第7回東京・荒川市民マラソン

山頂  
分類 ラン
日程 2004/03/21
同行  
概要 第7回東京・荒川市民マラソン〔フル〕。初めてのフルマラソン挑戦は、5時間オーバーながらも完走できてとりあえず満足。

第7回東京・荒川市民マラソンに参加。初めてのフルマラソン挑戦です。昨年のこの大会で5kmの部に参加し雰囲気はつかんでいたものの、これまで走った最長距離は1月の東京喜多(北)マラソンのハーフで、練習でもこれ以上の距離を走ってはいません。そういう意味では毎度のことながらぶっつけ本番のレースです。

2004/03/21

会場に着いたのは受付終了ぎりぎりの8時半。しかし前回の経験でこのあたりの時間管理はかなりおおらかであることがわかっているので特にあせりはしません。

多くのランナーでごったがえす中、適当に場所を見つけてランナー姿に変身。上は長袖Tシャツ、下はCW-Xロングといういでたちで、手早くゼッケンをTシャツの前後に安全ピンで着け、シューズを履き替えました。前日は冷たい雨が降っていましたが今日はきれいに晴れて適度に暖かく、実に良好なコンディションです。開会の挨拶が行われているのを横目で見ながら荷物置き場への長蛇の列に連なり、さらにスタートの9時になった時点では軽量化のために仮設トイレの前に並びました。どうせ私の番号ではまともに並んでいてもスタートラインを通過するのは9時15分くらいになるのですから、あわてる必要はありません。

準備万端整えてコースに入り、目算どおり9時15分にスタートラインを通過しました。周囲のペースにあわせてごくごくゆっくりしたジョグを続けましたが、このペース(キロ7分)だとまったく息があがらないし、気候はいいし河川敷の芝生も目に優しくて気分がいいしで、走りながらついつい好きな歌を声に出して歌ってしまいました。

天使たちの調子がよく 月がほっそりとした三日月の時 そんな夜のこと
その輪が示してくれる 地球から発せられる ほのかな輝きで
アースシャイン 夜ののろし 見上げるとそこには アースシャイン
アースシャイン 夢を舞い上がらせるための 手の届かぬ宝石 アースシャイン
(Rush "Earthshine" 川原真理子訳 上記には明らかな誤訳が含まれていますが……)

12km走ったところで早くも先頭ランナーとすれ違いました。速いなー!住む世界がまるで違うという感じ。周囲を走っている人たちもトップランナー(ゼッケン1番と2番が競い合っていました)たちとすれ違うときには盛んに拍手を送っていましたが、自分たち自身はずいぶんのんびりムードで、知り合い同士でしゃべりながら走っている人もいればコスプレ系もいます。コスプレで私の近くを走っていたのは半着ぐるみのクマのプーさんで、コース脇で声援を送っていたガールスカウトの女の子たちが大喜びして「プーさん!プーさん!」と声を掛け、そのまま連続ハイタッチ。ほかにタイガーマスクとか帽子の上のピカチュウ、上半身迷彩服で腰の周りにペットボトルを10個もぶらさげたおじさん、ウェディングドレス姿のおばさん、唐草模様の巨大な風呂敷包みを背負った男性も見かけました。しかし、コスプレ系は皆レースを捨てているかというと意外に速かったりするから侮れません。

コースには1kmごとに表示があり、給水所も適度な距離を置いて15か所もあるので走り飽きるということがありません。補給できるのはスポーツドリンク、バナナ、オレンジ、それに後半はアンパンやチョコパンが加わり、35kmではレモンシャーベットもいただきました。最後の給水所(40.1km)を除いて全ての給水所に挨拶していったので、さすがにこれは時間のロスも大きかったでしょう。次回走るときは、少しは我慢しなくては。それはともかく、折り返しての後半は少し冷たい風が吹くようになり、また32kmあたりから左足の裏が痛むようになってきました。筋肉痛というより骨に響くような痛みで辛かったのですが、給水所前後での歩きも交えてだましだまし走り続けました。残り4kmからペースをあげて呼吸をしっかり整えながらの走りに切り替え、歩きながらゴールを目指している人たちを次々に抜き去って、最後の200mはダッシュでゴールイン。手元の時計で5時間15分です。5時間は切りたかったところですが、初フルで完走できたのだからよしとしましょう。

ゴール風景。元気いっぱい走り込む人もいれば、へろへろになって歩いて辿り着く人も。いずれサブフォーで走れたら、右手を高々と掲げて若山弦蔵の声で「オリーンピーアー!」と叫びながらゴールを駆け抜けたい(←わかる人はいるかな?)。私のゴール姿(右)をこうして見ると、余裕あり過ぎだな、もっとしっかり飛ばすべきだったな、などとちょっと反省。

足をひきずりながら荷物を回収し、まずは職場の同僚でこのレースに参加しているはずのてっしーに電話してみました。しかし、電話に出たてっしーはなぜか妙に落ち着いた口調です。聞けば仕事の納期に追われて、今も会社にいるとのこと……ご苦労様です。続いて、クライミング仲間のNiizawa氏とSakurai氏に電話。すぐにはつながらず、「もしかしてまだ走っているのかな?ふふふ」と一瞬ほくそ笑みましたが、落ち合ってみればNiizawa氏は私より2時間近くも早くゴールしており、Sakurai氏も数分差で私より先。

爽やかな笑顔のNiizawa氏(左)とSakurai氏(右)。Niizawa氏は直前まで「膝の調子が悪いから途中で棄権するかも」と弱気なことを言っていたくせに、フタを開けてみれば3時間半を切っていました。聞けばこの3週間、50km/週の走り込みを続けていたのだとか。う〜む、「受験生ブルース作戦」か?(←これもわかんないかな?)

この後、大会事務局の送迎バスで浮間舟渡駅まで移動し、駅のすぐそばの居酒屋で3人で打ち上げました。走った直後はアルコールは控えた方がいいということだったので中ジョッキ2杯におさえ、帰宅した後も熱い風呂はよくない(本来はアイシングすべき)とのことなのでぬるめの風呂に入ったのですが、この風呂で身体の芯を冷やしたのがよくなかったのか、風呂からあがった途端に気持ちが悪くなり、トイレで嘔吐してしまいました。この10年以上も、いくら酒を飲んでも吐いたことなどなかったのに、これがマラソンのダメージなのでしょうか?傷めた左足は翌日会社の近くの整骨院で見てもらいましたが、ランナーにはおなじみの足底筋膜炎のごく軽い症状とのこと。しばらくおとなしくしていれば大丈夫。

しかし、そんな目に遭いはしたものの初めてのフルマラソンはとても楽しいものでした。これからも、年に1〜2度くらいは楽しみながら走り続けてみたいと思いました。

後日送られてきた完走証。タイムはスタート時刻の9時からで表示されています。また2枚の写真にはゴールインする私の姿が写っています。

  ラップタイム ネット 総合順位
-10km -20km -30km -40km ゴール
Niizawa 0:49:19 0:46:36 0:47:05 0:53:04 0:10:50 3:26:54 1809位
Sakurai 1:00:55 1:02:44 1:13:17 1:34:05 0:17:04 5:08:05 8152位
1:09:18 1:13:58 1:16:35 1:20:42 0:14:40 5:15:13 8,600位

3人のラップタイム。Niizawaさん、速いですね。Sakuraiさん、次回はお互いにがんばりましょう。