鹿島槍ヶ岳

山頂 鹿島槍ヶ岳2,889m / 爺ヶ岳2,670m
分類 北アルプス
日程 2000/05/03-05
同行  
概要 扇沢から南尾根を登って爺ヶ岳経由冷池泊。鹿島槍ヶ岳をピストンして往路を戻る。

朝日に染まる鹿島槍ヶ岳。この日は一日快晴に恵まれました。(2000/05/05撮影)

鹿島槍ヶ岳への登路から爺ヶ岳方面を振り返る。雪庇の発達が恐ろしい。(2000/05/05撮影)

鹿島槍ヶ岳山頂から白馬・五竜方面。八峰キレットあたりは雪も寄せつけていません。(2000/05/05撮影)

2000/05/03

■05:45-06:40 扇沢 ■07:05 柏原新道入口

急行アルプスで新宿から信濃大町へ。目を覚ますと車窓のかなたに純白の鹿島槍ヶ岳が聳え立っており、その崇高な姿に感動しました。バスで着いた扇沢で身繕いをし、持参のパンで朝食をとってからおもむろに歩き出します。車道を少々下ったところに柏原新道の登山口があり、車が何台か停めてあります。道は、沢沿いをわずかに入ってすぐに右の尾根へ取り付く急登となり、そのまま樹林の中の雪の急坂を黙々と登っています。上空には青空がのぞいていますが、左手に仰ぐ稜線は雲に隠れています。時折ど〜んがらがらと聞こえてくるのは、落ちきっていない雪がなだれている音のようです。

■12:05-10 ジャンクション・ピーク

森林限界に到着。ここからは左手に種池山荘の赤い屋根、正面に爺ヶ岳南峰へ続く雪尾根が見通せます。ここでテントを張るパーティーも多いのですが、この時点では時間も天候もゆとりがありそうだったので、冷池山荘まで歩き通すことにしました。

■14:45-15:00 爺ヶ岳南峰 ■15:35-40 爺ヶ岳中峰

高度を上げるにつれ風が強くなり、ガスが景色を隠し始めました。幕営装備が肩に食い込み、へとへとになりながら爺ヶ岳南峰に到着しましたが、当然のごとく何も見えません。小休止の後、踏み跡を頼りに中峰を目指して出発。いったん下って西側の斜面をトラバースしてから稜線通しに斜面を登ると中峰。強風・ホワイトアウトで、身体中に「エビのしっぽ」ならぬ「ちりめんじゃこ」が貼り付きます。しかし体感温度は低くなく、日ざしも雲を通して明るい上にトレイルがはっきりしているので、危険は感じません。

■17:05 赤岩尾根分岐点 ■17:20 冷池山荘

見通しがまったくきかないので、いつまで歩けば山荘に着くのかさっぱりわかりません。重荷に負けそうになりながらのろのろとトラバースを続け、夕方の暗さが感じられるようになった頃に最低鞍部を越えて登り返し、冷池山荘に着きました。本当はここで幕営の予定でしたが、今から整地してテントを張る気力がなく、素泊まりを申し込みました。山荘のスタッフはとても気持ちよく迎えてくれて嬉しかったのですが、素泊まり5,600円はやはり痛い(ただし水1リットルとビール1本サービス)。ともあれ、寝床を確保すると早速自炊室へ駆け込みました。夕食をとって人心地がつくと、ストーブにあたりながら同じテーブルになった人達と歓談。いずれも50歳を越えてなお意気盛んな彼らの若かりし頃の武勇伝を、こちらは借りてきた猫状態でおとなしく拝聴していると、日本酒やウイスキーをわけてもらえてラッキー。しかし……。

客「ところでおたく、何歳?」
私「40ですよ。今年41」
客「やっぱり中高年しか山に来ねーんだなぁ」
私「(ちゅ、中高年!?)」

2000/05/04

外は一面のガス、停滞を決意しました。

さて、ここで困ったのがお手洗いの使い方。右膝が痛くて深く腰を落とせないため、態勢保持のためには手で身体を支える必要があります。個室の中でしばらく思案の末、うしろの壁をプッシュホールドとすることによって難局を打開できました。我ながら名案と喜びましたが、よく考えてみると何だか情けないかっこうです。

