水無川源治郎沢〔敗退〕

山頂  
分類 関東周辺 / 黒澤敏弘ガイド
日程 2002/05/19
同行  
概要 丹沢の源治郎沢を遡行。F4の上で遡行を中止し、そのまま来た道を下降。
10mのF4。左のリッジから上部で右に回り込みます。(2002/05/19撮影)

2002/05/19

■09:50 戸沢出合

丹沢の源治郎沢といえば入門者に好適な沢として有名で、この日も多くの沢ノボラーが戸沢出合から入渓していたので賑わっているかと思っていましたが、実は皆さん水無川本谷に行ったようで、源治郎沢は静かでした。書策新道をわずかに登ったところで「源治郎沢」と書かれた2本目の標識をやり過ごしわずかに進んだところから左に尾根筋を乗り越すと一番上の堰堤の真横に出て、そこからもう上流に最初の4m滝を見通すことができました。

今回はちょっとした趣向があって、沢靴ではなくアイゼン&プラブーツでこの沢を登ってみようというわけです。堰堤の上流でアイゼンを装着し、アンザイレンしてコンテで進みました。

この先、数mの小さい滝が連続しており、アイゼンの爪先を岩の凹凸に引っかけたりフットホールドに横置きしたりしながらぐんぐん進みます。最初のうちは河原歩きにも苦労していましたが、徐々に足がなじんできて、岩の上に足を置いたときに12本あるアイゼンの爪のどれとどれが今どの方向に効いているのかがわかるようになってきました。

そろそろ息が上がってきたところで現れたのが10mの大滝=F4。左側のリッジに取り付いて、気持ち左側の壁を中心にフットホールドを拾いながら上に登り、上部で頭を岩に押さえられる前に右に回りこんで水流沿いに落ち口へ抜けました。5m程登ったところで手足とも適当なホールドを探しあぐね、そのうち右足が滑って一瞬顔が引きつりましたが、そこを除けば困難はなく、無事に抜けることができました。

■11:00-10 F4の上 ■12:35 戸沢出合

F4の上で小休止。再び進むと前方に5m滝が現れて、ここで今日初めて他のパーティーを見ました。さて、ここから先も滝はいくつも続き、最後は花立の横に抜けるのですが、今回はアクシデントがあって遡行はここまで。ロープを解き、アイゼンをはずしてもと来た沢筋を下降しました。プラブーツで苔と飛沫に濡れた丸っこい岩を下るのはけっこう緊張しましたが、懸垂下降を1回交えて1時間弱で戸沢出合へ下ることができました。

残念ながら途中で終わった源治郎沢、今回はアイゼントレーニングということでの遡行で得るものも多かったのですが、後日あらためて沢登りスタイルで最後まで登り通したいものです。