谷川連峰馬蹄形縦走〜国境稜線縦走

山頂 朝日岳1,945m / 茂倉岳1,978m / 谷川岳1,977m / 万太郎山1,954m / 仙ノ倉山2,026m
分類 上信越
日程 1999/10/09-11
同行  
概要 土合から白毛門に登り、笠ヶ岳・朝日岳を経て清水峠泊。ついで武能岳・茂倉岳・一ノ倉岳を越えて谷川岳に達したのち主脈縦走に入ってオジカ沢ノ頭の避難小屋泊。最終日は西進して万太郎山・仙ノ倉山・平標山を踏み、南に折れて三国峠に下る。

谷川岳の岩屏風=左がマチガ沢、右が一ノ倉沢。白毛門への登りの途中から。(1999/10/09撮影)

朝焼けの湯桧曽谷。清水峠から谷川岳方面を眺める。(1999/10/10撮影)

最後の難関、仙ノ倉山への急登。冷たい風のおかげで登りきることができました。(1999/10/11撮影)

残雪期にしか登ったことがなかった谷川岳。きちんとした教育も受けずに単独でGWの西黒尾根を登ったのだから今から考えればけっこう無謀な春山登山でしたが、ともあれいつか草紅葉の季節に泊付きの縦走スタイルでこの山域を歩いてみたいと思っていました。谷川連峰の縦走には白毛門からぐるりと回って谷川岳に辿り着く馬蹄形縦走と谷川岳から平標山までを歩く主脈縦走のふた通りがありますが、幸い体育の日の三連休は天気予報も上首尾。避難小屋泊をつないで通して歩くことにし、臨時夜行に乗って土合を目指しました。

1999/10/09

谷川岳登山は土合駅のホームから始まる、とはここに来た誰しも思うことですが、地下のホームから338m462段の階段を登り、さらに143m24段の通路を歩いてやっと地上に出られます。前夜コンビニで買った弁当を食べ、明るくなってきた外界に飛び出します。

■05:50 土合 ■08:30-40 松ノ木沢ノ頭 ■09:20-35 白毛門

駅から道路沿いにしばらく進んで右に折れ、駐車場を抜けて沢にかかった橋を渡ったところから尾根の取り付き。ここから樹林帯の中を緩みなしの登りがひたすら続きます。ところどころで谷川岳の姿を眺められるのを慰めにし、途中仮眠をとったりしながら登り続けること2時間半で展望のよい松ノ木沢ノ頭に到着。正面に白毛門が高く、木々が紅や黄に色づいて岩とのコントラストがきれいで、一方、左手には谷川岳の山頂から一ノ倉沢の下部まで隠すところなく眺められます。快晴の中、さらに自分を励まして登りを続け、最後に小さな鎖場を乗っ越して白毛門の山頂に着きました。ここからは尾瀬方面が一望でき、燧・至仏・奥白根・武尊がはっきりと眺められます。行く手には笠ヶ岳から朝日岳への稜線が近く見えますが、紅葉はいまひとつで、時期が早いのではなく茶色く縮れてしまっている木が多いようです。

■10:35-11:00 笠ヶ岳 ■12:30-50 朝日岳

近いと思った笠ヶ岳は意外に遠く、息を切らせながら山頂に到着。ここで菓子パンの昼食にしました。この頃になると谷川岳の頭には白い雲がかかりはじめていますが、蓬峠から清水峠にかけての国境稜線の眺めがよく、清水峠には三角屋根の赤い建物がはっきりと見えます。笠ヶ岳の北の肩、円筒を半分にしたような避難小屋を横目に先を急ぎ、顕著なピークをひとつ越して小広い山頂の朝日岳に登りつくと、そこから先には緩やかな稜線が広がり、ところどころに池塘が点在していて穏やかな眺めになっていました。

■13:15 ジャンクションピーク ■14:40 清水峠(白崩避難小屋)

