裏妙義縦走

山頂 丁須ノ頭1,057m
分類 上信越
日程 1999/10/31
同行  
概要 横川駅から歩き始め、御岳、丁須の頭を越えて岩稜を縦走し、三方境から国民宿舎へ下山。
前日の表妙義・茨尾根のピークからの裏妙義。遠景はうっすらと浅間山。(1999/10/30撮影)
裏妙義のシンボル、丁須ノ頭。何をどうするとこういう形になるのでしょうか?(1999/10/31撮影)

1999/10/31

前夜泊まった高崎のホテルから始発の電車で横川駅へ。今日はここから登山が始まります。

■07:30 横川 ■10:15 御岳

「♪昨日はオモテ、今日はウラ〜」と懐かしい『海賊王子』のエンディング・テーマを歌いながら、とても立派な麻苧の滝の前を渡って登山道に入りました。夜半の雨はあがっていましたが、どんより曇って眺めはありません。樹林の中の道を脇目も振らずに登るしかなく、暑くなって山シャツを脱ぎ、Tシャツ1枚になってどんどん歩きました。濡れた落葉で判別しがたい道を息を切らせながら登って、焚き火の跡がある岩小舎を横目に道を進むと石碑の立つ御岳着。うっすらと信州側が明るくなっている様子に天候回復の希望を抱きましたが、結局ここから先は霧に巻かれることになりました。

■11:20-35 丁須ノ頭

ここから何本かの鎖をよじ登りましたが、昨日の今日なので何が出てきても驚きません。国民宿舎からの道を合わせるところで岩峰の基部を右にぐるりと回り込み、上に5m、右に15mの鎖をこなして裏妙義のシンボル、丁須ノ頭に到着。特徴的な岩のてっぺんには鎖がかけられていますが、危険なので登山者は皆その足もとで休憩しています。こちらもここで手短かに昼食をとって、そそくさと先を急ぎます。

■11:45-12:15 チムニーの下り

丁須ノ頭からちょっと下って鎖で登り、岩峰は左に巻いて少し歩くと渋滞。チムニーの20mの下りで先行パーティー3組がつかえていました。ロープを出して懸垂下降で下るパーティーもいましたが、自分の番になって実際に鎖で下ってみると、足場はしっかりしているし背後の壁も使えるのでそれほど難しいわけではありません。ただ、確かに腕力・握力を要するところもあって、下り着いたときには手のひらが痛く、また手の甲や指の関節に何か所か擦り傷を作っていました。

■13:25-35 三方境 ■14:45 国民宿舎裏妙義

歩きよい尾根道を進んで赤岩の基部、鎖で下って細い木の足場のトラバース。続いて大岩壁のトラバースで、最初は鎖、次がアルミの桟道になりますが、どちらも危険は感じません。赤岩のトラバースが終わると今度は烏帽子岩のトラバース、ということになっているのですが、似たような道が続くし霧のために見通しはきかないしで、正直どこを歩いているのかつかみかねるところがあります。

やがて緩やかな坂道を下るようになると三方境。道はここからさらに谷急山に続いていますが、今から往復(約3時間)したのではまたもや真っ暗になってしまうし、この天気では展望も期待できません。それに実は先程からおなかがゴロゴロしているというネイチャーコーリングな理由もあって、今日の縦走はここまでとすることにしました。というわけで、ひと休みしてから国民宿舎に向かって下っていきましたが、自然の欲求は次第に抗い難いものとなり、植林帯に入ったところでとうとう道をはずれて木蔭へ……(林業関係者の方、ごめんなさい)。この間に1パーティーをやり過ごしたのですが、何が幸いするかわからないもので、先程三方境での休憩時にザックから出した山シャツを置き去りにしていたのをこのパーティーが拾ってくれていて、下の方でこちらが追い付いたときに声を掛けていただき、無事山シャツを回収することができました。

国民宿舎に着いてタクシーを呼び表に出てみると、曇ってはいるものの両妙義の稜線の岩峰を仰ぎ見ることができました。今回はパスすることになった谷急山ですが、いつかこの国民宿舎に宿をとってのんびりと登り、山頂からふたつの妙義山を眺めたいものです。