西穂高岳〜奥穂高岳

山頂 西穂高岳2,909m / 奥穂高岳3,190m
分類 北アルプス
日程 2002/07/27-28
同行  
概要 新穂高温泉からロープウェイで上がって西穂山荘前に幕営。翌日、西穂高岳から奥穂高岳まで縦走して、涸沢へ。
西穂高岳からの西穂山稜。前方遠くに奥穂高岳が聳えます。(2002/07/28撮影)
有名な逆層スラブ。遠目には立って見えるが、近づいてみると傾斜はかなり緩やか。(2002/07/28撮影)
天狗岳からの奥穂。コルからの厳しい登り返しにはうんざりさせられました。(2002/07/28撮影)

穂高の入門的な岩稜ルートとして前穂北尾根には前々から狙いをつけていましたが、6月に奥秩父の沢でご一緒したさかぼう氏にその話をすると、さかぼう氏も今年の夏はここを狙っていたとのこと。そこで二人でロープを組み、前穂北尾根に挑むことにしました。お互いの仕事の都合から、私は土曜日から山に入り、日曜日に西穂から奥穂を抜けて涸沢定着。月曜日に北穂東稜をやっつけて涸沢でさかぼう氏と合流。火曜日にさかぼう氏と共に前穂北尾根を登って、水曜日に下山することとし、さかぼう氏はそのまま涸沢にとどまり水曜日に同じく北穂東稜を登って、木曜日に帰宅というスケジュールを組むことになりました。まさに「穂高三昧」です。小屋泊まりにすれば軽量化も図れますが、この日数ではさすがにお金がもったいない。そんなわけでクライミングギアに幕営装備が加わりましたが、ロープはさかぼう氏が持ってきて下さることになったので、結局ザックの重みは20kg程度に収まってくれました。

2002/07/27

■16:00-10 西穂高口駅 ■17:10 西穂山荘

西穂高口駅から西穂山荘までの歩きは、一昨年の9月以来。そのときはやはり西穂から奥穂を目指したものの、悪天候のために独標で敗退したのですが、今回はどうやら文句のない天候が予想されているので、宿題を果たせそうです。ゆっくり歩いて西穂山荘に17時過ぎに着いてみるとさすがにテン場は大盛況で、それでも隅っこにぎりぎりひと張り分のスペースを確保し、小屋からビールを仕入れてコンビーフ入り焼そばを作りました。しかし、凄い数の蚊がぶんぶん飛び回っていて落ち着かないし、西穂山荘が建っているところから一段低いところにあるテン場は山荘前の広場にいるたくさんの登山者たちから見下ろされて、まるでクマ牧場のクマになった気分(本当は登山者たちは遠くの霞沢岳などを眺めているのですが)。

2002/07/28

■04:25 西穂山荘 ■05:20 西穂独標 ■06:25-40 西穂高岳

朝食にラーメンを食し、朝のお勤めをすませて出発。既に多くの登山者がご来光をピークで見ようと歩き始めていますが、私のようにヘルメットをぶら下げている登山者は意外に少ないようです。もっとも、西穂山稜は一般登山道の延長線上なのでそれも当然。

独標、ピラミッドピークを越えて、出発からちょうど2時間で西穂高岳に到着。逆光の中、前穂から奥穂への吊尾根が大きく、ふと気づけば左奥には槍ヶ岳も見えています。背後には焼岳や乗鞍岳が遠く連なり、左手に笠ヶ岳、遠くに白山など山座同定を始めたらきりがない感じです。しかし、時間をつぶすのはそれくらいにして、そそくさとヘルメットをかぶり、目の前の稜線へと足を踏み出しました。

高度感のある狭い岩稜を進み、鎖を頼りに信州側に急下降してからトラバース。ガラガラの稜線を進むと顕著なピークに登り着いて、ここが間ノ岳らしいが標識らしきものは見当たりませんでした。ここまで特に難しいところはありません。

■07:45-50 間ノ岳 ■08:25 間天のコル ■08:40-09:00 天狗岳

間ノ岳でヘルメットをかぶった2名の対向者とすれ違いました。早いな〜。間ノ岳の下り始めは岩がもろい感じで、よく見ればしっかりした踏み跡があるのですが、中には自ら崩れそうな岩屑の中に踏み込んでピンチに陥りかけている者もいて「そこは戻るしかないですね」となんとも間が抜けたアドバイスしかできません。鎖場の先に飛騨側へ下降する場所があり先行者が行き詰まっていましたが、これも見れば垂れているロープに忠実に下ろうとして足下が崩れそうになっていました。しかし周りを見渡せば道はジグザグにつけられていてこれまたさしたる危険もなく、先行者にそのことを教えると、緊張で道が見えなくなっていて、という趣旨のことを言っていました。確かにこうした悪場は慣れがものをいう世界で、3年前なら自分も恐らく同じように随所で行き詰まっていたに違いありません。あちこちでガラガラという落石の音も聞こえていて、さすがに安定した縦走路というわけにはいかないようです。