木道に導かれて稜線を進み、ジャンクションピークのちょっと先で巻機山方面への道を分けます。標識には「難路 / 道ナシ」と書かれており、ちょっと覗いてみると確かに笹が道を覆ってしまって、視界が悪いときには踏み込みたくない感じ。このあたりからガスに取り巻かれ、面白みのないだらだらした道を下ります。高度が1,600mを切ったあたりで雲の下に出られ、前方に先程見た大きな三角屋根を再び見つけることができました。しかし避難小屋はもっと小さい建物のはずだが?と訝しみながら近づくと、たしかにガイドブックの写真で見覚えのある避難小屋が三角屋根の手前にあります。三角屋根まで行って中にいたおじさんに聞いてみると「これはJRの施設。泊まりはあっちの避難小屋だよ」とのこと。本物の避難小屋は外観は立派ですが、実は小さい避難小屋にすっぽり覆いをかぶせた構造で、中は清潔ながら収容人数は20名いかない程度。比較的早めにつくことができた自分は二段ベッド風の上をひとつ占めることができましたが、後から来た人たちは1階の狭い板の間に詰め合って寝たり、テントがあるパーティーはテントにぎゅうぎゅう詰めになって寝た模様。

ところで、ここでちょっとした事件。早くから着いていた単独行の若い登山者が夕方の気象通報をイヤホンで聞きはじめたらしいのですが、話し声がすると「静かに!」と厳しい声を出し、とうとう「今、何の時間だと思っているんですか!山屋で気象通報の時間にギャーギャー騒ぐなんて最低ですよ!」と怒りだしてしまいました。幸い言われた方が「おー、コワ」と聞き流して外に出たのでトラブルにはならなかったのですが、しかし……。確かに怒る方の言うこともわからないではありませんが、10月上旬の谷川連峰、しかも共同施設である避難小屋内というシチュエーションを考えると、はたしてどんなモンなんでしょうか。

1999/10/10

■05:40 清水峠(白崩避難小屋) ■06:45-55 七ツ小屋山 ■07:35-55 蓬峠

朝、峠からほんのわずか土合方面に下った水場で水を補給して出発。雲が湯桧曽谷を埋め、谷川岳の岩壁が朝日に照らされてなんともいえない神々しい光景です。七ツ小屋山までは右手のマッターホルンのような大源太山に気をとられていましたが、登り着くと前方には明日辿る予定の主稜線と苗場山、さらに妙高・火打に目が釘付けになります。蓬峠ではトイレ休憩(100円)。看板によればここは予約制で、人数が多いときや予約なしの場合はレンタルテントになることがあるようです。

■08:45-09:00 武能岳

だんだん気温が上がり、こちらの顎もあがりだします。苦しい登りの後に武能岳に着いてしばし休憩、振り返ると巻機山が優しく大きく、その向こうには懐かしい越後駒や中の岳。ちなみにこの巻機山も残雪期にしかもガスの中でしか登ったことがないので再訪したい山……とゆとりをもって回顧できるのは下山してからの話で、このときは異常な疲労具合に体調不良を実感してそれどころではありませんでした。くわえて水の消費が思いのほか早く、このペースで今日のうちに次の水補給ポイントである大障子避難小屋に辿り着けないことになるとちょっと苦しい、と悪い計算をせざるを得なくなってきました。それに、山頂で主婦らしい登山者がザックから取り出したみかん!今回行動食にはスニッカーズとチーズしか持ってきていなかったのですが、これを見た途端無性に水気のある果物が欲しくなってしまいました。この後、茂倉岳までの登りは果てがないかと思われるほど長く感じられ、その間脳裏に各種果物や冷たいビールの幻影が渦巻いて本当に辛い思いをしました。

■11:35-12:30 茂倉岳 ■12:50 一ノ倉岳 ■13:45-55 オキの耳 ■14:10 トマの耳

へろへろになって茂倉岳に到着。目の前に明日縦走することになる主稜線が伸び、万太郎山や仙ノ倉山の厳しいアップダウンがもう諦めろと囁きかけてきます。ここでも菓子パンの昼食の後、しばらく昼寝。目覚めてみると少し疲れがとれたようなので、とにかく谷川岳までがんばって、そこで進路を決めることにしました。一ノ倉岳まではほんのわずか、そこからオキの耳へは一ノ倉沢のつるつるのスラブを左に見下ろしながらの下降と登り返しになります。さすがにオキの耳もトマの耳も人が多く、一気に観光地に飛び込んだようです。

さて、ここで一応馬蹄形縦走は完遂したことになりますし、天神尾根を下っていけば2時間強でビールにありつくことができます。よっぽど下ってしまおうかと迷いましたが、このホームページの読者のことを考えると、ここで簡単に計画を放棄しては申し訳が立たないと思い直して肩ノ小屋方面に下りました。

■14:15 肩ノ小屋 ■15:10 オジカ沢ノ頭(避難小屋)

