甲斐駒ヶ岳 / 仙丈ヶ岳

山頂 甲斐駒ヶ岳2,967m / 仙丈ヶ岳3,033m
分類 南アルプス
日程 1992/12/29-1993/01/01
同行 Fさん
概要 戸台から北沢峠まで歩き北沢長衛小屋に泊。ここをベースに甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳にそれぞれ一日かけてピストン後、戸台へ戻る。
仙水峠から見上げる甲斐駒ヶ岳。摩利支天が威圧してきます。(1992/12/30撮影)
甲斐駒の下り。ここでFさんが転倒!(1992/12/30撮影)
小仙丈ヶ岳からの仙丈ヶ岳。天候に恵まれ楽しい登高でした。(1992/12/31撮影)
仙丈ヶ岳から北沢峠へ。天気も展望も最高のハイキング気分。(1992/12/31撮影)

1992/12/29

■09:00 戸台

伊那北からタクシーで戸台まで。橋本山荘で食事をとり、支度をして出発。小さい尾根を越えて河原に出たところで登山届を出し、雪のない道をひたすら歩きました。晴れていれば前方に甲斐駒が見えるはずですが、今日は雲の中に隠れています。下山してくるパーティーも多いのですが、彼らも展望には恵まれなかったことでしょう。

■11:55-12:15 丹渓山荘

小屋は無人の様子。昼食をとり、ここから川を離れて山道に入りました。八丁坂を登りきって平坦な東大平に入るとようやく雪が現われました。

■14:15 大平山荘 ■14:50 北沢長衛小屋

何回か林道を横切り、ひょっこり大平山荘の前に飛び出しました。ここからさらにわずかの山道で北沢峠へ。今日の宿は峠から10分下ったところにあります。一目みてボロいとFさんが文句を言いましたが、予約をしている関係上かまわず扉を開けました。確かに近代的ではありませんが、よくよく見れば親しみのもてる作りです。

1992/12/30

■06:50 北沢長衛小屋 ■08:00-05 仙水峠

翌朝、ゆっくり朝食をとってから出発。仙水峠まで静かな道を登りました。背後が開け、仙丈ヶ岳が見えてくる頃から雲が流れ出しました。仙水峠に着くと目の前に摩利支天が突き立ち、異様な景観。青空の下山頂まではっきり見えます。右手に地蔵のオベリスク。ここから急坂の登りになりますが、その入口でいきなり水晶沢方向へ下る踏み跡につられて道を誤り、5分ロスしてしまいました。

■09:55-10:00 駒津峰 ■10:20 六方石

駒津峰の15分下でアイゼンを装着。鳳凰越しに富士山の姿も見えますが、仙丈は雲に隠れています。強風が吹き寄せる駒津峰からは正面に甲斐駒が白く聳えます。駒津峰からやせた尾根を進み、六方石を過ぎると岩稜の直登。アイゼンを着けての岩場は不慣れなため何ケ所か足の運びにとまどう個所がありますが、概ね問題なく上部へ抜けました。

■11:20-40 甲斐駒ヶ岳 ■12:10 六方石 ■12:35 駒津峰 ■13:25 仙水峠 ■14:15 北沢長衛小屋

山頂着。以前夏に登ったときも展望に恵まれなかったのですが、今回もあたりは真っ白、全く眺めはありません。メロンパンとコーヒーで昼食とし、早々に下山を開始しました。ところが、下りのやや細くなった岩場でFさんがアイゼンの爪を他方の足のアイゼンバンドにひっかけ転倒!頭からつんのめって倒れましたが、手近の岩にしがみついたため、そこを支点に身体がぐるりと180度回転したところで止まり、なんとか事なきを得ました。

1992/12/31

■07:15 北沢長衛小屋

今日は昨日と違い出がけの天候がよくありません。しかし北沢峠から樹林帯に入り、森林限界を抜ける頃にはぐんぐん雲が切れ、雪が眩しく輝きだしました。

■09:30-40 大滝の頭 ■10:10-20 小仙丈ヶ岳

大滝の頭からは風を遮るものがない稜線が山頂まで続きます。アイゼンを装着してどんどん登ります。小仙丈ヶ岳から前方に登山者の列が点々と続き、その先に仙丈ヶ岳の純白の頂きとカールが現われました。寒風が常に右側(伊那側)から吹き付け、顔の右半分が痛いほど。

■11:25-50 仙丈ヶ岳

山頂目前でFさんがもう歩けないと言いだしましたが、「ふ〜ん。じゃ、ここで待っていなさい。でも行動食はあげないよ」と脅したところ、Fさんは渋々さらに前に進みます。延々歩き続け、やっと山頂着。今度は素晴らしい展望に出会えました。南アルプスのほぼ全山、中央アルプスも西に並走。八ヶ岳と北アルプスは雲に覆われています。山頂から少し下った雪の斜面に腰を落ちつけて蒸しパンを食べてから、下り始めました。ところが、小さな岩場を下る急斜面でまたもFさんががくっと膝を落としてびっくり。これまたすぐに止まって助かったのですが、疲労のために膝に力が入らなくなっていたようです。

■12:45-50 小仙丈ヶ岳 ■13:00-05 大滝の頭 ■14:05 北沢長衛小屋

小仙丈ヶ岳からは目の前の甲斐駒が立派。まさに山の団十郎です。その甲斐駒めがけて急斜面を一気に駆け下り、小屋に帰り着きました。後で聞くと、小屋の管理人さんたちは、出発があまりにもゆっくりだった我々はとても山頂まで到達できないだろうと思っていたとのこと。帰ってきたFさんが登頂したと報告したので、驚き喜んでくれました。しかし、この小屋では大晦日の夜もあっけなく21時に消灯。

1993/01/01

■07:20 北沢長衛小屋

明ければ元旦の空はよく晴れて、今日が下山日というのは惜しい気もします。3晩も泊まった我々をすっかりVIP扱いしてくれた小屋の管理人ご夫婦に別れを告げて山を下りました。

■09:00 丹渓山荘 ■11:15 戸台

背後の甲斐駒を何度も振り返りながら河原の道を歩きます。戸台では伊那側のタクシーがのんびり正月休みをとっているため、茅野から迎えに来てもらいました。