皇海山

山頂 皇海山2,144m
分類 関東周辺
日程 1997/10/18-19
同行 Fさん
概要 銀山平から林道を歩き、一の鳥居から登山道に入って庚申山荘泊。翌日、庚申山から鋸山の岩稜を経て皇海山へ到達。下山は鋸山から六林班峠を経て山荘へ。さらにその日のうちに銀山平へ下山。

庚申山の展望台から眺めた皇海山。すっくと立ち上がった姿が立派。(1997/10/19撮影)

1997/10/18

■12:55 銀山平ゲート ■13:55-14:05 一の鳥居 ■15:35 庚申山荘

林道を歩くこと1時間。一の鳥居からは広葉樹が名残りの黄葉をとどめた明るい林の中を、さくさくと落ち葉を踏み締めながら登ります。時折、シカの長く尾をひくような声が遠く響きます。2階建ての大きく清潔な山荘は管理人が駐在。寝具が利用でき、一人2,000円也。16時半から、山荘内で神主による猿田彦大神を祭る神事がとりおこなわれ、宿泊客一人一人が榊木を捧げました。ところがその後、今度は仏教式の行事に移り、装いを改めた神主が読経しながら井桁に木片を組み、各自配られたお札に願いごとを書いて燃やします。そんなこんなをしている内に日が暮れ、すっかり暗くなった戸外で火を使って夕食をしていると、周囲の林の中に鹿の群れがあらわれ、ヘッドランプを向けると目だけがきらきら光って不気味でした。

1997/10/19

■05:55 庚申山荘 ■07:05-15 庚申山

すっかり明るくなってきた頃、山荘を出発。南総里見八犬伝の舞台のひとつにもなった庚申山の岩場を縫うように登ると、1時間あまりで庚申山に到着しました。ただし展望は、ここからさらに数分歩いた展望台からの方が開けています。

■08:00-15 地蔵岳 ■08:40 白山 ■09:20-30 鋸山

展望台から姿のよい皇海山を眺めたのち、縦走にかかります。右手に男体山から奥白根山にかけての日光連山を見渡し、気持ちのよい道が続きますが、鋸山が近づくにつれて鎖や梯子が現れます。しかしいずれもそれほど難しいものではなく、いつの間にか鋸山に着いてしまいます。

■10:50-11:15 皇海山

鋸山から急坂をぐっと下って大きく登りかえすと、青銅剣の先に意外に開けた山頂に到達。気候がいいせいか、ざっと見ても50人くらいの登山者でにぎわっており、落ち着かない行動食をとって早々に下山にかかりました。

■12:15-25 鋸山 ■13:15-20 六林班峠

鋸山から南に伸びる尾根を緩やかに下り、胸までの高さに茂った笹をかき分けるように進むと、ひょっこり六林班峠。テントが1張りあるのは袈裟丸山へ行こうとしているのでしょうか。道はここから左手前へ折り返し、庚申山荘まで長いトラバースが延々続きます。

■15:25-35 庚申山荘 ■16:20 一の鳥居 ■17:25 銀山平(かじか荘)

山荘にデポしてあった荷物をザックに詰め直し、下山。タクシーを呼べる国民宿舎に着いたときには、すっかり暗くなっていました。