雨飾山

山頂 雨飾山1,963m
分類 上信越
日程 1992/06/20
同行  
概要 越後側梶山新湯から雨飾山に登り、信州側小谷温泉へ下山。

山頂への登りの途中から笹平を見下ろす。この登りは案外急傾斜。(1992/06/20撮影)

山頂の「左耳」の上から。向こうの耳まではほんの一投足。(1992/06/20撮影)

1992/06/20

■07:10 梶山新湯雨飾山荘 ■07:30-55 難所のぞき

夜行急行「きたぐに」で糸魚川に降り立ち、タクシ一で車止めまで5千円。車道をとぼとぼ歩いていると後ろから来た工事関係車に拾ってもらい、雨飾山荘まで労なく着くことが出来た。ここからすぐに急な登りが裏手へ続き、20分程で難所のぞきの標識に辿り着きます。地名の由来は神難所沢を見下ろす地形からついたものと思いますが、樹木が茂りガスが流れていてそれらしい展望はありません。尾根筋をさらに登ると、上空には青空が広がり、左後ろに鋸・鬼ガ面の海谷山塊、前方には雨飾山の山体が望めます。

■09:00-10 中の池 ■09:55 笹平

中の池らしい地形は残雪に覆われていますが、その縁辺部には雪解け水が三日月形に水たまりを作り、ミズバショウが白い苞を開いています。水の中にはサンショウウオがうじゃうじゃからまりあい、巨大なゼラチンの卵が沈んでいます。ここから雪渓の直登が続き、キックステッブの連続で腿が疲れはじめたころ笹平に到着。いつの間にか空は雲に覆われ、山頂方面はガスの中。ハクサンフウロやシラネアオイが目立ち、大きな雪田をいくつも乗せた平坦な稜線を歩き、荒菅沢源頭部の見事なスラプを見下ろした後、予想外に急な斜面をこなすと山頂部の二つの耳の間に登り着きました。

■10:15-11:35 雨飾山

三角点は左の耳の上にあり、右の耳には地蔵仏が数体越後側を見下ろしています。ドーナツで昼食をとり、一眠りして晴れるのを待ちましたが、一向に天気は良くならず、ウグイスの声に促されるようにして下山を始めました。

■11:50 笹平 ■13:00 荒菅沢 ■15:00 小谷温泉

憩いはあれど眺めはなし、などとのんびりしていたのはここまで。次第に雲の色が黒みを帯びはじめ、荒菅沢の雪漢を迷いながら渡ったところから雷鳴とともに本格的に雨が降りだしました。これだけ派手に降られたのは立山以来です。1時間強で舗装された林道に出、さらに下ると小谷温泉。太田旅館で湯につかり、バスで南小谷ヘ。