剱岳〔敗退〕

山頂  
分類 北アルプス
日程 2003/10/11-12
同行 T女史
概要 室堂から剱沢小屋に入り、翌日源次郎尾根を目指すつもりだったが、悪天候のためあえなく下山。

click

剱沢小屋からの剱岳。上の画像をクリックすると予定していたルートが、もう一度クリックすると登攀予定日の当日朝の様子が見られます。(2003/10/11-12撮影)

夕焼けの剱岳。これは翌日の悪天候の前触れだったのかも。(2003/10/11撮影)

赤木沢に登ったときにT女史と「次は剱岳の源次郎尾根」という話にしていたのですが、それだけでは面白くないといろいろ調べてみると、源次郎尾根II峰の平蔵谷側にあるABフェースや本峰南壁A2あたりがピッチ数もグレードも源次郎尾根につなげるのに手頃であることがわかりました。10月の連休ともなればいつ雪が降ってもおかしくない季節で、実際9月の下旬に一度降雪をみてはいたのですが、剱沢小屋に電話を入れてみたところでは稜線上は概ねコンディション良好とのことだったので、三連休初日に剱沢小屋でT女史と合流し、二日目に源次郎尾根を登り途中でABフェース、さらに正午までに剱岳山頂に着けばその日のうちに本峰南壁A2を狙うことにし、時間的に無理であれば南壁は三日目に回す作戦を立てました。

2003/10/11

■08:00 室堂 ■10:00-10 別山乗越 ■10:40 剱沢小屋

「さわやか信州号」で室堂に着いてみると、高曇りではありますが眺めは悪くありません。あたりの紅葉はくすんだ感じでさほど美しくはありませんが、室堂乗越の向こうに剱岳の姿も見えています。ミクリガ池の左から地獄谷に下り、雷鳥沢を渡ってゆっくり別山乗越へ。

後ろの室堂の箱庭のような眺めがだんだん遠くなって、やがて別山乗越に到着すると、目の前に剱岳の見事な三角錐が現われました。

剱沢の向こうに聳える剱岳は右にギザギザの八ッ峰の稜線を翼のように広げており、その手前に源次郎尾根も、また山頂直下には南壁もはっきり見えました。遠くには白馬から南へ伸びる後立山の山並も見えており、その下の方は紅葉が鮮やかであるようです。カメラ休憩の後、剱沢の右斜面をからむ道を下りましたが、道筋には先月末の雪が少し残っていました。

剱沢小屋に到着した時刻はまだ10時40分。軽荷で剱岳往復くらいならできそうな時刻ですが、明日に向けて体力を温存することにして、ストーブががんがんたかれた談話室にたてこもり、備え付けの岩場の解説書やマンガをのんびり読みふけりました。T女史は16時頃に到着。扇沢まで車で来て1時間の仮眠後、黒部ダムから内蔵助平を通り、ハシゴ谷乗越を越えて真砂沢ロッジから剱沢を登ってきたのだそうです。う〜む、健脚。しかし、実は私が小屋に着いて受付をしているときに、小屋のおっちゃんから気の毒そうに「明日は天気悪いよ」と言われていたのでした。

2003/10/12

■06:30 剱沢小屋 ■07:05 別山乗越 ■08:30 室堂

日付が変わる頃から雨音が聞こえており、出発予定時刻の5時に外の様子を窺うと雨はそれほどではありませんが完全にガス。天気予報もこの2日間の悪天候を告げており、残念ながら今回はこのまま下山することにしました。雨具を身につけ、剱沢小屋を出発。別山乗越を過ぎると急に風雨がきつくなりましたが、それも室堂に向かって高度を下げると次第に収まって、雲の下に出ると草紅葉がしっとり濡れてきれいでした。

室堂からはアルペンルートで扇沢へ。大観峰から見下ろす紅葉に息を飲んだり、黒部ダムの放水に目を丸くしたりしながら扇沢の駐車場に着いて、T女史の車でまずは大町温泉郷。ゆったり湯につかってウェアをさっぱり着替えてから、松本まで移動して駅の近くのとんかつ屋「たくま」で昼食。おそろしいボリュームのヒレカツ定食(large)をなんとかたいらげました。Tさん、今回は残念でしたが、またいつかチャレンジしましょう。