草津白根山

山頂 本白根山2,171m
分類 上信越
日程 1994/10/10
同行 Fさん
概要 草津温泉からバスで白根火山へ。そこから本白根山と湯釜を往復。
本白根山。歴史を積み重ねてきた火山らしい複雑な地形の中を遊歩道が走ります。(1994/10/10撮影)
おどろおどろしい湯釜を見下ろす。火山活動が活発な時期には湖面が沸き立っていたこともあるとのこと。(1994/10/10撮影)

1994/10/10

■10:10 白根火山バス停 ■11:15-20 本白根山

観光客でにぎわう駐車場付近からすぐに山道に入りました。道はトウヒやコメツガの森を抜け、ロープウェイ駅の横を通ります。後方羊蹄山山頂のような旧火口の涸池に達する辺りで一時的にガスが上がり、奇観が眼前に広がりました。しばらく礫地を歩き、小ピークからロープを越えて笹を分け進むと、展望のない平らな山頂に着きました。この山は山頂こそつまらないですが、山体も大きく、火山らしい見どころの多さもあって、これほど観光地化していなければ立派な山であったに違いありません。

■11:45-50 展望所

往路を戻り、涸池の手前で右へ曲がったところにある小岩峰の上で宿のミカンを食べました。硫黄の匂いが絶えません。

■12:05 鏡池

道はすぐに樹林の中に入り、展望はまったくありません。これも恐らく旧火口であろう静かな池を右下に眺めて、さらに進みます。

■12:55 白根火山バス停 ■13:00-05 湯釜 ■13:10 白根火山バス停

小雨が降り始める中、駐車場を越えて今度は湯釜を目指します。ここは完全に一般観光客の世界ですが、火口壁の上から見下ろした湯釜は予想以上に巨大で、青白色の湖面のところどころに硫黄の黄色を噴き出し、なるほど素直に驚かされます。

click

草津温泉で湯畑を見そびれていましたが、時刻も遅かったためバス停からそのまま長野原へ帰路を急ぎました。