湯河原幕岩

山頂  
分類 関東周辺 / 黒澤敏弘ガイド
日程 2000/03/05
同行  
概要 湯河原幕岩での岩登り。
mouseover
悟空スラブの遠景。といってもこの距離ではわからないので、写真の上にカーソルを乗せてみて下さい。(2000/03/05撮影)
「シルクロード」(左)と「蟻さんルート」(右)。ルート名は「関東周辺の岩場」(白山書房)によるものですが、ルート同定に自信なし。(2000/03/05撮影)

2000/03/05

■10:30-12:00 悟空スラブ

先月に引き続き、『猫の森』のゲレンデガイドとして湯河原の幕岩にチャレンジ。朝9時に湯河原駅に降り立つと周りは登山ルックで完全武装(!)のおばあさん軍団がホームを埋め尽くしておりびっくりしますが、改札口で再会した黒澤ガイドの話によれば、この人たちはクライマーではなくて(当たり前か?)主に幕山の梅林を目当てのハイカーとのこと。ちょうど満開の時期で、駐車場もかなり待たなければ入れませんでした。なお、今日はマン・ツー・マンで指導いただけることになりました。

荷物を背負って見事な梅林を抜け、山道を登ること20分程で悟空スラブ(5.7)の取付に到着して装備を着けます。前回の講習後、特に8の字結びは何度も練習したので我ながら手際も悪くなく、黒澤ガイドに先に立っていただいておもむろに登り始めました。前日の雨で岩がところどころ濡れており気になる部分もありますが、全般に難しいところはほとんどなく快調に高度を上げます。今日のテーマは細かい登り方ではなく、マルチピッチでの登攀手順の学習にあるので、登りながら、ギア回収の手順やテラスでのビレイの取り方の基本についての解説を受けているうちに、50m3Pで終了点に到着。なかなかの高度感と真鶴半島方面の眺めを楽しんでから、懸垂で下りました。

ところが、下り着いて時計を見ると、登り始めから1時間半が経過しているのに気づいて仰天。緊張していたのか集中していたのか、登り下りともあっという間に感じられて、時間の経過に全く気づいていませんでした。

■12:40-13:30 桃源郷

食事を終えてから来た道を下り、梅林の中なのに「桃源郷」と名付けられたエリアに入ります。ここでは朝から黒澤ガイドの知り合いも何人か登っていましたが、ちょうどルートが空いていたので1本登ることになりました。「シルクロード」(5.7)をまず黒澤ガイドが登ってロープをセットし、TRで私も挑戦。途中までは概ねスムーズに登れましたが、核心部の左足を高く上げて乗っ越すところで力が尽きかけ、足が貧乏揺すりのように振動を始めてしまいました(「ミシンを踏む」というのだそう)。いったん態勢を整えてもう一度トライし、なんとかクリア。終了点ではしばらく休んでふくらはぎの筋肉の興奮がおさまるのを待ち、ロワーダウン。

続いて「せっかくだからもう一本いきましょう」との黒澤ガイドの言葉で、右側の「蟻さんルート」(5.7)にチャレンジ。ここは、取付近くの立ち木を使ってはいけないし、両サイドのカンテに手をかけてもいけない、のだそうです。ここも細かい岩の凹凸に立ち込んで体重をバランスよく支えながら登らなければなりませんが、下から3分の2まではなんとかまっとうに登れたものの、やはり立ち込む感覚が身に着いていないためにガチガチに力が入っているし時間もかかります。とうとう、そこから最後の急斜面を上がるところで腕から肩にかけて急激に力が失われ、無理矢理に身体を引き上げようとしてまたもミシンを踏んでしまいました。やはり、消耗を防ぐ意味でもバランスとスピードは大事なのでしょう。結局左のカンテを回って楽なルートから登りきりましたが、満開の梅林を見下ろす余裕もなくロワーダウン。

これで今日の講習は終了。特に後半のフリークライミングにおいては技術以前に基本的な筋力・持久力や岩に立ち込む感覚の不足など課題がいくつも出ましたが、しかし周りを見渡すとけっこうな年輩の方も含めてトライ&エラーを繰り返しながら岩に向かっており、課題を発見するのもまたよしという気持ちで山を降りることができました。