四十八瀬川勘七ノ沢

山頂  
分類 関東周辺 / 黒澤敏弘ガイド
日程 2000/08/20
同行  
概要 丹沢の勘七ノ沢をF1からF5まで遡行し、さらにその上のゴルジュ帯を抜けてから、F5の下までクライムダウン&懸垂下降で戻り、尾根筋の登山道に逃げて入渓点まで戻る。
F3の釜。右下の人物は溺れているわけではありません。(2000/08/20撮影)
F5の直登。ホールドの強度にさえ注意すれば楽しく登れます。(2000/08/20撮影)

2000/08/20

■10:25 二俣

毎度おなじみ『猫の森』の講習会で、表丹沢で一、二を競う人気の勘七ノ沢へ。今日は先生1名・生徒3名の4人編成で、四十八瀬川の右岸側にある県の施設に車をデポしてから、萩の花がわさわさと咲く林道をしばらく歩いて入渓点に到着。身繕いをして沢に入りました。

滝に到達する前にまず堰堤を左から越えるのですが、意外に細かいホールドで最初から難儀してしまいました。どうも身体が重いように感じるのは、2日前の夜にクライミングジムで2時間壁に向かったせいでしょうか?続くF1(5m)は一番テクニックがいる滝で、ちょうど二人が取り付いているところですが、二人目が行き詰まってなかなか進めないでいました。どうにか先行者が抜けられたところでロープを出し、まず黒澤ガイドがフリーで登った後に、上から確保してもらって順番に登ります。そうこうしている間にもさすが人気の沢で、我々の後ろに3人組が追いついてきました。自分の番になって岩に取り付きましたが、ホールドがかちっとかからず、右のフットホールドに足を置いてから身体を引き上げるところで逡巡してしまいます。結局登りはしたものの、かなりロープに支えられるかたちになってしまい無念……。しかし、後で黒澤ガイドにそのことを言ったところ「一応これでも本チャンなのですから、スピーディーに抜けられればそれで100点。思い通りのクライムができたときは120点」とたしなめられました。

F2(7m)は右から脆い岩を越えます。F3(8m)は釜の奥に左から滝が落ちていて、釜にざんぶと浸かって右側を泳ぐようにぐるりとへつり、滝の右側に取り付いて越えます。今日は気温もそれなりに高く、水は冷た過ぎなくて、爽快そのものの泳ぎでした。F4(二段12m)はロープを出して下段を右から越え、上段の滝の右側の岩棚で一回区切ってから、滝の右上に伸びる凹部を登ります。

■12:15-35 F5手前休憩点

F4を越えてからはしばらく緩やかな河原歩きになり、堰堤を5つ越えたところで昼食休憩としました。

いよいよメインイベントの大滝F5(15m)は、けっこう切り立った岩壁の上から水が勢い良く落ちています。今日初めて黒澤ガイドがランニングビレイをとりながら登り、上から確保。左のバンドから水流に近づいて、右足をしっかりしたフットホールドに乗せたら水流沿いを直上しますが、ホールドははっきりしていてすいすい登れ、ここは会心のクライムとなりました。

■13:25-30 ゴルジュ帯の上

F5の上からは、小さな滝を越えると両岸が迫ったゴルジュ帯。「ここからはフリータイム!」とコールがかかって、てんでに好きなところを登りました。基本的には右岸を行けば濡れずに進めますが、せっかく濡れてもいい格好をしているのだからと積極的に水に入っていくのが楽しいところです。

しかし、光あるところに影がある……登りがあれば下りがあるのもモノの道理というもので、楽しく登ったゴルジュ帯を、今度は少々びびりながらクライムダウン(苦手!)しなければなりません(このまま源頭まで詰めれば大倉尾根の花立山荘の裏に出ますが、ゴルジュ帯の先はしばらく行くと伏流になり、面白い滝はもうありません)。黒澤ガイドのお手本にしたがってこわごわ手足を伸ばしながら、なんとかF5の上まで下り着きました。F5は気持ちよく懸垂下降し、さらに堰堤を2つ巻いたところで足を止め、装備を解除しました。

■14:25-35 装備解除点 ■15:15 二俣

足回りをスニーカーに替え、ハーネスやヘルメットをザックに収納して、左の尾根筋に入ります。植林の中の杣道をわずかに登ると堀山の家から下る登山道に飛び出し、ここから下り少々で入渓点に戻ることができました。