硫黄岳〜横岳

山頂 硫黄岳2,742m / 横岳2,835m
分類 関東周辺
日程 1999/03/20-21
同行  
概要 美濃戸口から赤岳鉱泉へ入って泊。翌日硫黄岳から横岳を越えて、地蔵尾根を下り、そのまま美濃戸口へ下山。

硫黄岳からの赤岳方面の展望。灰色の空が前途の厳しさを予告しているよう。(1999/03/21撮影)

横岳への稜線からの大同心。遠景は阿弥陀岳ほか。(1999/03/21撮影)

1999/03/20

■13:20 美濃戸口 ■14:20-35 美濃戸山荘

9時新宿発の特急に乗ったときは雨だったのに、こちらでは大雪でバスも途中からチェーンを巻く始末。美濃戸山荘で暖かいお汁粉を飲んで、降りしきる雪の中をひたすら歩きます。

■16:35 赤岳鉱泉

感じのよい受付で宿泊の申し込み(あらかじめ電話で予約済み)をし、ついでに稜線の状態を聞いてみると、昨日まで雨続きで雪も消えていましたが、今日の雪でぐっと歩きやすくなったはず、と嬉しいことを言ってくれました。夕食は川魚のムニエルにシチュー、冷やっこ、サラダ、フルーツ。概ね満員というところですが、それほど混み合っている感じでもありません。

1999/03/21

■06:45 赤岳鉱泉

朝食後、身繕いをして出発。高曇りで空は灰色ですが、稜線ははっきりと見上げられ、とりわけ大同心が立派に聳えています。

■08:45-55 硫黄岳

樹林帯を抜けて稜線に出るところが固く雪が締まった急斜面になっており、アイゼンの前爪を蹴り込んでガリガリと登りました。硫黄岳山頂からは前回登ったときとうってかわって眺めがよく、北には天狗岳・蓼科・霧ヶ峰から美ヶ原、それに諏訪湖が見え、西(諏訪側)には乗鞍・御岳・中央アルプス、南には南アルプス、これから辿る横岳・赤岳・阿弥陀岳、東側(佐久側)は金峰山、浅間山など。ただ、徐々に雲の色が黒っぽくなって西から押し寄せてきている感じで、風も3月とは思えない冷たさ。写真撮影は早々に切り上げて横岳へ向かいました。

■11:05-10 横岳

強烈な風が吹き飛ばす雪粉に頬を刺されながら横岳山頂手前まで来たところで、立ち往生してしまいました。山頂手前の鎖が雪に埋もれていて、左がすぱっと切れ落ちた巻き道を20m程ホールドなしで歩かなければならないのですが、若干下り気味の上に途中に一か所足場が狭くアイゼンの爪しかかけられないところがあって、情けないが怖くて進めません。後続のパーティを4組程先に行かせましたが、うち2組はロープで確保して渡っていました(こういうとき単独行はつらい)。そうこうしているうちに黒雲がとうとう上空に到達して天候が急速に悪化し、撤退するにしろ進むにしろ早く決めなければならなくなって、覚悟を固めました。ところが実際に歩いてみると、ないと思われたホールドが辛うじてみつかり、足元も4組通った後では意外にしっかりしていて、なんとか渡りきることができました。

ここを越えてから、鉄梯子を登ってすぐの斜面がこれまたガリガリに凍った急斜面で、ピッケルのピックを打ち込んではアイゼンの前爪を蹴り込みます。なんとか横岳山頂について一息つき、カメラのフィルムを入れ替えて稜線を進みますが、視界は既に極度に悪くなっている上に、強風で雪が飛ばされるために先行者の踏み跡も消えがちになっています。石尊峰の先で右(西)に岩場を下り、雪の急斜面の長いトラバース。稜線に上がって今度は日ノ岳の左(東)の急斜面を下りますが、新雪がずぶずぶと崩れてあせりました。それでもなんとか鎖のトラバース道まで辿り着いて、最後にちょっと悪い巻き道を渡り切ると、ようやく緊張から解放されました。

■12:55-13:05 地蔵ノ頭

西からの風は衰えを知らず、額に手をやると眉毛がばりばり音をたてるし、目出帽をちょっと下げると息が当たっていたところがすぐかちかちに凍ってしまいます。本当はさらに赤岳に登頂し、あわよくば阿弥陀岳もと欲張りなプランを立てていましたが、天候が悪化している上に横岳通過に予想外に時間をかけてしまったため、ここから地蔵尾根を下りそのまま下山することにしました。実を言えば、以前冬に赤岳に登ったときに地蔵尾根を登路に使ってその急峻なことに驚き、「雪のある季節には決してここを下るまい」と心に誓っていたのですが、今日ばかりはそうも言っていられません。赤岳鉱泉で作ってもらっていたおにぎりをひとつ食べて心を落ち着けてから、おもむろに下降を開始しましたが、案の定上部はスノーリッジで高度感もあり、アイゼンの神様にひたすら祈りながら下りました。

■13:55-14:10 行者小屋 ■15:15-30 美濃戸山荘 ■16:15 美濃戸口

行者小屋に着いてようやくひと安心。あとは16:35の最終バスに間に合うよう足を速めるだけ。美濃戸山荘に着いた時点で十分時間に余裕があることを確認し、おでんを食べて遅い昼食としてから、ゆっくりと車道を下りました。