阿弥陀岳〜赤岳〜権現岳

山頂 阿弥陀岳2,805m / 赤岳2,899m / 権現岳2,715m
分類 八ヶ岳
日程 1999/06/12-13
同行  
概要 御小屋尾根からまっすぐ阿弥陀岳に登り、中岳を越えて赤岳泊。翌日、権現岳・編笠山を経て観音平に下山。

宿題その1=阿弥陀岳。赤岳への登りから振り返る。(1999/06/12撮影)

赤岳から見る横岳方面の眺め。硫黄岳の奥には天狗岳、そして遠く蓼科山も見えます。(1999/06/12撮影)

宿題その2=権現岳。赤岳からの下りから望む。(1999/06/13撮影)

1999/06/12

■07:25 美濃戸口

今回の山行のテーマは、八ヶ岳の中でまだ登っていない阿弥陀岳と権現岳に登ること。八ヶ岳山荘で朝食をとってからおもむろに外に出ると、目の前に御小屋尾根への指導標。初めて八ヶ岳に登ったときに雨のためこの尾根を下ることを諦めた記憶がよみがえり、なかば衝動的にそちらに足を向けました。しかし、この無計画なコース選定を後で後悔することになります。

■08:55-09:05 御小屋山 ■09:50 不動清水分岐

よく整備された明るい尾根道を淡々と歩き、最後に急坂をひとつ越すと御小屋山の頂上。広場になっているものの、木に囲まれて展望はありません。しかし、そこから数分進んだところからは、前方に阿弥陀岳がずんぐりと、しかしかなりの標高差で聳えているのが見えます。イワカガミが咲いているのを見ながら進むうち、不動清水の分岐で今日はじめて阿弥陀岳から下ってくる登山者と行き交いました。彼のアドバイスによれば、ここまで下り1時間、山頂直下のガレ場が滑るので要注意とのこと。その言葉通り、とても滑りやすく傾斜の急な坂道を登って、岩の稜線を少し進むと待望の阿弥陀岳山頂に到着。

■12:05-20 阿弥陀岳

広い山頂から見渡す周囲はガスっていますが、目の前の赤岳は大きく、横岳から硫黄岳、さらに天狗岳まで見え、なかなかの展望です。しかし、ここで腹ペコとなったのには参りました。実は、当初定石通り柳川南沢沿いの道を登るつもりだったので途中の小屋に期待して行動食を持ってきていなかったのですが、御小屋尾根を行くことにしたときにこのことをすっかり忘れていたのでした。

■13:00-10 中岳

辟易するほどの急坂を下って中岳へ。登山道に空のペットボトルが捨ててあったのを拾ってザックに収容し先を急ぎますが、シャリバテでまったく足が出ず、慰めはところどころに咲いているキバナシャクナゲくらいです。

■14:05 赤岳 ■14:10 赤岳頂上山荘

山頂に到着した喜びもそこそこに、山荘で宿泊手続をすませ、すぐに食堂でカレーライスを注文しました。ここの食堂の窓から眺める横岳方面の眺めは見もので、また、県界尾根と真教寺尾根が仲良く並んで伸びた先に佐久側の裾野の広がりが一望でき、八ヶ岳の根張りの大きさを実感できます。この後は、寝床で爆睡。夕食どきにむくりと起きていただくべきものをいただいたら、再び寝床へ直行。

1999/06/13

■06:05 赤岳頂上山荘

4時半過ぎに御来光を見、朝食後、身繕いをして出発。朝一番の急降下が膝に響き、危険はさほど感じませんが動きがぎこちなくなっています。権現岳の向こうにうっすらと雪を残した北岳、甲斐駒、仙丈が見えますが、靄がかかっていて他の山はほとんど見えません。

■07:30 キレット

キレット小屋へ下る道が分かれていますが、ちょうど通りかかった若い登山者に小屋が無人であることを教えられて稜線通しの道を選びました。少し登って開けたところで振り返ると、阿弥陀岳から赤岳にかけての稜線のアルペン的な眺めが見事です。

■09:00-05 権現岳 ■09:50-55 ノロシバ ■10:05-30 青年小屋

61段の源治ハシゴを登って辿り着いた頂稜を三ツ頭方面へ少し進んだ岩峰が権現岳の山頂。行く手の広い鞍部に青年小屋が見えます。縦走路に戻り、ギボシの上でしばらく休んだのち下降を再開。青年小屋に上がらせてもらって、ラーメンを食しました。

■10:55-11:00 編笠山 ■11:40 押手川 ■12:00 雲海 ■12:25 観音平

岩塊の上を辿る道を登って最後のピーク、編笠山へ。家族連れが数組食事中の山頂から権現岳への展望を振り返り、そのまま下降路に入ります。最初は急な坂ですが、やがて緩やかになりオレンジ色のツツジが目立ちだすと終点の観音平。グリーンロッジからタクシーを呼んで小淵沢へ下りました。

渋谷に帰ってスピード写真屋さんにフィルムを渡し、時間つぶしにHMVに入ったら、そこでデビューCDを出したばかりというesrevnoc(エスレフノック)というバンドのインストアライブをやっていました。女の子3人組(G&Vo,B,Key)にサポートのDsで、ポップな曲ながらリズム隊がしっかりロック。特にサウスポーでギブソンのSGタイプを弾いていたベースの女の子に注目していましたが、集中すると表情が固くなるものの演奏はタイトで見せてくれて、ちょっと応援してあげたくなりました。