインにし、入山日にゆとりがあれば赤岳のショルダーリッジを組み合わせることとしました。

2005/01/09

■06:00 美濃戸口 ■09:05-35 行者小屋 ■10:15 文三郎尾根途中 ■10:40 行者小屋

現場監督氏の車で美濃戸口に着いたのが、ちょうど日付が変わる時刻。そのまま車の中にシュラフをのべて就寝し、5時起床6時出発。前回とはうってかわって道はすっかり凍り付いており、最初からアイゼンを履いていきます。美濃戸の八ヶ岳山荘でお茶と野沢菜漬けにお呼ばれしてから、南沢沿いの歩き慣れた道に入りました。行者小屋を目前にしてちょっとしたアクシデント(nature calling...)はあったものの、概ね快調なペースで歩くことができ、行者小屋に宿泊を申し込みました。ここのところ、殊勝にテントを担ごうという発想をはなから放棄しているのは少々後ろめたいですが、これもクライミング時の余力を残すためと自分に言い聞かせました。

しかしながら、目の前に聳えているはずの赤岳はあいにくのガスの中。とりあえず文三郎尾根をざくざくと上がってみましたが、ルートファインディングがポイントのショルダーリッジは取付すら見えず、雪も降ってきて、これはダメだとあえなく諦めることにしました。せっかくだから赤岳まで登ってくるという現場監督氏(←元気)と別れて私は行者小屋へ戻り、あとは日がな一日備え付けの本を読んだり明日の北西稜のトポを暗記したりしてまったり過ごしました。

予想通り13時に行者小屋に帰着した現場監督氏も、以後は読む・寝る・食うののんびりモード。ここ数ヶ月仕事や家庭サービスでの激務(?)が続いている現場監督氏にとっても、久しぶりのリラックスした時間だったようです。その反動かどうかはわかりませんが、21時の就寝後しばらくして、現場監督氏が唐突に寝言で「それじゃ行くぞー!」と叫んだのには驚かされました。夢の中でもクライミングとは、凄い気合!

2005/01/10

■07:20 行者小屋 ■08:30 露岩 ■08:55-09:10 小ピーク

行者小屋の朝食は6時半から。席についてみると、窓からは赤岳〜横岳間の稜線がすっきりきれいに見えています。不要な荷物を小屋の出入口横にデポして、いよいよ出発。しかし、既に阿弥陀岳の頂上付近には雲がかかり始めているのが気になります。

前日確認しておいた通り、南沢沿いの道を美濃戸方面へ少し戻ったところから阿弥陀岳方向へ入る踏み跡にしたがって樹林帯へ分け入り、しばらく高度を上げてからいったん沢筋に入りました。踏み跡に導かれて沢を北壁へとどんどん詰めていきましたが、しばらく登ったところで右上を見上げると案の定、目標とする露岩が近づき過ぎています。踏み跡もそこで切れていたから、我々同様露岩の位置を見て引き返したのでしょう。たったいま登ってきた沢筋を下って、ずいぶん下ったところ(恐らく沢筋に入ったところからすぐの位置)で踏み跡にしたがって左岸の樹林帯に入りました。しばらくは等高線に平行に尾根を回り込んでいくような進み方でしたが、やがて緩やかな尾根の中心線に達したと思われるあたりから直上する方向に変わり、まばらで歩きやすい樹林の中をぐんぐん高度を上げていくと、顕著な露岩。そこからわずかで視界が開けて、先行パーティーの赤いヤッケが小ピーク上に見えました。あいにく、行く手の阿弥陀岳は既にガスに上部を覆われていますが、核心部となるであろう上部の岩塔までは十分見通すことができます。

小ピークに着いて先行3人パーティーに現場監督氏がトレースのお礼を言い、3人を見送ると同時に我々もここでアンザイレン。まずはコンテで前進しましたが、途中の部分的にIII級を感じるトラバース〜もろいガレからはスタカットとし、3ピッチで第一岩壁の基部に到達しました。

■09:50-10:30 第一岩壁取付 ■12:55 第二岩壁終了点 ■13:10-25 縦走路

第一岩壁は、正面から見ると岩壁というより尾根上に隆起した高さ5m程の岩稜で、その正面から直登するルートもありますが、より容易なのは基部から右へ伸びるバンドを20m程辿り、そこから尾根の側面をリッジ上に向かって登るラインです。我々が第一岩壁基部に着いたのは、ちょうど先行パーティーのトップが側壁を登ろうとしていたところで、トップが上部に抜けて第二岩壁に達し、後続二人を迎えるまでたっぷり30分の待ち時間がありました。日が射さず時折寒風が吹き付ける尾根上の待機は想像以上に寒く(温度計でマイナス17度、体感気温はマイナス20度以下か)、現場監督氏はグローブが薄いせいで指先の痛みを感じているようです。私もロープを結んだ時点でいったんは薄手のグローブに替えたのですが、すぐに指先が痛くなってしまい厚手のグローブに交換していました。目出帽も私の薄手のものでは役に立たないのですが、先月の小同心右稜でも活躍したネックゲーターを耳当てがわりに目出帽の下に巻いているので大丈夫。とはいえ、昨夜、夕食時にテント泊の女性が小屋に上がって凍傷にやられた指先を一所懸命お湯で温めているのを目撃してもいます。速攻を心がけねば。