間天のコルから目の前には有名な逆層スラブが立ちはだかっている……と書きたいところですが、「立っている」というよりは「寝ている」と書いた方が正しいでしょう。角度はせいぜい30度くらいで、鎖もついているのでさくさくと登ることができます。これを登りきってさらに岩場を越えていくと天狗岳の山頂です。ここからは後方の間ノ岳の稜線から間天のコルへロープ伝いに下る人の姿なども見えて、この稜線に実に多くの登山者が入っていることがわかります。多くが単独か二人パーティーですが、中にはガイドとお客という組み合わせもいました。

■09:25 天狗のコル

天狗岳からの下り始めはちょっときわどい感じがしますが、すぐ危なげのない道になりました。コルへの最後の鎖は垂直で下が見えないだけに不安にもなりますが、実際は足場がしっかり作ってあってさしたる危険はありません。ただ、体力以上の荷物を背負っているときなどは嫌らしいかもしれません。

コルの信州側にはかつての避難小屋の土台がちらっと見えましたが、ここまでけっこう時間を使ってきているので、先を急ぎました。やはり、使いもしないギアを背負っての登りはいつの間にか身体を消耗させているようです。

ジャンダルムから奥穂方面の眺め。手前の岩峰がロバの耳ですが、ようやくゴールが見えてきた感じ。(2002/07/28撮影)
ジャンダルム(左下トラバースしている人物の小ささに注目)。奥穂側からのこの角度で見るジャンダルムは潜水艦の艦橋のようですっきりと格好いい。(2002/07/28撮影)
振り返りみるロバの耳(左)とジャンダルム(奥)。これで難所と言われるところは概ね終了。(2002/07/28撮影)

■11:10-40 ジャンダルム

天狗のコルから眼前に怒濤の急登が続いていて、正直に言ってだんだん飽きてきました。西穂山稜に対して失礼な言い方で申し訳ないですが、ここまで技術的な難所はほとんどなく、暑い夏の日射しにあぶられながらアップダウンを繰り返しているだけ。それなら飯豊とか朝日とかの東北のたおやかな山稜を花を愛でながら歩いた方がずっと楽しい……などと考えながら急登をこなしているうちに、10時頃になると岳沢側からガスが上がってきて展望が急速に失われていきました。この「10時になるとガスが上がってくる」という情報は明後日の前穂北尾根を登る際に役立つかもしれない、と記憶にインプットしておきました。

長い登りの後に登り着いたのがコブの頭。ジャンダルムは目の前ですが、こちら側から見るジャンはずんぐりしたただの岩峰で、迫力がありません。正面の岩壁に比較的新しいと思われる鎖やフットホールド用の鉄棒がついており、それらを頼りに直登してすぐにジャンダルムのてっぺんに出ました。存外広い頂上部からは、あいにくのガスで奥穂方面の展望がとぎれとぎれですが、それでも時折ロバの耳や奥穂山頂の姿を確認することができました。しかし、早立ちだったためここで眠気が一気に襲い、ケルンの横でザックを背負ったまま仰向けになってしばらく昼寝をとりました。

ジャンの頂上からコブの頭方面へ下り、信州側を巻いてロバの耳へ向かいます。ところが、こちら側から振り返ってみるとジャンダルムの姿は一変していて、まるで潜水艦の艦橋のようにすっきりと高く格好よし。そうそう、ジャンダルムはやっぱりこうでなくては。続く岩峰のロバの耳は飛騨側をトラバースして、最後に鎖頼りに脆く長い斜面を下りました。ここで私の後ろを歩いていた単独行の登山者が起こした落石が先行していた登山者の足に当たって冷や汗をかく場面もありましたが、大事には至らずほっとしました。この下りが終わると概ね核心部は終わりです。

ロバの耳を下りきったコルから登り返していくと、痩せた尾根の通称「馬の背」。奥穂側からの下りだとちょっとイヤな感じかもしれませんが、登りにとればホールドも豊富で問題なく、おまけにガスのせいで高度感がほとんどないのがかえって残念。ここを過ぎると傾斜は緩やかになって、そのまま岩屑が堆積した奥穂高岳の山頂に到着しました。

山頂では、この西穂山稜で前後を歩いていた登山者同士が何となく寄り集まって縦走の成功を祝福し合いました。そこで縦走の感想を述べ合った各人の共通の結論は、西穂山稜は「難しいところはないが、しんどかった」というものでした。

■13:20-40 奥穂高岳 ■14:10-15 穂高岳山荘 ■15:50 涸沢

奥穂高岳から白出のコルへ下り、穂高岳山荘でホットカルピスを注文。一息ついてからザイテングラートを下りましたが、この下りが重荷を担いだ身にはこの日最も辛く感じられたピッチとなりました。苦闘1時間半、へとへとになって下り着いた涸沢にテントを張り、何はともあれ涸沢ヒュッテで生ビールとおでんを注文しました。

→「北穂高岳東稜」へ続く。

2日後に吊尾根から見た西穂山稜。今回は最後まで天候に恵まれました。(2002/07/30撮影)