葛葉川本谷

山頂  
分類 関東周辺 / 沢登り
日程 2002/08/10
同行 てっしー / I氏 / オグ / M氏夫妻
概要 会社の同僚たちと共に丹沢の葛葉川本谷を遡行。三ノ塔から二ノ塔を経て二ノ塔尾根を下降。

横向ノ滝。ホールドは豊富で、水をかぶりながら楽しく登れます。(2002/08/10撮影)

板立ノ滝。左から登りましたがけっこう悪く、後続にはロープを出しました。(2002/08/10撮影)

富士形ノ滝。右から行けば簡単ですが、水流沿いにこだわって登る方が楽しめます。(2002/08/10撮影)

2002/08/10

■10:45 葛葉の泉

職場のクライミング仲間を引き連れて初の沢登り。クライミング関係は経験豊富なてっしーとその学生時代の友人I氏、沢は初めてのオグ、丹沢のベテランM氏とその奥さん、それに私の6人で葛葉の泉に集合したのは、けっこう遅い10時半頃。それもそのはず、今日は帰省ラッシュの初日で、高速道路はどこも大渋滞なのでした。各人のいでたちは、私はいつもの沢セット。てっしーとI氏は学生時代に使い慣れた北海道の秀岳荘特製フェルト足袋、オグは地下足袋にわらじ、M氏は沢登りというより沢ハイクのつもりでトレッキングシューズで、奥さんはスニーカーです。したがって、以後M氏夫妻は基本的に沢の河原や巻き道を進み、その他は水にじゃぶじゃぶ入ってアホになりきる、というパターンで遡行が続きました。

きれいに整備された入渓点でまずオグのわらじを濡らし、足にセット。子供たちが水浴びしているすぐ横をヘルメットをかぶったいかめしいいでたちで申し訳なさそうに通り過ぎてから、すぐに樹木が両岸に迫る小滝を越えるようになり、やがてゴルジュとなって気分が出てきます。しばらく思い思いに遡行していると、狭くなった岩の間を上から水がどうどうと落ちてくる横向ノ滝に出会いました。ここは一見高度感がありますが、ホールドがしっかりしているので手がかり足場を探しながら正面をステミングの要領で登ると簡単です。

このあたりから少し滝が大きくなってきて、続く7mの滝は左側からでも行けますが、右側の豊富な水量の斜面にまっすぐ突っ込んで登ると快適。単独の中年男性が何度か取りついては諦めてを繰り返していましたが、特に問題になるところはありませんでした。続く二条5mの滝は右側の狭いルンゼ状のところに入り、とにかく横に逃げずに直登します。沢は初めてのオグもそろそろコツがつかめてきたようで、後ろで見ていても堂々たる登りっぷり。

さて、本谷で一番悪いとされる板立ノ滝が前方に見えてきました。多くの記録では水流の右側から登っているようでしたが、一応ホールドがつながると判断して左側からまず私が取り付きました。濡れて滑りやすい外傾フットホールドに強度不明瞭なホールドで確かに悪く、しかもけっこう壁が立っていてムーヴが制約されます。落ち口の左側にいったんかっこ悪く膝から乗り上がってから、かぶった岩の下を回り込むようにして上に抜けましたが、これはてっしー以外ではちょっと難しい。そのてっしーにはロープを投げて上がってきてもらい、残りのメンバーには巻いてもらうよう指示をしました。オグとM夫妻は定石通り左岸側から難無く巻いてきましたが、I氏は右岸の土の斜面を上がってきてけっこう危なっかしいトラバースになってしまい、冷や汗をかきました。

■12:45 林道横断点 ■13:20-45 富士形ノ滝

板立ノ滝のすぐ先の曲り滝を越えると頭上に林道が横切っており、小さな滝をいくつも越えて行きます。そろそろ疲れてきた頃におむすびのような姿をした富士形ノ滝が見えてきたので、その手前で昼食休憩としました。

富士形ノ滝は両脇から行けばなんということもなく越えられますが、この頃にはメンバー間に「とにかく水流沿いに登る」という暗黙の了解ができていたので、まず私が先鋒をつとめることにしました。二段になった下段は左側から回りこんで上がり、上段の数mを見上げます。けっこう立った壁のまん中に水流溝ができていて、出だしの3mを処理できればあとはホールドがありそう。うまい具合に足下の右に岩があり、これと水流左側の壁をつかって両足突っ張りで高さを稼ぎ、上に見えていたホールドを左手でむんずとつかんだら、あとは水流の中の細かい出っ張りに足を突っ込んで無事に上に上がることができました。沢靴ではないM夫妻には横道を登っていただいて、オグ・I氏には正面から登ってもらいましたが、いずれも巧みに下部を処理して上がってきます。最後にてっしーの番になりましたが、今日のメンバーの中で一番フリーの技術が高いてっしーが妙に苦戦しており、とうとう途中で諦めてしまいました。おいおい、どうしたんだよと声を掛けると、てっしーの友人のI氏が「私のことを気遣ってわざと登れないフリをしたんですよ。こいつはそういうヤツなんです」と助け舟を出しました。実はI氏は仕事上の事故で左手先に義手をはめており、ところどころで苦労しながらそれでもここまで他と遜色なく登ってきていたのですが、板立ノ滝はさすがに巻いてもらっていたのでした。しかしてっしーがそんな殊勝な理由で登らなかったハズがなく、I氏の発言はセンスのよいからかいです。もちろん、てっしーも地団太を踏んで悔しがっていました。

この後は水量もだいぶ減り、それでも遊び感覚で水流にこだわりながら遡行を続けました。ナメ滝を越え、やがて涸れ沢になってきてそれでもしばらく登っていると、赤布に導かれて左の尾根を目指すようになり、適当なところから尾根筋に上がってしばらく進むと三ノ塔尾根。ここにははっきりした登山道がありました。

■15:10-40 三ノ塔 ■17:00 葛葉の泉

樹林の中の暑い道を我慢しながら登るとやがて風遠しのよい稜線に出て、わずかの歩きで三ノ塔の頂上に着きました。塔ノ岳方面は曇っていたが相模湾方面は展望がよく、江ノ島や三浦半島がはっきりと眺められます。沢道具をしまい、しばらく気持ちよい風に吹かれて休憩してから、おもむろに下山にかかりました。

二ノ塔の山頂から長く滑りやすい二ノ塔尾根をひたすら下って入渓点の葛葉の泉へ。やわらかくおいしい水をたっぷり飲み、フェルトソールの洗濯までしてから、沢を辞しました。今回は、全ての滝をフリーで直登できて、自分としては満足のいく遡行でした。また、沢初見参のオグが本番に強いところを見せてくれたのは、今後に向けて大きな収穫でした。