槍ヶ岳〜北穂高岳

山頂 槍ヶ岳3,180m / 北穂高岳北峰3,100m
分類 北アルプス
日程 1999/08/14-15
同行  
概要 上高地からひたすら歩いて槍岳山荘泊。翌日、核心部の大キレットを越えて北穂高岳から涸沢経由下山。
朝の槍ヶ岳。大喰岳への登りから振り返る。(1999/08/15撮影)
獅子鼻下からの大キレット。実物ははるかに高度感があり、迫力満点。(1999/08/15撮影)

何ごとにつけても影響を受けやすい自分、HP仲間のさかぼう氏の記録に刺激を受けてどうしても大キレットを越えてみたくなってしまいました。今年の4月からタイに赴任している山仲間Fさんが数年前に単独でここを歩いたことがあるのを思い出し、バンコクに電話をかけてみたところ、「え〜っと、1ケ所だけ『ここ、どうやって渡るんだろう?』というところがあったけど、あとは平気だったわよ」……というわけで決まり!

1999/08/14

■05:45 上高地

新宿発23:00の長距離バス「さわやか信州号」で上高地着。入山届を出し、食堂で朝食をとってから出発。この時点では、焼岳方面には青空が覗いていました。

■06:25 明神 ■07:05-15 徳沢 ■08:00-20 横尾 ■09:30-10:00 槍沢ロッヂ

歩き慣れた道をどんどん進むにつれ、天気も次第に悪くなってきます。横尾に着く頃にははっきりと雨模様となり傘を広げましたが、槍沢ロッヂでゴアの上下に切り替えました。

■12:30-35 グリーンバンド ■14:00 槍ヶ岳の肩 ■14:30 槍ヶ岳 ■15:05 槍岳山荘

トリカブトやアザミ、ミソガワソウ、ハクサンフウロ、ヨツバシオガマなどの紫系の花が目立つ中にクルマユリのオレンジやウサギギクの黄色を見るようになり、やがてガスで何も見えない中、ザクザクの斜面を斜めに何往復か登って肩の広場に到着。晴れるにせよ降るにせよ明日は山頂に登る時間はあるまいと考え、直ちに山頂をピストンすることにしました。ザックを槍岳山荘の外にデポし空身で大槍に取り付きましたが、同じことを考える登山者というのはいるもので、山頂から下ってくる登山者とハシゴのところですれ違い待ちになり、意外に時間がかかります。山頂に着いて証拠写真を撮ったら間髪を容れずに下降を開始しましたが、こちらも先行者が岩に慣れていないためスピードがあがらず、やがて身体の芯まで濡れて震えがくるくらい寒くなってしまいました。やっとの思いで山荘に入り、受付をすませたら乾燥室に直行。ヤッケや靴を持参の紐でぶら下げ、着ているものを替えてストーブが暖かい談話室に飛び込みました。

おいしい夕食後にTVのニュースに見入ると、熱帯性低気圧のために長野県地方も大雨洪水警報。明日まで雨が続くとの御託宣で一同ため息をつきましたが、続くニュースで女性登山者が飛騨泣きで転落死したとの報道があり、動揺。落ちた方も残されたパーティーも気の毒ですが、明日は自分もそのコースを歩くのです。

1999/08/15

■04:40 槍岳山荘 ■05:10-15 大喰岳 ■05:40 中岳 ■06:40 南岳 ■06:45-07:00 南岳小屋裏手の丘

朝4時に目覚めましたがどうせ雨だろうとうだうだしていると、「雨がやんでいて、星も槍も見える」という会話が耳に入りいっぺんに目が覚めました。乾燥室からほとんど乾いていない靴とヤッケ類を回収して、夜明け前の薄暗い中を出発。振り返ると穂先に向かうランプの列がきれいですが、東の方は雲が多く日の出は拝めそうにありません。テン場を抜けて急降下し、飛騨乗越で槍平への道を分けて大喰岳へ登り返す頃から早くもガスが流れ始めます。アップダウンを繰り返しながら中岳、南岳を踏んで、今回の山行のもう一つの目的である「3,000m峰踏破」を達成。そのまま南岳小屋の横を抜けて裏手の丘の端に座り、圧倒的な高度感で落ち込んでいる大キレットを見下ろしながら、槍岳山荘で作ってもらった弁当を広げました。

