第1回猫の森カップ

山頂  
分類 インドア / 黒澤敏弘ガイド
日程 2001/09/29
同行  
概要 職場の同僚たちによるフリークライミング体験講習の2弾目、「ストーン・マジック」でのコンペ『第1回猫の森カップ』。

予選ルートを登るしのちゃん。ツインモンスターに引かれた5.9の課題。(2001/09/29撮影)

よもやの最下位敗退にがっくりくるてっしー。まさかの大逆転で3位に輝いたコンちゃんのピースサインが追い討ちをかけています。(2001/09/29撮影)

先日職場の同僚たちを小川山に連れていきましたが、さらにクライミングの輪が広がって今日は別メンバーで「ストーン・マジック」でのインドアクライミング講習。コンペ形式でインドアクライミングを楽しもうという企画です。参加者はクライミング経験2回目のコンちゃん、まったくの初心者のしのちゃん、学生時代けっこう登りこんでいたが5年間壁から遠ざかっていたというてっしー。それに昨年勘七ノ沢で御一緒したS氏がジョインして下さって『第1回猫の森カップ』となりました。なお、競技ルールは「トップロープによるフラッシング&ワークト方式」というもの。つまり全員TRで、未体験のルートを(しかし他人=黒澤ガイドが登るのはあらかじめ見ている)登り、かつ制限時間内であれば地上からの再トライもOKというわけです。

2001/09/29

■10:00-15:00 「ストーン・マジック」

競技ルール等についてのオリエンテーションの後、クライミング経験が少ない参加者もいるのでまずはツインモンスターの一番手前の壁で一通りフリークライミングの概説と確保の基本についての講習を行い、ついで5.8のルートで足慣らし兼順番決めをすることになりました。S氏、てっしーはもちろん、初体験のしのちゃんも抜群の運動神経で終了点に到達して「大したもんだ」と賞賛を浴びましたが、コンちゃんは残念ながら3手目が出せずに終わってしまいました。壁スメアを利かそうとするのですが小さなホールドに身体を預けられず、したがってスメアも壁を押す方向には利かせられなかったようです。最後に残った私、「どこかでこんなパターンがあったな?」とプレッシャーを感じながら取り付きましたが、登ってみると案外バランシー。爪先を壁にがりがり言わせながら情けない姿勢で伸び上がってホールドに手を伸ばす動作が続いて恥ずかしい思いをしました。終了点からロワーダウンで下ったところであらためてスケジュールの確認。「次のルートが予選で、そこで1名脱落します」と黒澤ガイドが説明すると、コンちゃんがぽつりと呟きました。「私だ……」

予選はツインモンスターの奥左の壁の垂壁に引かれた5.9のラインで、小さなハング越えがあるもののさほど難しいルートではありません。S氏、てっしー、私の順に上まで登り、ついでしのちゃんも見事に完登(一番上の写真)。なかなかやるじゃないですか。コンちゃんはけっこう頑張りましたが予言通り(?)途中で力尽き、1回パスとなってしまいました。

昼食休憩の後、準決勝。突き当たりの壁のハング越えの5.10aです。S氏は安定した登りで登りきりましたが、フリークライミングが久しぶりのてっしーは既に前腕がパンプしており、ハングを越えたところでフォールしてしまいました。私もハングは越えたものの、終了点の3手前のホールドが悪くてそこから先に進めず、ランジで次のホールドにタッチしてポイントを稼ぎます。しかし、ここでワークト方式のため3回も再トライしているうちに私の方もパンプがきてしまいました。しのちゃんも上手にハングを回り込んで越えましたがてっしーの少し下でフォールし、ターザンのようにロープにぶら下がってぶらぶら揺れています。ここでてっしーとしのちゃんが脱落となりました。

決勝進出はS氏と私ということになり、先にてっしー、しのちゃん、コンちゃんの3名で3位以下決定戦を行うことになりました。選手の皆さんが休憩している間に黒澤ガイドがツインモンスターの5.6のルートに限定シールを貼って即席のルート(5.7)を設定。こちらはフラッシングではなくオンサイトで挑戦してもらうことになりました。まずてっしー、前腕が死んでいるとはいえさすがのムーヴでどんどん高度を上げ、最後のホールドをつかんだときにアクシデント!なんと足がホールドではなくペツルハンガーを踏んでいて反則(もちろん故意ではなく誤認)となり、そのムーヴを起こす手前の状態でポイントが算定されてしまいました。これで順位の行方がわからなり、がぜん面白くなってきました。次のしのちゃんはてっしーの成績を知らない状態で登りましたが、途中十分レストしながら柔らかい動きで完登。最後のコンちゃん、これまでとはうって変わって動きがよく、途中に一個所とんでもなく手が遠いところがあるのですが、足をしっかり上げて上手に右手を届かせてしまいました。「おっ、これはいけるかも!」と期待しながら見上げていましたが、ふと見るとタイムキーパー役のS氏が緊張した顔をしています。コンちゃんが最後のホールドに両手をかけたとき、S氏が「うわっ、時間差でこちらが上だ!」。この結果、大逆転でコンちゃんがてっしー・しのちゃんを抜いて殊勲の3位入賞となりました。

戦いすんで休憩時間。
てっしー「悔しいな……」
コンちゃん「今夜はぐっすり眠れそう。(^^)v」

このとき「ストーン・マジック」にいつものように家族連れで現れたのが世界チャンピオンの平山ユージ氏。しばらくしてからジムのスタッフとともにボルダー壁の前に立って何やらじっと眺めていましたが、ややあって突然「できた!」と大声をあげてから、上半身はだかになって試登を始めました。どうやらボルダリングの課題設定をしていたようです。彼のさすがの動きには言葉もありませんが、後から同じルートに取り付いたジムの若いスタッフも素晴らしい腕前で一同感心。

さて、決勝はあっけなく決着がついてしまいました。奥壁を右下から左上へ斜めにつないでいく5.10aのルートですが、出だしからの数手が「ムーヴ的には5.10c/dくらいか」とは黒澤ガイドの談で、ここをS氏は巧みにつないで完登したのに対し、私は4手目から次のムーヴを起こしたところであえなくフォール。これで優勝はS氏、準優勝が私となったのですが、せっかくだからというわけで他の3名も同じルートにチャレンジしてもらうことになりました。まだ腕の力にゆとりがありそうなしのちゃんが取り付こうとしたとき、黒澤ガイドが突然「ここで塾長さんより上に行けたら準優勝ということで……」と一言。ええっ!そんなの聞いてないよ!あわてた私は、しのちゃんがフリークライミング初心者であることも忘れ、「落・ち・ろ!落・ち・ろ!」と落ちろビームを発して野望を阻止しました。

……というわけで下記の順位となってコンペ終了。全員に参加賞と記録証、さらに上位3名には副賞が授与されて、打ち上げは相模大野駅近くで焼き肉食い放題となりました。

〔第1回猫の森カップ競技結果〕

選手名 順番
決定戦
予選 準決勝 三位以下
決定戦
決勝 順位
5.8 5.9 5.10a 5.7 5.10a
S氏 TOP TOP TOP - TOP 1
TOP TOP 15- - 4+ 2
コンちゃん 2- 5+ - TOP - 3
しのちゃん TOP TOP 10- TOP - 4
てっしー TOP TOP 12 5 - 5