午前中喫茶室でうだうだしているうちにガスがとれはじめたので、今夜はテントで過ごすこととし、早速テン場に地所を確保して雪のブロックを積みました。ちなみに今年は積雪が多く、山荘前の雪庇が例年より5mも多く張り出していると立て札が注意を促しています。テントからの眺めは、目の前に北信の山々、背後には立山から剣、左手には頂上を雲に隠されてはいるが鹿島槍、という絶好のロケーションです。鹿島槍の東尾根第2岩峰の手前にクライマーの大渋滞が発生しているのも、手にとるように見えます。近くで無線交信している人の声を聞くともなく聞いていると、交信相手の前にまだ16パーティー程が待っているそうなので、全体で何人があそこにいるか想像するだけでも恐ろしい状況。

夕方、テントの外に出ると雲がすっかりとれて鹿島槍の全貌が見えて明日の好天を確信しましたが、東尾根にまだ何パーティーかが残っているのにびっくり。このまま暗くなったらいったいどうするんだろうと思いながら振り返ると、ちょうどオレンジ色の夕日が剣の右手に沈むところでした。

2000/05/05

■05:30 冷池山荘前幕営地 ■07:05-45 鹿島槍ヶ岳

御来光に染まる鹿島槍をカメラにおさめてから、行動食をデイパックに詰めて出発。日焼止めが凍っていたので目出帽で肌を極力隠しながら登ります。傾斜は緩やかで歩きやすく、荷が軽いこともあって快調に高度を上げました。途中で雷鳥に会いましたが、近寄ると逃げるので「おまえ、それでも雷鳥か」と怒ると、ばたばたと空を飛んでみせてくれました。

最後の急登を、アイゼンをガリガリ言わせながら登ると山頂。眼下にいきなり白馬から五竜までの稜線の眺めが飛び込んできました。ほかにも剣・立山、薬師、針ノ木、槍・穂、常念山脈など、北アルプスの主だった山々を全て見通せます。7年前の夏にここに立ったときは雲の中に入ってしまって何も見えなかったのですが、今回、文字通り雪辱を果たすことができて大満足。

右手のちょっと離れたところにある鹿島槍ヶ岳・北峰の根元にテント(ツェルト?)が見えました。ここに来るまでにもヘルメットとクライミングギアのパーティーと何度もすれちがいましたが、彼等は時間切れで北峰を越えたところにビバークした模様。ちょうど山頂で会った男女ペアのパーティーに話を聞くと、第2岩峰の手前で6時間待ちになってしまったそうです。しばらく山頂に粘って360度の展望を存分に堪能してから、下山を開始しました。

■08:00 布引山 ■08:45-10:25 冷池山荘前幕営地 ■10:45 赤岩尾根分岐点

行きには巻いた布引山に立ち寄ってから帰幕し、軽く食事をとってから撤収。帰り際に山荘に寄って手洗を使い、外に出ようとするところで年輩の客と係のお姉さんの会話。

客「ビールいくらかの?」
係「賞味期限切れのなら安いですよ。500ml缶が500円です」
客「それそれ。ビールは期限の切れとるやつがまたコクがあってうまいんじゃわい」
私「……!?」

気を取り直してテン場に戻り、再び重くなったザックを背負って帰路につきました。来たときは風とガスで何も見えなかった道も、今日は爺ヶ岳まで延々トラバースしているのがしっかり見えます。赤岩尾根の分岐を見送って少し登ったところから振り返ると、鹿島槍ヶ岳の見事な姿が視界を埋め尽くしました。十分に大きな根張りとすっきりした山頂部の双耳、純白の山肌に厳しい岩尾根を隠している鹿島槍ヶ岳は、本当に素晴らしい山だと実感。赤岩尾根の頭からは逆落としの急坂が下界へ続いていますが、もっと寒い季節か朝早い時間帯でないとここを下る気になれません。

■12:20-35 爺ヶ岳南峰 ■13:30 ジャンクション・ピーク ■16:00-25 柏原新道入口 ■16:40 扇沢

ゆっくりゆっくり歩を進め、爺ヶ岳南峰に到着。大町方面の平野が眼下に見下ろせて高度感が楽しいところです。ここで鹿島槍ヶ岳に別れを告げて、南尾根を下ります。

午後の気温のためにぐさぐさに腐った雪に足をとられながらの南峰からの下りは、ここを2日前に登ったことが信じられないくらい長いものでした。そして、ようやく着いた柏原新道入口で靴をスニーカーに履き替え、パッキングを帰宅モードに切り替えてから扇沢までの車道の登りで、最後の力を使い果たしてしまいました。