水無川セドノ沢左俣

山頂  
分類 関東周辺 / 黒澤敏弘ガイド
日程 2000/06/25
同行  
概要 丹沢の水無川本谷F1を越えたところに右から入るセドノ沢の左俣を遡行し書策新道に到達。これを利用して本谷F5の上へ出て、本谷をF1まで。

8mの滝を登る私。冷たい水を容赦なく浴びて登ります。(2000/06/25撮影)

上で確保する黒澤ガイドと私。ホールドがしっかりしていて見た目よりは安全。(2000/06/25撮影)

2000/06/25

■09:55 戸沢出合

「本チャンをやるなら、悪路や濡れた岩など多様な環境の中で岩登りの技術を使う沢登りの経験が必要」との黒澤ガイドの指導に沿って『猫の森』の講習会で丹沢へ。今日は先生に生徒が若いS氏と私の、計3名。渋沢駅で待ち合わせて車で戸沢出合へ移動。「丹沢の涸沢」と呼ばれたところだそうですが「?」マークが10個はつきそうな場所で車をおりて、すぐにソックス・シューズ・スパッツの渓流3点セットを装着。林道から本流沿いの道に入り、大きな堰堤の手前で崩れた道を慎重に登って谷に入ります。

最初の滝は本谷のF1。左手の鎖を利用して登るとすぐ上で右からセドノ沢が合流してきます。小さい滝をふたつ越すと二俣で、今度は左俣に入ります。ここからは小滝の連続となり、濡れているが比較的しっかりしたホールドを使ったり手足をつっぱったりしながら次々に越えていきます。底にフェルトを張った渓流シューズは滑りそうで滑らず、といって完全なフリクションを提供してくれるわけでもないし、岩の種類や形状だけでなく苔のつき具合によっても滑り方が違うので、3点支持でホールドを確かめながら登ります。やがてぶつかったのが13mの大滝。ここで初めてロープを出し、滝の右手からまず黒澤ガイドが登ります。途中2ケ所の残置ピンでビレイをとりながらすいすい登っていき、下で確保しているこちらの視界から消えてしばらくしてから長いホイッスルの音。ビレイを解除して、まずS氏、ついで私の順で登ります。下の方はホールドに困りませんが、落ち口手前はちょっとホールドが細かいに神経を使います。それでも、黒澤ガイドの指示で落ち口の上の水流の中に左足を思いきって入れて安全地帯へ抜けることができました。ちなみに、ここで初めてATCを使いましたが、ロープの取りまわしがエイト環に比べてはるかに楽であることを実感しました。

さらに二段の小滝を越えて8mの滝で再びロープを出します。最初に黒澤ガイドが左側から偵察してみましたが、半分程登ったところで岩がかぶってくるこのルートは(生徒には)難しそうだということで引き返し、滝のすぐ右のまっすぐ立った岩壁を登ります。上に確保支点を作ってビレイをとってからコースの真上に来るように立ち位置を決めて、生徒に登ってこいと合図。今度は私がセカンド。これが本当のシャワークライムという感じで水を浴びまくりながら、ぐんぐん登ります。滝の水はとても冷たく、空気もぐっとひんやりしていて、上に抜けた途端に眼鏡が曇ったくらい。

ここから少し登ったところで沢を横切っている書策新道を左にとりますが、ずっと沢の中を歩いていたので書策新道に入ると「おぉ、道だ!」と妙な感動を覚えます。セドノ沢と本谷を分ける尾根の途中に開けたところでウツギの白い花に囲まれながら昼食タイムとしました。

■12:15 書策新道出合 ■12:30-55 休憩地

昼食後、さらに書策新道を進むとすぐに水無川本谷に下ります。わずかに下ってF5。左岸に立派な鎖があるが高度感があって、鎖に慣れていないとちょっとコワイかも。続くF4は水流の脇をそそくさと下ります。F3は右岸にトラバースの鎖が見えていますが、黒澤ガイドが「今日はいろいろやってみましょう」ということで左岸にボルトを1本、ピトンを1枚打って確保支点を作り懸垂下降。黒澤ガイド、S氏、私の順で下りましたが、先行した二人は滝つぼにおりて胸まで水につかったため、最後の私には途中からトラバースしろと親切な(?)指示が飛びます。しかし懸垂下降でのトラバースは手が使えないし、落ちたら振り子のように振られるんじゃないかとけっこう恐くてびびりました(本当は黒澤ガイドがロープの尻尾を持っているので大丈夫)。

F2を右岸の鎖で下ってセドノ沢の分岐点に戻り、F1の鎖を慎重に下って、最後に堰堤の崩壊地で念のためロープを出して危険地帯は終了。

■14:55 戸沢出合

結局この日我々以外に出会ったのは、書策新道で3人と最後の戸沢出合の手前で二人の一般登山者だけ。実に静かでゆったりした沢登りを楽しむことができました。講習終了後、大倉にある神奈川県立山岳スポーツセンターへ車で移動して暖かいシャワーを使い、黒澤ガイドにおごっていただいたビールで祝杯をあげました。

今回、水に濡れてもいいようにと防水の使い捨てカメラを持参しましたが、やはりこれで谷の中では暗すぎて露出不足になってしまいます。上の写真も、比較的写りのよいものを懸命にレタッチしてなんとか見られるようにしたもの。次回、沢に入るときはせめてコンパクトカメラにしよう。