肩ノ小屋は思いのほか広く、またこの時間では、板の間はなんとなく埋まっているもののコンクリートの土間まで含めれば十二分にゆとりがあるように感じられました。しかしここでは水分の補給はなく、ただちに縦走を継続。オジカ沢ノ頭までの間に平標山側からの登山者2名とすれ違い、避難小屋の込み具合を聞いてみると既に大障子避難小屋は一杯とのこと。この稜線上で水場があるのはそこだけなので無理もありませんが、こちらもあと1リットルは水が残っているので、今夜をしのぐだけならなんとかなりそうです。そこで一つ手前のオジカ沢ノ頭に泊まることにしました。オジカ沢ノ頭には比較的若い御夫婦(?)がいて、聞けば避難小屋にはこの二人だけ。ちょっと申し訳ない気もしたものの同宿を申し入れ、快諾いただきました。避難小屋は楕円形の筒を横にして台の上に乗せたような構造をしており、中も床が曲面に沿って曲がっているのでお世辞にも寝やすいとは言えません。貴重な水を使って食事を作りながら話をしてみると、親しみやすいこのお二人は凄いキャリアで、女性の方は百名山を完登している上に、二人でキリマンジャロやケニア山、さらにはそれぞれイランやヨーロッパの山を登っているとのことでした。

1999/10/11

■05:15 オジカ沢ノ頭(避難小屋) ■05:50-06:20 大障子避難小屋

寒さに寝返りを打ちながら朝を迎え、4時に起床。食事をとった後、谷川岳方面に向かう二人と別れてまだ薄暗い中ヘッドランプの光を頼りに大障子避難小屋方面へと下ります。今日は南からの風が強く、斜面に広がる笹が波打っています。待望の水場は大障子避難小屋のほんのわずか手前を左に10分下ったところにあり、樋からかすかに甘味のあるおいしい水が豊富に流れていました。登り返して先を急ぎますが、どうやら今日は昨日とうってかわって調子がいい様子。先週の蓄積された睡眠不足がようやく解消したのと、風が強くて体温が上がらないのが好調の理由のようでした。

■07:25-35 万太郎山 ■09:30-45 エビス大黒ノ頭 ■10:50-11:10 仙ノ倉山

この間が本コースのハイライト。万太郎山から最低鞍部の毛渡乗越まで一気に400m下り、今度は仙ノ倉山まで500m近くを登り返すことになります。昨日の体調と天候なら間違いなくダウンしていたところですが、今日は神様が味方してくれたようです。登り着いた仙ノ倉山の山頂は最高の展望台で、西は白馬三山、ちらっと鹿島槍の双耳峰、南に回って浅間山、八ヶ岳、中央・南アルプス、遠くにはっきりと富士山の台形。東はこの3日間歩き通してきた谷川連峰の向こうに尾瀬・日光方面の山々で、中でも燧岳が大きく立派です。また、巻機山の左には八海山のぎざぎざも見えます。

■11:50 平標山 ■12:20-35 平標山の家 ■15:00-10 三国峠 ■15:25 国道17号

風がなくなって暑くなった広い山稜を進んで最後のピーク、平標山着。しかしここも谷川岳と同様観光地的な賑わいにあふれており、そそくさと山小屋を目指して下山にかかります。平標山の家はこのコースで数少ない営業小屋で、早速サイダーを仕入れて一息に飲み干しました。

さて、ここから道は新潟県側にただちに下る平元新道と南に国境稜線を辿って三国峠へ続く道の二つがあります。通常主脈縦走といえば終点は三国峠ということになっており、当初の計画でも三国峠へ出ることにしていましたが、山小屋の標識には三国峠まで6.5kmもあると書かれているし、昼食は提供されないみたいだし、とまたもや計画短縮の誘惑がむくむくと湧いてきます。しかし、このホームページの読者のことを考えると(……以下略)。

というわけでまず非常食で腹ごしらえをし、おもむろに南を目指して歩き出しました。三国峠までのコースは地図では読みにくい起伏があってけっこうこたえましたが、最後は整備途中の階段道になって神社兼避難小屋が建つ峠に降り立ち、そこからわずかで国道に出て山旅を終了。ここからの帰路は、国道をほんのわずか歩いたところにある公衆電話でタクシーを呼び、上毛高原駅に出て新幹線で大宮まで。そこから埼京線で、日焼けでまっ赤になった顔や腕に気恥ずかしい思いをしながら都内へ戻りました。