石鎚山

山頂 石鎚山1,982m
分類 中四国
日程 1992/10/11
同行 Fさん
概要 夜行のフェリーで四国入り。表口にあたる成就社からまっとうに鎖を攀じ登り、石鎚山頂の弥山から天狗岳を往復して面河へ下山。

弥山から天狗岳方面。紅葉が岩に映えて鮮やかでした。(1992/10/11撮影)

天狗岳から弥山方面。ずいぶん際どいところに山頂の祠があることがわかります。(1992/10/11撮影)

1992/10/11

■09:20 山頂成就駅

伊予西条からバスで1時間。ロープウェイで高度を稼ぎ、山頂成就駅からスタート。背後には瀬戸内の景観や瓶ガ森の特徴的な山容が見えます。

■09:55 成就社

中宮の鳥居の前を左に折れると門を抜けて本格的な山道に入りました。

■10:50 一の鎖

明るく開けた夜明峠に出ると目の前に紅葉の衣を纏った石鎚山が現われました。道は開放的な笹の尾根を経て有名な鎖場に続きます。一の鎖は唐突に現われますが、長さも短く、苦労なく登れます。

■11:05 二の鎖

今度はかなり気合を入れないと登れない長い鎖。勾配が急な上、我々が採った右手の鎖は足場が少なく、多分に腕力にものを言わせなければなりません。

■11:35 三の鎖 ■11:50-55 弥山

最後の鎖は難度は二の鎖に劣るが垂直に切り立っており、距離も長く腕や脚に震えを感じるほど。鎖を終えるとそこは石造りの祠がまつられた弥山山頂。登山者で賑わっていました。天狗岳は予想外に近く、直ちにピストンを開始しました。

■12:05-25 天狗岳

稜線の見事な紅葉の中を狭い岩稜を辿ります。天狗岳の岩峰に立ってみるとすっぱり足元から切れ落ちており、強烈な高度感を感じました。天狗岳のピークの少し先にも足を伸ばすと、写真マニアが厳しい岩稜をすいすい下っていくのが見えました。

■12:35-50 弥山

山頂白石小屋でカップラーメンを食し、下山にかかりました。道は最初弥山の岩峰を巻くようにして成就社方面へ向かいますが、すぐに左へ別れて南斜面に抜けます。きれいに開けた笹原の斜面を左下へトラバース気味に下っていくと、背後に石鎚山頂が岩の屏風をそそり立てています。

■13:55 愛知大小屋 ■16:35-45 面河茶屋

道は樹林の中を徐々に下っていきますが、なかなかはかどらず、そのうちバスの時間が迫ってあせりを感じだしました。最後は走るように下って面河渓に下り着きましたが、バスの時刻を勘違いしていたため間に合わないものと思い、タクシーを捜しました。しかし茶屋の御主人からまだバスがあることを教えられ、15分の道のりの関門を目指しました。この後僅かの距離をタクシーを使いながら関門に着き、バスで松山に出た後JRで高松へ移動。深夜のフェリーで翌朝4時に神戸・青木港へ帰り着きました。