伊吹山

山頂 伊吹山1,377m
分類 近畿
日程 1993/12/29
同行 Fさん
概要 冬山訓練の代わりに、手近な伊吹山へ雪を求めて日帰りでアタック。
スキー場からの伊吹山。誰もいない静かな雪道を淡々と歩きます。(1993/12/29撮影)
山頂から琵琶湖を眺める。雪と湖面の輝きがまぶしく美しいですが、強風には閉口しました。(1993/12/29撮影)

1993/12/29

■11:15 一合目

年末年始を手軽な木曾駒ヶ岳にしたため、物足りなさを補う意味で伊吹山へ日帰りで出かけることにしました。ガイドブックでは冬山訓練の好適地とされていたため、雪の量を大いに期待しましたが、山麓から見上げると五合目より上がうっすら白くなっているだけで、案の定スキー客を運ぶゴンドラも動いていません。一合目までは辛うじてリフトを利用できましたが、あとは冬枯れの斜面を歩きにくいプラスチックブーツで一所懸命登りました。

■12:05-12:30 三合目 ■13:10 五合目 ■14:20-25 八合目

三合目まで登ると、ようやく雪山らしくなっており、ここで小休止。パンの昼食をとりました。五合目までは平らな雪原を歩きましたが、頭上の高圧線から時折氷柱が落ち、鉄塔に当たって金属質の音を立てています。

ジグザグの道をゆっくり登り、八合目で振り返ると、眼下に琵琶湖から関ヶ原を抜けて濃尾平野方面が一望できます。こうしてみると、関ヶ原が古代から交通の要所となっていたことが確かに理解できます。

■14:50-15:10 伊吹山

山頂は冷たい風が吹きつけ、小屋たちも氷に閉ざされていました。シュカブラ状に凍った頂上広場からは御岳が近くに見え、乗鞍や槍・穂、白山も姿を認めることができます。

■15:35 八合目 ■16:15 五合目 ■17:00 一合目

伊吹山は2回目ということもあり、風に追い立てられるようにそそくさと山頂を後にし、下山にかかりました。九合目の下りでアイゼンをスパッツに引っかけて転倒したりしながら、夕暮れが近づく速度と競うように下山を急ぎましたが、一合目についたときにはリフトが終業しており、バスの時間に間に合いそうになく少々あわてました。しかし、リフトの営業所を戸締まりしていたおじさんに車に乗せてもらえることになり、Fさんは助手席、私は荷台に寝そべって運びおろしてもらいました。