■07:40 ハシゴの下 ■08:40 長谷川ピーク ■08:55-09:05 A沢のコル

丘を右手に回り込んだ獅子鼻の脇からいよいよ下降開始。出だしのざらざらの急斜面に嫌なものを感じましたが、その左手のしっかりした岩場に道がつけられておりまず安心。長い下りの後に2本のハシゴを下ってキレットの底に降りつき、霧のために岩が濡れ始めた稜線上を歩いていたところ、突然「キャーーーッ!」という女性の長い悲鳴とがらがらと岩が崩れる音がはっきりと聞こえてきました。昨日の今日だけに「誰か落ちたんだな……」と気づいたものの、ここまでくれば先に進むしかありません。途中ですれ違ったり追い付いたパーティーとの挨拶も「落ちましたね」「大丈夫でしょうか」と暗いものになります。そのうちのひとつのパーティーから、事故が北穂直下のA沢のコルで起きたものだと聞かされて驚きました。自分が悲鳴を聞いたのは南岳から下に降り着いたあたりですから、あの音はキレットの南の端から北の端まで届いていたことになります。

先行パーティーを追い抜いたり、すれ違い待ちなどで小刻みに時間を使いながら長谷川ピークを越え、小さな手がかり・足がかりに身体を預けながら傾斜のきつい壁を下降して、やがてA沢のコルに到着してみると、中年女性が一人と何人かの若いパーティー、それに山慣れた様子の男性が1名、荷を置いてあれこれ打ち合わせています。しばらく後にわかったところでは、落ちたのは男性で、コルにいた中年女性を含む4人パーティーの一員。パーティーのリーダーは北穂の小屋へ救助要請に向かい、もう一人の女性がコルの東側下方に落ち動けなくなった被災者のところまで降りて付き添っているところで、悲鳴の主はこの方かコルで待機している方のいずれか。山慣れた男性はガイドで、客2名を引率している途中で事故に遭遇し、状況確認のために現場に降りてから戻ってきたところで、若いパーティーは前進組と救助組に分かれて、本格的な救援が来るまでのつなぎとしてツェルトや火器を持って下ろうとしていました。現場は霧と雨で視界が限られていますが、目をこらすと下の方にうっすらと被災者らしいヤッケが見えます。

しばらく様子を見たのち手伝えることはなさそうだと判断して前に進むことにしましたが、飛騨泣きの取付ちょっと上で先程のガイドに追い付いたので「助かるでしょうか?」と聞いたところ「ヘリ次第ですが、この天候では……。人力搬送ではコルまでしか無理だろうし」と悲観的。ともあれ登高を続け、いかにも怖そうな岩場を回りこんで最後の難所の鎖トラバース手前で今度は黄色いヤッケに身を固めコルへ向かう長野県警の山岳パトロール2名とすれ違いました。

警「(被災者の)同行者の方ですか?」
私「あ、違います」
警「(現場まで)あと何分くらいでしょう?」
私「ここまで登りで40分ですね」

といったやりとりがあり、パトロールの人たちは現場へ急行していきました。一方、雨に濡れた鎖トラバースは一見足場に乏しいように見えますが、実際に足を出してみると意外にしっかりした足場があり、思いのほか楽に渡れます。ところで、ここまでどうもおかしいと思っていましたが、難所が続いているはずなのにちっとも恐怖を感じていません。霧のせいで高度感が少ないせいもありますが、むしろ、ホールドを目まぐるしく探し、手足の運びや体重のバランスを素早く計算して、など頭をフル回転させているせいで、恐さを感じるゆとりがないという方が正しいのかもしれません。

■10:25-35 北穂高小屋

最後にちょっときつい斜面にあえぎながら、霧の中に突然現れた北穂小屋の右手にひょっこり飛び出し大キレット越えを終了。本来は槍ヶ岳方面の素晴らしい展望台となるテラスも、今日は雨と霧で何も見えません。ホットミルクを頼んで一息つきましたが、この後上高地までの長い下りが待っており長居はできません。

■12:35-13:15 涸沢ヒュッテ ■14:45 横尾 ■15:25-30 徳沢 ■16:10 明神 ■16:50 上高地

長くつらい下りを終えて涸沢ヒュッテに到着。カレーライスとおでんで昼食をすませ、傘をさして石段の道を下ります。ここから上高地までひたすら歩きましたが、おかげで左膝を痛めてしまい、しかも上高地に着く頃には傘が役に立たないくらいの豪雨となってしたたかに濡れてしまいました。

〔後日譚〕

事故が起こったときにA沢のコルを歩いておられたM氏から、落ちられた方のその後をメールでお知らせいただきました。転落者は腰の骨と肋骨を折ったものの無事救出され、松本の病院に収容されたそうです。命に別状がないことがわかり、ほっと安堵しました。なお、M氏と私は長谷川ピークですれ違っており、その際ことばも交わしていることがメールの内容から確認できました。山での出会い、インターネットでの出会い、いろいろな出会いの不思議を感じます。