そうこうしているうちに、先行パーティーの後続二人は「悪い!」とこぼしながらもうまく上に抜けていき、入れ替わるように我々もバンドの先端まで進みました。ここにはしっかりした支点はなく、辛うじて見つけた残置ピン1本にスリングをかけて現場監督氏が確保の態勢に入り、例によって私のリードでスタート。

1ピッチ目:バンドの先端からすぐ右上に凹角が斜上しており、それを辿ればそのまま第二岩壁の基部まで導かれていけそうです。ところが、雪が詰まっていれば簡単に近づけそうな凹角がこの日のコンディションでは微妙に遠く、一歩上がってそろそろとトラバースしてみたものの、行けそうで行けない感じ。仕方なく元に戻って、先行パーティーも通ったいったん左上するラインに入りました。信用していいのかいけないのかわからないようなホールドを頼りに草付と岩のミックス壁をリッジの上まで上がり、そこから幅の狭い岩のエッジ上を第二岩壁に向かって登ります。技術的にはIII級程度ですが、リッジに出るまでは岩にスリングをタイオフしての頼りないランナーしかとれずだましだましの登攀となりました。リッジ上に出てみれば岩もしっかりしており、ところどころにピトンがあって確実なランナーがとれましたが、大回りをするようなラインになるためロープの長さが足りず、「あと5m!」の声に第二岩壁のわずかに手前の残置ピンでセルフビレイをとりました。先行パーティーは後続二人が第二岩壁の直下でビレイ態勢に入り、リードが正面壁の右寄りのかぶった凹角に挑んでいましたが、上から垂れている残置スリングにどうしても手が届かない様子(「四十肩で……」と言っていました)。ついに諦めてロワーダウンすると、我々が左にトラバースするつもりであることを確認した上で「どうぞ先に行って下さい」と声を掛けてくれました。

2ピッチ目:先行パーティーの厚意に感謝しつつ、現場監督氏のリード。第二岩壁基部までちょっと上がってから左のバンドへ消えていき、私の位置からはロープの動きで様子を窺えるだけ。ゆっくりと、しかし確実にロープが伸びていって、やがて「ビレイ解除!」のコールにほっとしました。セカンドの私も上部岩壁の基部まで上がると、ちょうど北稜を登攀しているパーティーの姿が左手のさして遠くないところに見えました。3人でツェルトをかぶって待機している先行パーティーに「お先に失礼します」と一声かけて左のバンドへ入りましたが、細い雪のバンドは足下が崩れれば奈落の底へ引きずり落とされそう。ところどころ右壁に残されたピトンでランナーをとってはいるものの、ここは技術云々ではなく勇気を試されるピッチです。現場監督氏にこのピッチをお願いしてよかった、それにしても早く安定したところに着きたいぞ……と思いながら足を進めると、基部から25mの位置にハンガーボルトが2本打たれており、現場監督氏はそこでビレイをしていました。

3ピッチ目:私のリード。先程の3人パーティーがすぐに後続してきていることもあり、まずは「どんどんA0で行きますから」と宣言しました。ハンガーボルトが打たれた位置から右に一段上がったところに雪のスロープがあり、雪の上に足跡がないところを見ると少なくともここを今日登るのは私が初めてらしく、ラインを探りながらの登攀となりました。とにかくそこに上がって右へ回り込むのだということはわかったのですが、一見するとホールドに乏しい感じ。しかし、ハンガーボルトの上に残置ピンがあり、そこにヌンチャクをかけて身体を引き上げるとうってつけの三角のガバ。これに手をかけ、フットホールド上で右足と左足を入れ替えて右足を右上のスロープに上げ、さらにそこにあるスローパー状の岩に右手をかけて右足へじわっと乗り込むと手がその先の黄色い残置スリングに届いて、何はともあれランナーをとりました。この残置スリングを下げたピトンが打たれているフェイスは狭いランペ状に上がっており、さらに上にも同様の残置スリングがあってそのまま上まで抜けられるのか?と迷いましたが、どうもそちらはホールドが細かそう。現場監督氏の指示にしたがっていったん右に降り、外傾した狭い雪のバンドを進んでみると、高さ1m程の段差の上に凹角が頭上へ伸びていて、そのフェイスと右の垂壁のコンタクトラインにピトンがベタ打ちされていました。右の垂壁にはリングボルト、さらにその右の狭いチムニー状にもピトンが見えましたが、本線は目の前の凹角だと当たりをつけて段差の上に乗り込み、ピトンの効きを確かめながらクイックドローで身体を引き上げていきました。しかし、凹角はだんだん立ってきて、ピトンの間隔もあいてきます。最初はあわよくばそのままA0でと思っていましたが、ここはアブミの世話になることにして、いったんテンションをかけてもらいアブミを準備。慣れないアイゼンでの人工登攀に身体を振られそうになりながらさらに上がり、最後は小さなガバを右手でとり、左手を岩稜上のギャップの向こう側にがばっとかけて身体を引き上げました。そこから左へ数m上がったところに、これも立派なハンガーボルトの終了点が設けられており、セルフビレイをとって一息つきました。

