武尊山〔敗退〕

山頂  
分類 上信越
日程 1991/12/31-1992/01/01
同行 Fさん
概要 武尊牧場スキー場から武尊山を目指したものの、深い雪に阻まれて敗退。

ラッセルに疲れて休息した雪の林。白い静寂が不思議に楽しい。(1991/12/31撮影)

『岳人』92年1月号の記事で一番楽そうに思えた武尊山を、今年の正月山行に選びました。ただ、直前の29日に強い低気圧が日本列島を駆け抜け、日本海側に雪を降らせていっており、相当のラッセルが予想されました。ともかく沼田駅からバスで2時間、さらに武尊牧場スキー場のリフトで高度を稼ぎます。ここから三合平〜武尊小屋〜中ノ岳〜武尊山〜宝台樹尾根へ縦走する計画です。

1991/12/31

■12:35-45 三合平 ■17:00頃 1610m地点

リフト終点の三合平で男性2名女性1名の3人パーティーと同行することになりました。このうち男性の一人は体力不足、女性はワカンの調子が悪く、Fさんはワカンを持ってきてもいないため、もっぱら私と3人パーティーのリーダ一がトップをつとめました。膝からときに腰までの新雪のラッセルが延々続き、『岳人』の記事通りなら15時には山小屋着のはずなのに、暗くなってきても到着の気配がありません。遂に途中の比較的平坦な地点に幕営を決意しました。

1992/01/01

■07:20 1610m地点

朝5時起床。雑煮を食ベ、パッキングを済ませてテントを畳んでいると、7時過ぎに背後から初日の出が現れました。この1年の山行の無事と充実を祈って身づくろいを済ませ、昨日のパーティーがまだ寝静まっている横を出発しました。小屋まで早く到着できればそこから空身でのピストンとすることに作戦を切り換えています。

■09:35-50 1720m地点 ■10:35頃 1610m地点 ■12:25 三合平

前日と変わらないラッセルが斜度を増して続きました。せっかくの晴天ですが、2時間雪と格闘して小屋にも着かず、登頂を断念。中ノ岳から前武尊への稜線のビューポイントに達したのを機に下山することとしました。