第33回東京喜多(北)マラソン

山頂  
分類 ラン
日程 2004/01/18
同行  
概要 第33回東京喜多(北)マラソン〔ハーフ〕。初めての20km超。

第33回東京喜多(北)マラソンのハーフの部に参加。これまでジョギングの距離を少しずつ伸ばして1週間前には18kmを走っていましたが、20km超を「走る」のは生まれて初めて。前日は雪のちらつく天気だったので中止の心配をしましたが、当日になってみれば素晴らしい快晴で雪は日陰にわずかに残っている程度。気温は高くも低くもない、絶好のコンディションです。

2004/01/18

会場は池袋から西新井行きのバスに乗って王子を越えて着く、荒川の右岸河川敷に作られたサイクリングコースです。会場に着いてみると参加者はかなり少ないこじんまりとした大会で、なんとなくアトホームな雰囲気。そう言えば主催者は「北区ラジオ体操連盟」とのことで、記録の計測も、上位20位までは主催者側で計るがあとは自己計測して下さいというおおらかなものですが、こういう手作りなところはかえって気が楽。主催者がそういう会だから、もちろん開会式に続いてラジオ体操が(第1だけでなく第2まで!)行われます。

ちょうどそのとき私はお手洗いの前で長蛇の列に加わっていたのですが、トイレ待ちの人たちももちろん列を作ったままラジオ体操を行いました。

9時30分に、ハーフのランナーたちの「がんばれよ〜」という声援を受けながらフルマラソンの選手たちがまず出発し、15分のインターバルを置いて我々ハーフもスタート。荒川マラソンみたいなマンモス大会ではないので、あっという間に全員がスタートできました。コースはまずスタート地点から下流に向かってサイクリング道を走ります。左手にはグラウンドが続いていて、様々な年齢層の人たちが野球やサッカー、アメリカンフットボール、ラクロスなどをしており、飼い犬を遊ばせている人もたくさんいて実にほほえましい風景です。こちらは上は長袖1枚、下はCX-Wで固めて、いつものジョギングよりは少し速いペースで進みました。ハーフに足切りはありませんが、一応2時間以内のゴールが目標です。6km程走ったところでUターン。途端に右前方から風が吹き付けてきて、寒くはありませんがちょっと走りにくく、ついつい前を行くランナーの影に隠れました。しかしこれはコースの向きによる一時的なものだったらしく、すぐに風は感じなくなって再び適当なペースで進みました。

給水所でバナナを配るおじさん。これがバドガールかハイネケンガールだったらフルマラソンも気分よく走れそうな気がします。ところで、実はじかに見るまでランナーはバナナをまるごと1本渡されるのかと思っていたのですが(←アホ)、ちゃんと食べやすく切ってありました。

スタート地点を過ぎると残り8kmですが、この時点でどうやら目標の2時間ぎりぎりであることがわかりました。上流側も相変わらず明るくのんびりした道が続いて、右手にはゴルフ場が広がります。たしかここでゴルフをしたことがあるな、そう言えば最後にゴルフをしたのは7年前だったな、などととりとめもないことを考えながら走りましたが、このあたりから左太腿の内側、右膝、左足指、左肩と徐々に違和感を感じ始めました。やがてコースはサイクリング道を離れて土手の上に上がり、水門の上を渡ってしばらく行ったところで再びUターン。残り4kmです。

ラスト2kmは、身体のあちこちが「もう歩こう!」と言っている中我慢を重ねましたが、それ以上に精神的なモチベーションを最後の最後まで維持するのには本当に苦労しました。「もうええやん、2時間切れへんのやし、楽したら?」みたいな悪魔の囁きをこらえてなんとか最後まで走り続けることができましたが、タイムは残念ながら2時間4分34秒。はっきり言ってかなり遅いです。それでも完走証を渡されて(名前とタイムは自分で後で書く仕組)、ポカリスエットとりんごとバナナ、それに甘酒もいただいてそれなりに満足。

フルマラソンの表彰対象者は上位3人で、したがって3人ゴールインしたらちゃっちゃと表彰を始めるという手際のよさ(?)。ちなみにトップは2時間37分21秒だそうです。3月には私もフルマラソンにチャレンジすることになっているのですが、こんなことで走りきれるのでしょうか?まぁ、そちらは制限時間が7時間と余裕があるので、歩きも交えながらとにかくゴールに到達することだけを考えることにしました。