水無川本谷

山頂  
分類 関東周辺 / 黒澤敏弘ガイド
日程 2001/06/30-07/01
同行  
概要 流レノ沢にツェルト泊の翌日、水無川本谷を塔ノ岳頂上まで詰めてからF5の上まで逆に下り、書策新道を戸沢出合へ下山。

F8全景。何人も亡くなっている危険な滝であり、我々もあっさり巻きましたが、巻き道自体も危なっかしい感じ。(2001/07/01撮影)

塔ノ岳山頂。この日は猛烈に暑く、尾根道からではここに登る気になれません。(2001/07/01撮影)

2001/06/30

■11:20-15:30 「ストーン・マジック」

この土日は夏の山行に向けて特別メニューを『猫の森』の黒澤ガイドに依頼していましたが、出だしのこの日はあいにくの雨。よって外の岩場にかえて話題のクライミングジムである「ストーン・マジック」に行くことになりました。このジム、巨大な空間に様々なテーマの課題が設定されており、人工壁はもとより自然壁のシミュレーションも、人工登攀やミックスクライミングの練習すらもできてしまう凄いジムです。それに子供向けの施設も用意されていて、家族連れで楽しむのにはかっこうの場所でしょう。現にたくさんのお父さんと息子の組み合わせがクライミングを楽しんでおり、ふと気づくと平山ユージ氏の一家も遊びに来ていて子供に壁を登らせていました。なお本人はボルダリング壁で遊んでいたようですが、雑誌などで見るよりずっとハンサムでした。

さて、ここでの課題は自然壁を模したコーナーでの5.10aとbと表示された2本、ハングでの人工登攀とセルフレスキューの練習です。5.10aの方はTRでホールドを指示されながら登りましたが、5.10bの方は全然だめ。左足をアウトで乗って右足のフラッギングでバランスをとり、そのまま伸び上がって遠い上のホールドをとりにいくムーヴで左足がまるで上げられずがっくり。一方、アブミを使った人工登攀はそこそこ形になってきましたし、セルフレスキューも最初プルージックの結び目が甘くスリングがずるずる下にずれてしまっていましたが、徐々にしっかり乗り込めるようになってきました。セルフレスキューは、例えばハングの下に落ちて壁に戻れないときに、メインロープに結んだスリング2本で身体と足を支え尺取り虫のように脱出を図る技術ですが、ぶら下がった状態ではハーネスに腹部を圧迫されてかなり苦しく、できることならこの技術を使う羽目には陥りたくないもの(……と思っていたのですが)。

■18:30 流レノ沢

「ストーン・マジック」での練習を終えて、翌日の水無川本谷のスタート地点となる戸沢出合へ移動。今日はこの後ツェルトでのビバークの練習をします。戸沢出合対岸の流レノ沢を数分遡った堰堤の上の静かなところに今宵の寝床を決め、まず流木を集めて盛大に焚火を焚きました。その火を眺めながら夕食をとり、ウイスキーを飲んで気持ちよくなってから、河原の平らなところにテントマットを敷きシュラフをのべて上からツェルトをかぶって寝るだけですが、幸い雨に降られることもなくぐっすり眠れて快適でした。

2001/07/01

■07:00 戸沢出合 ■07:50-55 書策新道横断点 ■09:25-45 塔ノ岳

5時に起床。朝食をとってから戸沢出合に置いた車に戻り、遡行準備をしていよいよ本谷に入りました。ここから、F1とF2は左の鎖、F3も左の悪い鎖をゴボウで登ってトラバース、F4はなんと言うこともなく登りF5は右の鎖を登って書策新道の横断点まで50分で着いてしまいました。ここから先は未体験ゾーンで、チョックストーンの乗っ越しが難しいF6は左からさっさと巻き、F7は水流からそのまま登りました。何人も亡くなっているF8の大滝は右から巻きましたが、この巻き道も決して安全ではなく、少々緊張しました。F9は左から登れるのですが条件が悪そうだったのでこれも右から巻いて、上部の古い堰堤で左岸へ登るとそこにきれいな水場があります。塔ノ岳山頂の尊仏山荘の水場で、丹沢でも有数のうまい水です。ここで水をたっぷり補給してからガレを詰めていって、飛び出したところが表尾根の山頂直下。5分登ると塔ノ岳に到着しました。この日は真夏のような天気になり、山頂に出ると日ざしをさえぎるものがなくて暑くてたまりません。

■11:15-25 書策新道横断点 ■12:00 戸沢出合

尊仏山荘でくつろいでから、元来た道を戻ります。登りで滝をほとんど巻いているのもここから下るのも、今回の遡行が滝登りのテクニカルな愉しみを狙ってのものではなく、ゴーロの登下降をスピーディーにこなす訓練が主眼だからです。先程登り着いた表尾根から下りはじめ、F9-F6は全て巻きながら沢の中を下っていきます。ウェーディングシューズの下降は爪先が痛く、また下手に歩くと石車に乗る危険性もありますが、幸いどうにか無事に書策新道の横断点まで下り着くことができました。ここから下の滝下りは既に経験済みなのでカットし、書策新道を下ることになっていることを確認してから、手近の瀞に飛び込み仰向けにぷかぷか浮かんで涼をとりましたが、これは最高の気分でした。

■14:00-17:30 広沢寺弁天岩

これでメインテーマの本谷遡行は終わりですが、実は今日も追加メニューがついています。前回うまくいかなかった人工登攀の再挑戦です。ナバロン近くのハング帯で2本のルートにトライしましたが、前回のルート(下写真の左)は苦労しながらもなんとかアブミをつなげて最後はフリーで上がることができました。ところが2つ目のルート(下写真の右)は途中ボルトが遠い上にハングの具合の関係でアブミの最上段の巻き込みが難しく行き詰まってしまい、図らずも(!)習いたてのセルフレスキューで脱出することになってしまいました。「ストーン・マジック」ではうまくいったものも実際の岩場ではなかなかうまくいきません。ギャラリーが見守る中、さんざん悪戦苦闘し拳を痛めつつ、なんとか脱出に成功してアブミを回収し、上へ抜けることに成功しました。ここで今日のメニューは終わるはずだったのですが、前回最後に中央フェースの右クラックで落ちたことを根に持っていた私は志願してもう1本、ただしセカンドで登らせてもらいました。ここはすんなり登れたのですが、これで今度こそ終わりと思っていたらなぜか解放してもらえず、立て続けに中央ルートと左ルートを登ることになってしまいました。最後の終了点に着いたときは、息もすっかり荒くなってしまいへとへと。

午前中に本谷を塔ノ岳まで往復してから午後に人工2本 / IV+を3本は体力いっぱいのところでしたが、現役クライマーの練習ペースに近い線までは行けたとの黒澤ガイドの御墨付きに満足して広沢寺を後にしました。