このピッチを抜けるのに私が30分。セカンドの現場監督氏は、私が最後に残置してしまったアブミの回収をお願いして20分。後続パーティーには1時間程も待たせてしまいました(すみません!)。終了点からも一応ロープを伸ばしましたが、もはや一般登山道なみの安定した道が尾根の右側を巻くように伸びており、2ピッチで御小屋尾根からの縦走路に突き当たりました。「もうここで握手してもいいんでしょう!」ということで現場監督氏とがっちり握手。荷を降ろして温かいコーヒーとどら焼き。ロープを解き、ギアをザックにしまいました。

■13:35 阿弥陀岳 ■14:10-35 行者小屋 ■15:45-16:05 美濃戸山荘 ■16:35 美濃戸口

摩利支天を越えてガスに包まれた阿弥陀岳の頂上に着くと、雪は少なく山頂の標識や石仏が露出していました。その石仏に無事登攀終了の御礼をして、行者小屋方面へ下降。山頂周辺には一般登山者の姿はなかったのですが、広河原沢から南稜を登ってきた二人パーティーと北稜を登っていた二人パーティーに行き会いました。

気温も低いままだし雪崩の心配は(たぶん)ないだろう、というわけで中岳沢をシリセード混じりでぐんぐん下ると、コルから行者小屋までたったの15分で下り着いてしまいました。あらためて握手を交わして、小屋の横にデポしてあったザックを回収し、南沢の道をとっとと美濃戸へと下りました。

行きにお茶をいただいた美濃戸山荘に立ち寄っておでんを頼み、しばしまったり。しかし、現場監督氏はやはり左手の指を凍傷で傷めたらしく、昨夜の行者小屋での女性と同様に、茶碗に湯を張って指先を温めています。もっとさっさとリードできていればと後悔の念に駆られましたが、実は私自身も鼻の横あたりを軽い凍傷ですりむいたような状態にしていたことに、このときは気づいていませんでした。

しかし、核心部は実は下山後に待っていました。すっかり凍った路面に、現場監督氏の車が滑るのなんの。運転席の現場監督氏も助手席の私も生きた心地がせず、登攀中には決して見せなかったひきつった顔。八ヶ岳美術館前の交差点から「もみの湯」までの(普段なら)短い距離も、超徐行運転でそろそろと進む我々には、永遠に続くロング&ワインディングロードに感じられたのでした。

今回の山行では、廣川健太郎氏の『チャレンジ!アルパインクライミング』のほか、先月の小同心右稜でも参照した古い『岳人』の記事をトポとしました。

この記事によると、第二岩壁のルートは全部で4つ。

  1. 正面をダイレクトに登るルート。正面壁の高さは約15mで、ホールドはあるが上部がかぶり気味で、これを乗り切るのが困難。
  2. 正面中段のバンドに乗り、左に移ってフェイスを登り、さらに一段上のバンドに立って、そこから稜上へ抜け出すルート。フェイスのバランスクライミングとなる。
  3. 北壁側側壁ルート。岩壁基部から北壁側へ延びる細い雪のバンドを伝い、25m登ると今度は右上へバンドが走っている。このバンドを伝って出ると二段の凹角が上に延びており、ここにルートをとる。
  4. 岩壁基部から右に回り込んだ後、尾根右側側壁を登り3.の終了点のギャップに出るルート。どちらかと言えば巻きルート的だが、トラバース部が悪い。トラバース後は稜上へ出ないで、そのまま摩利支天沢のつめの斜面を登ってもよい。

先行パーティーは1番目、我々はもっとも一般的な3番目のルートを採ったことになります。1番目は凹角の上がどっかぶりで、残置スリングが見えてはいるものの、いかにも難しそうでした。

(図はいずれも『岳人』501号から引用)

そしてこちらは、後日(2010/02/14)阿弥陀岳北稜から見た北西稜核心部。写真の真ん中に男女パーティーが写っています(写真をクリックすると拡大します)が、こうしてみると上の岳人の図とは違って実物はかなりの傾斜であることがわかります。

click